2010年5月30日(日)

10R

2010年5月30日(日) | 3回東京4日 | 15:40発走

第77回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

予想

◎本命はヴィクトワールピサ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

5連勝で皐月賞(G1)まで制し、まずは1冠目を奪取。ここまで同世代の有力馬ほとんどを負かしているだけに、この大一番でも中心視できる存在だろう。折り合いの付くタイプで馬群にひるむことがなく、勝負どころで抜け出してくる脚が抜群に速い。今回は東京2400Mへ舞台が移るが、2ハロンの距離延長に不安はなく、東京へのコース替わりも望むところ。弥生賞(G2)でのレースぶりから馬場状態を問わない強みもあるため、2冠奪取へ向けて視界は良好とみてよさそうだ。

○対抗はペルーサ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.24.3

前走の青葉賞(G2)を4馬身差で快勝。しかもゴール前では抑える余裕すら見せていたのだから、別路線組では最も警戒すべき一頭だ。まだキャリア4戦の身とはいえ、今回のメンバーで無敗を続けているのは当馬のみ。過去の実績では分の悪い青葉賞からの参戦となるが、本番と同舞台であれだけのパフォーマンスを示したのだから、皐月賞組と比較しても割り引いて考える必要はないだろう。無敗のままダービーを制することができれば、ディープインパクト以来の快挙となる。

▲単穴はヒルノダムール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前々走の若葉S(OP)でペルーサの2着、前走の皐月賞(G1)ではヴィクトワールピサの2着に敗れたが、2戦ともに進路が狭くなる不利があったため、スムーズなら違う結果もあったはず。いい脚を長く使えるタイプで、皐月賞では上がり最速の末脚を使って差を詰めてきた。今回の広くて直線の長い東京コースは、当馬の力を存分に発揮できる絶好の舞台。ダービーの舞台でこれまでの借りをまとめて返すようなことがあっても、決して驚けないだろう。

△抑えはダノンシャンティ。△穴はエイシンフラッシュ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

良血馬の末脚さく裂,ルーラーシップ


今年のダービーは近年まれに見るハイレベルの戦いで、有力馬は5指に余る。07年に誕生した7611頭の頂点に立つのはどの馬か。早速、過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は3-1、1-3、1-3、1-3、1-5、1-2、1-4、3-14、1-12、2-5番人気の組み合わせで決まった。1番人気は7勝、2着1回とその信頼度は高く、2、3番人気も2、5連対。伏兵馬の出番は少ない。

馬連配当は3けた5回、1000〜3000円台3回、万馬券2回。07年と08年に14、12番人気が2着に健闘して、万馬券が飛び出す波乱となった。

路線別(着順)は、皐月賞組9連対(1、3、2、1、1、1、9、14、13着)、NHKマイルC組4連対(3、1、11、1着)、青葉賞組3連対(1、1、1着)、京都新聞杯組3連対(1、1、1着)、桜花賞組1連対(2着)。連対馬20頭中16頭は前走も馬券対象の3着以内に好走、該当しない4頭はG1からの臨戦馬だった。

勝利数別は1〜4勝以上馬が13、69、73、25頭出走して、それぞれ0、1、10、9連対。連対率は0、1、14、36%。1、2勝馬は苦戦中で、3勝以上を理想となる。ヒルノダムールなど8頭の2勝馬には気になるデータだ。

キャリアは4〜11戦以上馬がそれぞれ3、4、7、2、1、1、2、0連対。戦績3戦のトゥザグローリーは減点対象となる。

所属別は関東馬が56頭出走して4連対(7%)、関西馬は123頭で16連対(13%)、地方馬が1頭で連対なし。関西馬が他所属馬を大きく引き離している。


◎…ルーラーシップはダービー出走をかけたプリンシパルSで2着以下を4馬身ちぎって完勝した。勝負どころから抑え切れない手応えで進出し、直線を向いて追い出すと一気に弾けた。ここ10年でプリンシパルSから連対した馬はいないが、02年と昨年に3着に入線している。父はキングカメハメハで、母がエアグルーヴ。超良血馬の末脚が東京のターフでさく裂する。

○…相手は5連勝で皐月賞を制覇したヴィクトワールピサ。道中じっくりと構えて直線内から一瞬にして後続を1馬身半突き放した。初の左回り、距離延長も王道を歩んだピサなら乗り切れる。

▲…ペルーサはダービーと同じ舞台の青葉賞を破格の好時計で圧勝。こちらも4戦全勝とまだ一度も土がついていない。東京コースも3戦3勝。父・ゼンノロブロイは青葉賞を勝ってネオユニヴァースの2着だった。その雪辱を無敗で晴らす好機だ。

△1…驚異的な日本レコードでNHKマイルCを制したダノンシャンティ。2400Mでは折り合いがカギになるが、道中脚をためられる競馬ができれば、まとめて差し切る決め手を備えている。

△2…ヒルノダムールは前走の皐月賞で2着。4コーナーで進路が狭くなり1馬身半届かなかったが、大外から強襲したレース最速の末脚は光った。距離延長は望むところで、東京コースに変わるのもプラスだ。

△3…骨折明け3戦目の前走・NHKマイルCでリルダヴァルは3着。中団追走から直線鋭く伸びて2馬身半差まで追い上げた。新馬、オープン特別を連勝した当時のデキに戻っていれば、このメンバーでもヒケは取らない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エイシンフラッシュ      
1 2 レーヴドリアン        
2 3 ルーラーシップ      
2 4 サンディエゴシチー        
3 5 コスモファントム        
3 6 アリゼオ        
4 7 ヴィクトワールピサ
4 8 ローズキングダム        
5 9 ペルーサ
5 10 トーセンアレス        
6 11 ハンソデバンド        
6 12 ヒルノダムール
7 13 ゲシュタルト        
7 14 リルダヴァル      
7 15 メイショウウズシオ        
8 16 シャイン        
8 17 トゥザグローリー      
8 18 ダノンシャンティ

買い目

大多7=9 7=12 7-1 7-18 9=12
綾恵9=7 9=18 9-12 9-17 7=18
山田18=9 18=7 18=12 9=7 9=12 7=12
たま3=7 3=9 3=12 3=14 3=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。