IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年5月9日(日)

11R

2010年5月9日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第15回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

予想

◎本命はサンライズプリンス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.9

重賞初挑戦のスプリングS(G2)こそ4着に敗れたものの、これは発馬で後手を踏み、直線でも窮屈な競馬になったため。次走のニュージーランドT(G2)では不利な大外枠から豪快に突き抜けたのだから、世代トップクラスの力を持つことは間違いないだろう。G1の今回は一気に相手が強化されてくるとはいえ、今週の追い切りでは坂路で50秒8の自己ベストをマークするなど、状態面は高いレベルで安定。広くて直線の長い東京へのコース替わりも歓迎とあって、ここは中心視できる一頭だ。

○対抗はダノンシャンティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の毎日杯(G3)を制して重賞初制覇。その後は皐月賞を見送り、当レースを目標に調整されてきた。ここまでヒルノダムールやアリゼオといった有力馬に先着の実績があり、強烈な決め手が最大の持ち味。1600Mには今回が初挑戦となるものの、前向きな気性から距離短縮を苦にすることはないだろう。瞬発力勝負の展開となるようなら、まとめて差し切ってしまうだけの力は持っているとみた。

▲単穴はエイシンアポロン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.7

前走の皐月賞(G1)は直線の伸びを欠いて11着。同距離の弥生賞(G2)で2着に好走したとはいえ、本来2000Mだと少し長いのだろう。昨年の京王杯2歳S(G2)を制し、朝日杯フューチュリティS(G1)で2着に入った素質馬。2ハロンの距離短縮で大きな変わり身が見込めるだけに、改めて狙ってみる価値はありそうだ。

△抑えはリルダヴァル。△穴はダイワバーバリアン。


今週のワンポイントアドバイス

G1に王手,エイシンアポロン


過去10年、1〜3番人気は4、2、2連対と不調で、代わりに人気薄の9〜17番人気から6頭が連対している。

馬連配当は1000円台3回、4000円台2回、6000円台2回、万馬券3回。優勝馬の6割が1〜3番人気から出ているが、3けた配当で決まったことはなく、万馬券が3回も出ている。また、ここ3回行なわれた3連単配当を見ると、3着に18、14、13番人気が入線して、97万、11万、238万馬券で決着する大荒れとなっている。

連対馬の距離別は1600M10頭、1800M4頭、2000M6頭。短距離から臨戦した馬は苦戦している。

路線別は7連対のニュージーランドT組がトップ。次いで毎日杯組4連対、3連対の桜花賞組、皐月賞組、スプリングS組が続いている。

性別は牡馬が168頭出走して17連対(8%)、牝馬は12頭で3連対(25%)。牡馬が連対数で牝馬をリードしているが、率では牝馬が牡馬を大きく上回っている。

連対馬20頭のキャリアは4〜9戦で、それぞれ1、6、3、5、3、2頭。キャリア3戦以下や10戦以上でなければ問題はない。

関東馬78頭と関西馬101頭と地方馬1頭で争い、6、14、0連対。連対率は8、14、0%。関西馬が強い。

◎…エイシンアポロンは2走前の弥生賞でヴィクトワールピサ(後の皐月賞馬)と半馬身差。本番の皐月賞では11着に凡走したが、外目12番枠で流れに乗れず、距離も少し長かったのが敗因だ。1600M戦ではデイリー杯2歳Sと朝日杯フューチュリティSでそれぞれ2着。距離短縮は好材料で、鞍上が岩田騎手に替わるのも大きな魅力。G1を勝ち取るチャンスだ。

○…サンライズプリンスは新馬、特別と連勝。いずれも好位から楽々と抜け出し、2着以下を9馬身、3馬身半差ちぎった。スプリングSはつまずいて4着と敗れたが、前走のニュージーランドTで再び後続を0秒3差突き放した。使い詰めの疲れさえ出なければ、3歳マイル王の最短距離にいる。

▲…前走の毎日杯でダノンシャンティは上がり33秒4の末脚で豪快に差し切った。ラジオNIKKEI杯2歳Sでヴィクトワールピサと0秒2差で、皐月賞2着のヒルノダムールに先着している。マイル戦は初めとなるが、戦ってきた相手関係から能力はヒケを取らない。

△1…リルダヴァルは新馬、オープン特別を連勝した素質馬。骨折明けの6カ月ぶりだった毎日杯で3着と好走し、前走の皐月賞は内の馬場の悪いところを通り、他馬と接触するアクシデントもあったが、6着に踏み止まった。ここ2戦は力を出し切れていないが、広々とした東京に変われば能力が全開する。

△2…レトはデビューから6戦連続で1200Mを使ってきたが、シンザン記念でマイルに路線変更した。初戦は9着と結果を出せなかったが、続くアーリントンCとニュージーランドTで連続3着。好位から鋭い追い上げを見せた。中山から直線の長い東京へ舞台が変われば、自慢の決め手を存分に発揮できる。

△3…穴を開ければサウンドバリアーか。この10年で3着以内に入った2けた人気馬は8頭いるが、その内4頭が牝馬。前走の桜花賞はスローペースで末脚は不発だったが、はまった時の決め手は2走前のフィリーズレビューで証明済みだ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダイワバーバリアン    
1 2 コスモセンサー        
2 3 リルダヴァル  
2 4 サンライズプリンス
3 5 サウンドバリアー      
3 6 ニシノメイゲツ        
4 7 トシギャングスター        
4 8 パドトロワ        
5 9 モンテフジサン        
5 10 キョウエイアシュラ        
6 11 エイシンアポロン  
6 12 キングレオポルド        
7 13 ダノンシャンティ
7 14 シゲルモトナリ      
7 15 ガルボ      
8 16 レト      
8 17 エーシンダックマン        
8 18 エーシンホワイティ        

買い目

大多4=13 4=11 4-1 4-3 13=11
綾恵4=13 4=3 4-11 4-15 13=3
山田13=1 13=14 13=4 1=14 1=4 14=4
たま11=4 11=13 11=3 11=5 11=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。