IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年12月25日(土)

10R

2010年12月25日(土) | 5回中山7日 | 14:40発走

第133回中山大障害(J・GI)

障害・芝 4100m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系障害3歳以上 | オープン (混合) 定量 | 本賞金:7500、3000、1900、1100、750万円 |

予想

◎本命はトーワベガ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

春の阪神スプリングJ(J・G2)で重賞初制覇。続く中山グランドジャンプでは0秒3差の3着に入るなど、今年メキメキと力を付けてきた。前走・京都ジャンプS(J・G3)では4着に敗れたが、他馬とは斤量差があり、大一番へのステップと考えれば悪くない結果。今回は他の実績馬が決して順調ではないだけに、ビッグタイトル獲得も夢ではない。

○対抗はマルカラスカル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・4.40.0

春秋2大障害レースを制している実力馬。そのときの2着馬が、それぞれメルシーエイタイムだったことからも、大舞台での強さが光る。抜群の先行力が武器で、スムーズに先行したときの強さは無類(06年の当レースでは、メルシーエイタイムに6馬身差の圧勝)。ただ、今回は屈腱炎を発症して以来、初めての障害レース。実績は認めても、アタマからは買いづらい。

▲単穴はメルシーエイタイム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・4.39.7

07年の当レース覇者。一昨年、昨年では、ともに実力馬・キングジョイ(今回は不在)の2着を確保したことからも、現役トップクラスの能力があることに疑いはない。春の中山グランドジャンプ(J・G1)では、落馬で1番人気を裏切ったが、中山では(2・5・1・2)の好成績で、コース適性は確か。今年も有力な存在だ。

△抑えはマイネルネオス。△穴はタマモグレアー。


今週のワンポイントアドバイス

◇中山10R・中山大障害


過去10年の連対馬は1〜5番人気の5、6、3、0、3連対と10番人気の3連対。上位人気はまずまずの成績だが、10番人気からも3頭が連対している(03年は降雪のため翌年の1月開催)。

馬連配当は3けた〜2000円台7回、6000円台1回、万馬券2回。2着に10番人気が食い込んだ年に波乱となっている。

年齢別は3〜8歳馬が、2、3、4、4、4、3連対。平地戦とは異なり、7歳や8歳の高齢馬でも十分通用する。


前走のマルカラスカル(8歳)は1年11カ月ぶりの実戦で10着。長期休養明けと平地戦で結果を出せなかったが、障害戦は【7021】の好成績で、ジャンプ・G1でも2勝の実績。たたき2戦目の一変にかける手は十分にある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ジャイアンツエール        
2 2 トーセンジョーカー      
3 3 イコールパートナー        
4 4 テイエムトッパズレ        
5 5 マルカラスカル  
5 6 タマモグレアー
6 7 トウカイポリシー  
6 8 バシケーン      
7 9 トーワベガ
7 10 メルシーエイタイム    
8 11 ナドレ        
8 12 マイネルネオス      

買い目

大多9=5 9=10 9-6 9-12 5=10
綾恵6=8 6=7 6-5 6-9 8=7
山田9=2 9=6 9=7 2=6 2=7 6=7
たま5=6 5=10 5=7 5=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。