IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年3月28日(日)

11R

2010年3月28日(日) | 2回中京8日 | 15:40発走

第40回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 |

予想

◎本命はキンシャサノキセキ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.1

気性面の問題から力を持て余すようなレースも多かったが、昨秋のスワンS(G2)から阪神C(G2)、オーシャンS(G3)と重賞3連勝を達成し、今がまさに充実期といったところ。一昨年の当レースでクビ差2着に入るなど舞台替わりに不安はなく、ここは抜けた相手も見当たらない。悲願のG1タイトル奪取へ向けて、チャンスは十分とみてよさそうだ。

○対抗はアルティマトゥーレ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.8

昨年のセントウルS(G2)で重賞制覇を達成すると、スプリンターズS(G1)では0秒3差の5着を確保。次走の京阪杯(G3)こそ8着に敗れたものの、シルクロードS(G3)では2番手追走から力強く抜け出し、改めて能力の高さを証明して見せた。ここまで左回りでは負けたことがなく、特に中京1200Mは2戦ともに圧勝を収めた得意舞台。ここが引退レースとなるが、勝って有終の美を飾りたいところ。

▲単穴はエーシンフォワード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.08.1

前々走の東京新聞杯(G3)で3着に好走すると、前走の阪急杯(G3)を勝って重賞タイトルを獲得。直線で少し窮屈になる場面もあったが、馬群の狭いところを割って抜け出してきた。1200Mへの出走経験は1度しかないものの、前で運べる脚質から距離不足ということはないはず。キャリア面で見劣りするとはいえ、今の勢いを軽視するわけにはいかないだろう。

△抑えはビービーガルダン。△穴はプレミアムボックス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚爆発,サンカルロ


いよいよ春G1シリーズが開幕する。第一弾は芝1200Mで争う上半期のスプリント王決定戦だ。

過去10年の連対馬は4-8、1-3、3-2、3-2、2-1、4-6、4-2、1-13、4-5、3-1番人気で決着した。上位1〜4番人気からそれぞれ4頭ずつが連対し、残る4頭は5、6、8、13番人気の各1連対。極端な人気薄馬の出番は少ない。

しかし、馬連配当は3けた〜1000円台4回、2000〜4000円台3回、6000円台1回、万馬券2回。2000円以内の堅い配当が4回ある一方で、00年と07年に1万6330円、4万250円の万馬券も2回出ている。

また、過去5回の3連単は、4万7120円、3万6620円、54万6450円、3万8840円、19万1140円。毎年フルゲートの18頭立て(00年は17頭)で行われていることもあり、高配当が続出している。

路線別は阪急杯組が12連対と他路線を圧倒し、現在、10年連続で連対中。この組から軸を指名することをお勧めしたい。なお、連対した12頭は2、2、1、9、2、1、4、1、3、3、5、2着から臨戦。12頭中9頭は前走も馬券対象の3着以内に好走していた。

年齢別は4〜8歳上馬が3、12、4、1、0連対。連対率はそれぞれ7、24、9、4、0%。5歳馬が他世代をリードしている。


◎…サンカルロは阪急杯で58キロを背負い3着。テンにかかるそぶりを見せながらながら、直線0秒2差まで追い上げた。初の1200M戦となるが、気性面を考えれば距離短縮はプラスに働くはず。速い流れになりやすい中京なら末脚が爆発する。

○…前走・阪急杯でエーシンフォワードは初重賞制覇。スタートダッシュは鈍かったが、内の2番枠でロスなく回り、直線巧みに馬群をさばいて差し切った。1200Mの実績には欠けるが、馬込みを苦にしないタイプ。重賞連覇も十分ある。

▲…ファイングレインは08年の当レースの覇者。その後不振が続いていたが、3カ月半ぶりの前走・オーシャンSで0秒1差の5着に健闘した。メンバー中ただ1頭のG1馬で、時計のかかる馬場が得意。たたき2戦目の一変が期待できる。

△1…キンシャサノキセキは重賞3連勝中。前走道悪のオーシャンSでも内の狭いスペースから進路を確保して快勝した。クビ差の勝利だったが、着差以上の強い競馬を見せた。ここ3戦の激走の疲れが出なければ、初のG1奪取がかなう。

△2…ビービーガルダンは昨年のスプリンターズSで、ローレルゲレイロと1センチ差の2着という大接戦を演じた。スプリントG1は3回挑戦して、3、16、2着。前走・オーシャンSで7着と1番人気を裏切ったが、あの一戦だけで見捨てるのは危険だ。

△3…アルティマトゥーレはステップレースのシルクロードSを2番手追走から完勝。スローペースで先行有利の流れもあったが、楽々と抜け出した。中京は2戦2勝の舞台。スタートを決めて前々でレースが進められれば引退の花道を飾れる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 セブンシークィーン        
1 2 アイルラヴァゲイン        
2 3 アルティマトゥーレ  
2 4 ショウナンカザン        
3 5 トウショウカレッジ        
3 6 キンシャサノキセキ
4 7 カノヤザクラ        
4 8 エーシンエフダンズ      
5 9 ファイングレイン      
5 10 ヘッドライナー        
6 11 エイシンタイガー      
6 12 グランプリエンゼル        
7 13 サンカルロ    
7 14 スズカコーズウェイ        
7 15 プレミアムボックス      
8 16 エーシンフォワード
8 17 ビービーガルダン  
8 18 ピサノパテック        

買い目

大多6=3 6=16 6-15 6-17 3=16
綾恵16=6 16=3 16-8 16-17 6=3
山田6=16 6=13 6=11 16=13 16=11 13=11
たま13=16 13=9 13=3 13=6 13=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。