IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年12月4日(土)

11R

2010年12月4日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第44回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はトウカイメロディ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

夏場に3連勝した上がり馬。菊花賞(G1)では2番人気に推されながら6着に敗れたが、勝ち馬からは0秒4差。展開に恵まれなかったことも考慮すれば、さほど悲観する内容ではなかった。小柄なタイプなので、斤量が前走より2キロ減るのは好材料。長距離輸送もないだけに、能力をフルに発揮できそうだ。中山コースでは2戦2勝。血統的にも距離延長は合うとみて、本命に推す。

○対抗はフォゲッタブル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・3.51.3

昨年の当レースを3歳馬ながら圧勝。今年は2月のダイヤモンドS(G3)を勝ち、天皇賞・春(G1)では1番人気(結果は6着)に推されたことからも、ステイヤーとしての資質は誰もが認めるところだ。近走は調整に手間取り、案外な成績だが、実績を考えれば無視をするのは危険。状態さえ戻れば、斤量58キロなど、さしたる障害にはなるまい。

▲単穴はネヴァブション。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・3.45.0

アメリカJCC(G2)を連覇するなど、中山で5勝を挙げているコース巧者。7歳と若くはないが、今年は宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)でそれぞれ5着に入り、デビュー以来最も充実した成績を残している。距離延長は問題なく、58キロも背負い慣れた斤量。「地の利」を生かして上位争い。

△抑えはコスモヘレノス。△穴はジャミール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・ステイヤーズS


過去10年、連対馬は(7)(4)、(1)(6)、(1)(4)、(6)(5)、(1)(4)、(1)(4)、(1)(2)、(7)(2)、(6)(1)、(1)(13)番人気の組み合わせで決着した。1番人気は6勝2着1回と威張れる成績だが、2、3番人気が2、0連対と元気がない。代わりに6、7、13番人気から3、2、1頭が連対している。

馬連配当は3けた2回、1000円台3回、3000〜6000円台3回、万馬券2回。00年と07年に万馬券が出たが、全体としては荒れても中波乱止まりとなっている。

路線別はアルゼンチン共和国杯組が10連対と半数を占め、2連対の菊花賞組が続く。

年齢別は3〜7歳以上馬が3、7、3、6、1連対。4歳と6歳が好成績を残している。


フォゲッタブルは昨年の覇者で、2月にダイヤモンドSを制覇した。強敵相手の天皇賞(春)、宝塚記念では上位に食い込めなかったが、スタミナ戦は得意中の得意。ここは楽なメンバー構成で、三つ目のタイトル奪取のチャンスだ。

馬単は(4)←→(9)、(4)←→(5)、(4)←→(13)、(4)←→(11)、(4)←→(1)。

3連単は(4)←→(9)から(5)(13)(11)(1)と、(4)←→(5)から(9)(13)(11)(1)への3着流し。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コスモヘレノス  
2 2 ミッキーミラクル      
2 3 ベルモントルパン        
3 4 フォゲッタブル  
3 5 トウカイメロディ  
4 6 ハギノジョイフル        
4 7 ネヴァブション    
5 8 ロードキャニオン        
5 9 ジャミール
6 10 マキハタサイボーグ        
6 11 エアジパング    
7 12 レッドアゲート        
7 13 モンテクリスエス    
8 14 グラスゴッド        
8 15 エジソン        

買い目

大多5=4 5=7 5-1 5-9 4=7
綾恵9=13 9=2 9-4 9-5 13=2
山田7=9 7=1 7=11 9=1 9=11 1=11
たま4=9 4=5 4=1 4=11 4=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。