IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2010年2月20日(土)

11R

2010年2月20日(土) | 1回東京7日 | 15:45発走

第45回デイリー杯クイーンカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3700、1500、930、560、370万円 |

予想

◎本命はアプリコットフィズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.7

前走のフェアリーS(G3)でクビ差2着を確保。ハイペースで逃げるカホマックスを追いかけた分、後ろから来たコスモネモシンに差されてしまったが、デビュー2戦目であれだけのレースができるのは高い素質があってこそ。今回は新馬戦を楽勝した東京1600Mに舞台が戻るため、軸馬として信頼できる一頭だろう。

○対抗はテイラーバートン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.0

こちらは前走のフェアリーS(G3)で0秒2差の3着。初の長距離輸送、中山1600Mの大外枠と、厳しい条件だったが、終いは良い脚を使って伸びていた。強力な牡馬とも互角以上に戦える力を持っており、牝馬同士なら上位評価は当然。2度目の輸送で落ち着きが出てくるようなら、前走以上の結果は十分に可能とみる。

▲単穴はギンザボナンザ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.9

デビュー2戦目で勝ち上がりを決めると、次走のひいらぎ賞(500万下)も勝って2連勝。ともに後続を2馬身引き離しており、完勝と言ってもいい内容だった。重賞初挑戦の今回は、さすがに楽ではないが、瞬発力はここでも上位のものを持っているだけに、一発を警戒しておく必要がありそうだ。

△抑えはブルーミングアレー。△穴はオルレアンノオトメ。


今週のワンポイントアドバイス

◇東京11R・クイーンC


過去10年の連対馬は(10)(2)、(11)(3)、(2)(10)、(1)(13)、(1)(3)、(1)(6)、(1)(6)、(3)(1)、(1)(8)、(4)(2)番人気で決着(03年は中山競馬)。1番人気の6連対はやや物足りないが、ここ7年で連を外したのは昨年(4着)だけ。

馬連配当は3けた〜2000円台6回、9000円台1回、万馬券3回。波乱傾向に見えるが、この6年はすべて3000円以内で収まっている。


東京芝1600メートルのデビュー戦で、ブルーミングアレーは2着を3馬身半差ちぎった。続く赤松賞では後の2歳女王アパパネの2着。その後も首、鼻差の2着を繰り返していることから、能力重賞級は明らか。鞍上(あんじょう)をデムーロ騎手にスイッチした今回、銀メダルに別れを告げる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 テイラーバートン
1 2 ウネントリッヒ        
2 3 トーセンフリージア        
2 4 カホマックス        
3 5 ブルーミングアレー
3 6 シャルルヴォア        
4 7 メイショウスズラン      
4 8 マイネノーブレス        
5 9 アプリコットフィズ
5 10 プリンセスメモリー        
6 11 ラジャポネーズ        
6 12 ビービーエーディン        
7 13 オルレアンノオトメ      
7 14 プリマビスティー        
8 15 ギンザボナンザ
8 16 イイデサンドラ    

買い目

大多9=1 9=15 9-5 9-13 1=15
綾恵9=16 9=5 9-1 9-15 16=5
山田5=15 5=9 5=1 15=9 15=1 9=1
たま5=1 5=9 5=7 5=15 5=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。