2010年11月14日(日)

11R

2010年11月14日(日) | 6回京都4日 | 15:40発走

第35回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアパパネ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の秋華賞(G1)を制し、史上3頭目となる牝馬3冠を達成。古馬と初対戦する今回は強力な海外馬もいて楽ではないが、外から豪快に突き抜けた前走の勝ちっぷりを見る限り、ここでも中心視できる存在だろう。G1を4勝と断然の実績を持っており、オークスの内容から距離延長にも不安なし。レース中に気負う面さえ見せなければ、JRA史上最短でのG1・5勝が見えてくる。

○対抗はスノーフェアリー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

今年の英・愛オークスでG1を連勝しており、過去に参戦してきた有力馬との比較でも、アタマ一つ抜けた存在であることは間違いない。近2走の敗戦にしても、ヨークシャーオークス(G1)は強豪ミッドデイに次いでの2着、英セントレジャー(G1)では牡馬を相手に4着なのだから、大きく評価を下げる必要はないだろう。日本の馬場に対応することさえできれば、逆転の場面があっても決して驚けない。

▲単穴はメイショウベルーガ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.12.3

前走の京都大賞典(G2)では菊花賞馬・オウケンブルースリの追撃を抑えて重賞2勝目。G1での戦績こそ見劣りするものの、牡馬の一線級相手に互角以上の戦いを見せており、ここで力不足ということはないだろう。終い確実に伸びてくるタイプで、京都の外回りはベストの舞台。古馬の代表格として、意地を見せておきたい一戦だ。

△抑えはアニメイトバイオ。△穴はプロヴィナージュ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

女王に復権,リトルアマポーラ


過去10年、連対馬は3-1、4-2、1-2、2-1、2-5、2-5、7-2、1-3、4-1、11-12番人気で決まった。

馬連配当は3けた〜2000円台7回、3000〜4000円台2回、万馬券1回。

昨年2けた人気同士の決着で10万2030円の大荒れとなったが、9回は5000円以内で収まっている。

連対馬のステップは秋華賞組7連対、府中牝馬S組5連対、天皇賞(秋)組3連対、京都大賞典組2連対の順。

重賞実績(外国馬を除く)は桜花賞、オークス、秋華賞に注目。連対馬20頭中19頭が3冠レースに出走した経験があり、内14頭は連対馬だった。3歳クラシックを経験することは大きなアドバンテージで、これを3着馬に当てはめても8頭が該当する。ちなみに、今年3歳クラシックに出走していないアースシンボル、コロンバスサークル、サンレイジャスパー、シングライクバード、セラフィックロンプ、ヒカルアマランサスの6頭は減点対象となる。

年齢別は3〜7歳上馬が7、6、6、1、0連対。連対率はそれそれぞれ13、12、15、10、0%。昨年、6歳馬・テイエムプリキュアが連対を果たしたが、19頭は3〜5歳馬から出ている。

なお、外国馬は7頭が出走して【0016】の成績。日本馬とは初対戦で能力比較が難しいところだが、ここまでは苦戦している。


◎…リトルアマポーラは前走の府中牝馬Sで7着。道中で後方2番手まで後退するロスをレース最速の33秒0の末脚で2馬身半まで盛り返した。距離延長は望むところで、休養明け2戦目。相性のいい京都の舞台で一昨年の女王が復権を果たす。

○…2走前のローズSでアニメイトバイオはアパパネを破ったが、前走の秋華賞で0秒1届かず2着。相手が強く差し切れなかったが、上がり34秒0はメンバー中最速だった。距離延長、外回りコースで初のタイトル奪取を狙う。

▲…G1レース5勝目を目指すアパパネ。秋始動のローズS4着で不覚を取ったが、狙った前走でキッチリと牝馬3冠を達成した。古馬との初対戦となるが、その勝負強さは誰もが認めるところ。目に見えない激戦の疲労が出なければG1レース5勝達成も十分ある。

△1…メイショウベルーガは前走、京都大賞典で菊花賞馬オウケンブルースリを退けた。京都は過去5勝している得意の舞台で、今年のG2レース2勝もこのコース。10キロ増をたたいた上積みも見込める。

△2…スノーフェアリーは英、愛オークスを連勝した。日本馬との比較はしづらいが、過去のこのレース出走馬の中では一番の強豪といえる。JRA指定のオークス勝ちの特典で、ここで優勝すれば1着賞金とは別に9000万円の褒賞金が出る。本気度を警戒したい。

△3…復帰戦に選んだ秋華賞でサンテミリオンはしんがり18着。予想外の大敗となったが、アパパネと勝利を分け合ったもう1頭のオークス馬だ。前走だけで切り捨てるのは早計か。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コロンバスサークル        
1 2 セラフィックロンプ        
2 3 レジネッタ        
2 4 テイエムプリキュア        
3 5 アパパネ
3 6 スノーフェアリー  
4 7 サンテミリオン      
4 8 ブライティアパルス        
5 9 メイショウベルーガ
5 10 ヒカルアマランサス      
6 11 プロヴィナージュ    
6 12 アニメイトバイオ
7 13 サンレイジャスパー        
7 14 アースシンボル        
7 15 ムードインディゴ        
8 16 アーヴェイ        
8 17 リトルアマポーラ      
8 18 シングライクバード        

買い目

大多5=6 5=9 5-11 5-12 6=9
綾恵9=5 9=12 9-6 9-10 5=12
山田5=12 5=9 5=11 12=9 12=11 9=11
たま17=12 17=5 17=6 17=7 17=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。