2010年10月17日(日)

11R

2010年10月17日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第15回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

予想

◎本命はアパパネ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

ともに1番人気に支持された桜花賞(G1)、オークス(G1)を連勝して2冠を達成。前走のローズS(G2)は4着に敗れたものの、久々でプラス24キロだったことを考えれば、まずまずの前哨戦だったといえるだろう。一度使われた上積みが順当に期待でき、初の2000Mも守備範囲。史上3頭目・7年ぶりの3冠牝馬誕生へ向けて、視界は良好とみてよさそうだ。

○対抗はアプリコットフィズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走のクイーンS(G3)は強豪・プロヴィナージュの猛追を退けて快勝。春のクラシックでは結果を出せなかったが、今回のメンバーで古馬混合の重賞を制したのは当馬のみとなっている。好位から安定した伸びを見せるタイプで、内枠からの発走はプラス材料。アパパネと同じく栗東に滞在しており、長距離輸送を心配することもない。テンションが上がりすぎるようなことさえなければ、好勝負になっていいだろう。

▲単穴はサンテミリオン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.2

前走のオークス(G1)ではアパパネとの激闘の末、史上初となる同着でのG1タイトルを獲得。どのような展開にも対応できるセンスの高さが強みで、ここまでの5戦で(4・0・1・0)と抜群の勝率を誇っている。今回は約5カ月ぶり、初の長距離輸送もあって割り引きは必要になってくるものの、決して軽くは扱えない一頭だ。

△抑えはエーシンリターンズ。△穴はワイルドラズベリー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

牝馬3冠濃厚,アパパネ


春のオークスでJRA・G1史上初の1着同着という名勝負を演じたアパパネとサンテミリオンが、淀の舞台で再び激突する。アパパネが優勝なら、メジロラモーヌ(86年)、スティルインラブ(03年)に続く史上3頭目の牝馬3冠を達成する。サンテミリオンが勝てば2冠を獲得。それとも新女王の誕生か。

過去10年、1〜3番人気は4、7、2連対。1番人気は4連対とアテにならないが、7連対の2番人気がこれをカバーしている。

馬連配当は3けた4回、1000〜2000円台3回、5000円台1回、万馬券2回。00年と08年に10、11番人気が優勝して万馬券となったが、大半は3000円以下でほぼ平穏に収まっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組19頭と900万下(現1000万下)組1頭。路線別はローズS組が15連対で、2連対のオークス組などを大きく引き離している。

勝利数別は1〜5勝馬がそれぞれ0、3、8、7、2連対。1勝馬の連対はなく、02年のシアリアスバイオの3着が最高となっている。なお、2勝馬も3連対と狙いづらいが、ここ2年連続で連対して反撃ムードを見せている。

距離別は1800M8頭、2000M10頭、2400M2頭。中距離の1800〜2000Mをステップにした馬が、連対馬の9割を占めている。また、出走間隔は、中3週組16頭、2カ月〜3カ月半組2頭、5カ月組2頭。9月にトライアルレースのローズSが組まれている関係で、中3週のローテーションに連対馬が集中している。


◎…2冠馬・アパパネで勝負する。前走のローズSは0秒2差の4着。直線他馬と接触する不利がありながら馬群を割って鋭く伸びた。馬体重24キロ増はトライアルで情状酌量の余地もあった。春は休み明けのチューリップ賞2着から本番で桜花賞を制した。一度たたいた上積みを考えれば、牝馬3冠達成の確率はかなり高い。

○…前走のローズSでエーシンリターンズは12キロ増の馬体で3着。道中やや後方につけて直線力強く伸びて0秒2差まで迫った。春にチューリップ賞と桜花賞でアパパネと0秒1差の3着。オークス14着は距離が合わなかったもので、反撃のチャンスは十分にある。

▲…オウケンサクラは桜花賞でアパパネと半馬身差の2着で、オークスは3馬身半差の5着。前走のローズSは休養明けで8着と敗れたが、世代トップ級の素質を秘めていることは間違いない。たたき2戦目の巻き返しが期待できる。

△1…サンテミリオンはアパパネと優勝を分け合ったオークス馬。レースは中団で脚をためて直線一気に追い込んできた。5カ月休養でのぶっつけのローテーションは厳しいが、実績は互角だ。

△2…アプリコットフィズの春2冠は5、6着。善戦止まりだったが、早いうちからアパパネと並んで東のクラシック候補として名を連ねていた。前走でクイーンSを勝った上昇度も軽視できない。

△3…前走のローズSでワイルドラズベリーは2着。直線、メンバー最速の上がり33秒4の決め手を発揮してアタマ差まで追い上げた。実績では一歩譲るが、正月の紅梅Sで重賞ウイナー2頭をまとめて差し切った力量馬。はまれば一発が決まる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レディアルバローザ        
1 2 ベストクルーズ        
2 3 ショウリュウムーン      
2 4 アプリコットフィズ    
3 5 サンテミリオン
3 6 コスモネモシン        
4 7 レインボーダリア        
4 8 オウケンサクラ      
5 9 アグネスワルツ      
5 10 アニメイトバイオ      
6 11 エーシンリターンズ    
6 12 アンティフリーズ        
7 13 ディアアレトゥーサ      
7 14 タガノエリザベート        
7 15 アパパネ
8 16 クラックシード        
8 17 ワイルドラズベリー  
8 18 プリンセスメモリー        

買い目

大多15=4 15=5 15-11 15-17 4=5
綾恵15=5 15=10 15-3 15-9 5=10
山田5=15 5=13 5=17 15=13 15=17 13=17
たま15=11 15=8 15=4 15=5 15=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。