競馬 - 京都新聞杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年5月8日(土)

10R

2010年5月8日(土) | 3回京都5日 | 15:35発走

第58回京都新聞杯(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

予想

◎本命はレーヴドリアン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

きさらぎ賞(G3)では、後方待機から直線だけの競馬で2着を確保。決して器用ではないが、長く良い脚を使えることから、外回りコースで能力を発揮するタイプだろう。それを証明するかのように、前走の皐月賞(G1)では、小回りのコースレイアウトが合わず9着敗退したが、エンジンが掛かってからはさすがの伸び脚を見せていた。半兄のアプレザンレーヴが、昨年の青葉賞(G2)を制したように、距離延長は歓迎の血統。余程上がりの速い競馬にならない限りは、コース適性を生かして豪快に追い込んでくるはずだ。

○対抗はコスモファントム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨年暮れのラジオNIKKEI杯(G3)では、2番手から早めに動いて、見せ場タップリの2着。のちの皐月賞馬・ヴィクトワールピサの切れ味には屈したものの、内容を考えれば、負けて強しと言える結果。ダノンシャンティ、ヒルノダムールという世代屈指の素質馬に先着したことも、当馬の高い能力を裏付けている。その後は好走の反動が出たのか、復帰には4カ月半を要したが、この中間は普段通りの軽快な走りを披露。能力通りなら、久々でも争覇圏内だ。

▲単穴はゲシュタルト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)7着の主な敗因は、時計のかかるタフな馬場の中、好位から積極的に勝ちに行ったためだろう。不利な展開でありながらヴィクトワールピサから0秒5差なら、十分に健闘と言える内容。前々走・スプリングS(G2)の2着が、決してフロックではなかったことを証明した格好だ。2年連続で当レースを制しているマンハッタンカフェ産駒であることからも、好走のために必須の持久力は備えているはず。好位からの粘り込みに警戒だ。

△抑えはネオポラリス。△穴はモズ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇京都10R・京都新聞杯


2200メートルで行われた過去8回、1〜3番人気が2、3、3連対。上位人気が連対馬の半数を占める一方で、6〜10番人気からもほぼ同数の7頭が連に絡んでいる。

馬連配当は3けた〜1000円台3回、4000円台2回、8000円台1回、万馬券2回。伏兵馬の台頭で波乱含みのG2戦となっている。


レーヴドリアンのきさらぎ賞2着(首差)は、位置、コース取りを考慮すれば負けて強しの競馬。前走皐月賞も発馬で大きく遅れながら、直線外からレースナンバー2の末脚で3馬身半差まで追い上げた。距離延長、京都外回りは好材料。勝ってダービーへ駒を進める。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レーヴドリアン  
1 2 ハードダダンダン        
2 3 シルクアーネスト    
2 4 カミダノミ        
3 5 ブレイクアセオリー  
3 6 アドマイヤタイシ        
4 7 モズ      
4 8 コスモファントム  
5 9 カネトシパサージュ        
5 10 マコトヴォイジャー      
6 11 ゲシュタルト  
6 12 プレファシオ        
7 13 ネオポラリス    
7 14 アドマイヤテンクウ      
8 15 アキノグローブ        
8 16 メイショウウズシオ      
8 17 シャイニーナイト        

買い目

大多1=8 1=11 1-7 1-13 8=11
綾恵14=5 14=10 14-1 14-8 5=10
山田11=3 11=16 11=5 3=16 3=5 16=5
たま1=11 1=3 1=5 1=8 1=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。