IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年5月23日(日)

11R

2010年5月23日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第71回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はアパパネ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

桜花賞(G1)をレースレコードで制し、一冠奪取。同じ牝馬を相手にに負けたレースは、休養明けだったチューリップ賞(G3)2着だけで、女王と呼ぶにふさわしい成績を挙げている。気性の勝ったタイプで、勝ち鞍4勝すべてがマイル戦であることからも、折り合い面の懸念はあるが、これまでの直線の伸び脚を見る限り、決してスピード一辺倒の単調な馬ではなく、距離の融通性はあるとみる。この中間は坂路だけではなく、長い距離を走れるコース調教で折り合い重点の追い切りも取り入れ、2400Mの対策にも余念がない。二冠目も期待してよさそうだ。

○対抗はショウリュウムーン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

チューリップ賞(G3)を制し、アパパネに土を付けた素質馬。続く桜花賞(G1)では、追い込み届かずに仕返しされた格好だが、直線で前が詰まって進路を変更するロスがなければ、もっと際どい勝負になっていたはず。アパパネとは対照的な気性で、ダービー馬×菊花賞馬という配合からも、2400Mへの距離延長に不安は全くない。まだ完全には底が割れていないことも魅力で、他のライバルと比較しても伸びしろは大きいはず。逆転候補の一番手に推したい。

▲単穴はアグネスワルツ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

骨折明けのフローラS(G2)で2着に健闘。久々のハンデはもちろん初の関東輸送、さらには未知の距離と、条件は相当に厳しかったが、それをアッサリと克服してしまったのだから、潜在能力はかなりのモノがある。レース後の状態は良好で、追い切り本数もこなしていることから、休養明けを好走したことによる反動はなさそう。本番の今回は定石通り、一度叩かれた上積みを見込んでいいだろう。都合良く内枠を引けたことから、このメンバーなら再び単騎の逃げが濃厚。先週のような高速馬場で、気分良く先行できれば、ゴール前でアッと言わせるシーンまであって驚けない。

△抑えはモーニングフェイス。△穴はサンテミリオン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

大舞台で逆転V,ショウリュウムーン


桜花賞の1600Mから2400Mに距離が延びる。牝馬限定のG1としては最長距離で、多くの馬にとって初めての経験。それだけに過酷なレースとなり、数多くの名牝が涙をのんでいる。

今年で71回目を迎える「樫の女王」をどの馬が射止めるのか。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

ここまで1〜3番人気は4、3、1連対と精彩を欠いている。しかし、伏兵馬の連対は6番人気1頭、12番人気1頭、13番人気2頭と少ない。

馬連配当は3けた2回、1000円台2回、4000円台2回、万馬券4回。比較的堅い馬券と万馬券が入り混じる、難解なG1戦となっている。

連対馬の19頭までが前走重賞からの出走で、1頭がオープン特別。路線別は桜花賞組が16連対と他路線を圧倒し、フローラS組とスイートピーS組がそれぞれ3、1連対している。なお、桜花賞組は10回中7回で連を独占し、ここ2年は3着も確保している。

キャリアは3〜9戦の範囲で、それぞれ2、6、2、4、4、1、1連対。今年の最少キャリアはトレノエンジェルの3戦で、最多がニーマルオトメの9戦。全馬連対の条件をクリアーしている。

また、関東馬VS関西馬は67頭と111頭で争い、4対16。連対率はそれぞれ6%、14%。関西馬が関東馬を寄せ付けない強さを見せている。


◎…桜花賞はスローで上位を先行勢が占めた。そんな中でショウリュウムーンは後方でから追い込んで4着。直線100Mで前が狭くなり、全力を出し切れなかったが、アパパネと0秒2差だった。チューリップ賞ではそのアパパネを差し切り勝ち。鞍上も昨年のリーデングジョッキー内田博騎手なら逆転Vが期待できる。

○…サンテミリオンはトライアルのフローラSを制して、3勝3着1回と底を見せていない。大外18番枠は気になるが、前走も外枠不利といわれる東京の2000Mを大外15番枠からレースレコードで差し切った。長距離歓迎のゼンノロブロイ産駒。新女王誕生も十分ある。

▲…阪神ジュベナイルF、桜花賞を制したアパパネ。G1レース2勝の実力は世代トップの存在だ。母がスプリンターだが、折り合いに心配のないタイプで、好位で立ち回れる脚質も心強い。東京でも2戦2勝のレース巧者だ。

△1…オウケンサクラはフラワーCでサンテミリオンを破って、桜花賞でアパパネと半馬身差の2着。前走は逃げてゴール前で差されたが、好位につけて折り合う競馬もできる。関東への長距離輸送も経験済みで、大勢逆転があっても驚けない。

△2…アプリコットフィズは430キロの小型馬。前走の桜花賞は栗東への長距離輸送の影響かデビュー以来最も軽い馬体だった。地元東京では新馬戦で4馬身、クイーンCで2馬身と後続の追撃を封じて圧勝。2戦2勝と得意の舞台での大駆けを警戒したい。

△3…たたき2戦目の前走桜花賞で8着に敗れたアニメイトバイオ。敗因はやはり20キロ減の馬体と決めつけていいだろう。東京コースではサフラン賞をレコードで勝ち、京王杯2歳Sで2着。前走は規準外とみればノーマークにはできない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コスモネモシン        
1 2 アグネスワルツ      
2 3 アプリコットフィズ    
2 4 ショウリュウムーン
3 5 ギンザボナンザ        
3 6 オウケンサクラ  
4 7 ニーマルオトメ        
4 8 プリンセスメモリー        
5 9 モーニングフェイス      
5 10 タガノエリザベート        
6 11 ブルーミングアレー        
6 12 トレノエンジェル        
7 13 アニメイトバイオ      
7 14 シンメイフジ      
7 15 エーシンリターンズ        
8 16 ステラリード        
8 17 アパパネ
8 18 サンテミリオン  

買い目

大多17=4 17=2 17-9 17-18 4=2
綾恵17=18 17=3 17-4 17-6 18=3
山田6=4 6=17 6=14 4=17 4=14 17=14
たま4=18 4=17 4=3 4=6 4=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。