2009年4月12日(日)

10R

2009年4月12日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第69回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン 牝 (指定) 定量 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はブエナビスタ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.9

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制した2歳女王で、同世代の牝馬では一枚も二枚も抜けた存在。前走のチューリップ賞(G3)はペースを握ったサクラミモザがまんまと逃げ切ったかに思われたが、直線半ばでエンジンがかかると、並ぶ間もなく抜き去ってしまった。その後も馬体は好調をキープしており、追い切りではラスト1F11秒6の好時計をマーク。引き続き阪神の1600Mで行われることも歓迎とあって、ここは不動の中心とみるべきだろう。

○対抗はダノンベルベール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.3

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でブエナビスタに完敗したとはいえ、G1で2着の実績はここでは上位評価すべきもの。ここまで(2・3・0・0)と一度も連対を外したことがなく、前哨戦のクイーンC(G3)では初の先行策でクビ差2着を確保した。その後は栗東で調整されており、こちらもラスト1F11秒9の軽快な動きを披露。ブエナビスタに死角らしきものは見当たらないが、積極的な競馬で封じ込みを狙いたい。

▲単穴はレッドディザイア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.36.0

デビュー戦に続き、前走のエルフィンS(OP)も勝って2連勝。ともに着差こそ僅かだったが、とても届かないような位置から一気に差し切ってしまった。ここまで2戦2勝と底を見せておらず、ブエナビスタとは今回が初対戦。キャリアという面で信頼しづらいことは確かだが、未知なる魅力にあふれた一頭だ。

△抑えはアイアムカミノマゴ。△穴はツーデイズノーチス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

素質開花,ツーデイズノーチス


過去10年、連対馬は4-2、6-7、1-4、13-7、2-13、1-7、2-1、6-1、3-1、12-15番人気で決まった。1-3番人気は5、3、1連対とほめられた成績ではなく、代わりに6番人気以下から9頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は3けた-1000円台5回、3000円台1回、8000円台1回、9000円台1回、万馬券2回。2けた人気が優勝した02年と昨年に3万4440円と19万6630円の万馬券が出ている。中でも12、15、5番人気と入線した昨年は、馬単33万4440円、3連複77万8350円、3連単700万2920円の大波乱となった。

連対馬20頭はすべて芝から出走し、距離は1400M4頭、1600M13頭、1800M3頭。ダートや1200Mから参戦した馬はマイナス材料となる。

路線別はチューリップ賞組が9連対と圧倒的な強さで、4連対のフィリーズレビュー組(旧4歳牝馬特別を含む)や3連対のフラワーC組をリードしている。

キャリアは地方から中央入りした11戦馬のアローキャリー(02年)を除くと、連対馬19頭は3-8戦の範囲。キャリアの浅い馬や逆に使いすぎた馬は狙いを下げたい。

1勝馬が優勝したことはなく、2着2回。通算で2勝以上を挙げていることが、連対への条件としたい。

関東馬は60頭が出走して4連対(連対率7%)。関西馬が117頭で16連対(同14%)。関東馬は厳しい戦いを強いられているが、ここ3年の馬券対象になった3着以内を見てみると、5対4。関東馬が関西馬を上回っている。


◎…ツーデイズノーチスは前走、トライアルのアネモネSで2着を2馬身ちぎって鮮やかに差し切った。デビュー前からクラシックを意識していた素質馬が、ワンチャンスで本番への権利をもぎ取った。1番人気が確実なブエナビスタは、馬群に包まれるのを嫌い4コーナーで大外に出すはず。そこで距離ロスが生じれば、2番枠から経済コースを回って抜け出すツーデイズにも「桜の女王」へのチャンスはある。

○…ブエナビスタは未勝利、阪神ジュベナイルF、チューリップ賞と3連勝。同世代の牝馬同士では抜けた存在だ。しかし、(1)もまれた競馬の経験がない(2)多頭数戦で馬群をさばけず、という気になる材料もある。断然の1番人気で馬券的な妙味が薄いことでもあり、今回は対抗に回した。

▲…ダノンベルベールは5戦して、2勝、2着3回。どんな状況下に置かれてもまだ連を外していない。早めに栗東入りして体調は万全。マイル経験も豊富だ。絶好の1番枠だけに積極策で好位差しが狙える。

△1…初芝のチューリップ賞でサクラミモザは逃げて2着に粘った。ゴール手前200Mでは一瞬、ブエナビスタの差しが届かないかというシーンも見られた。結果は0秒2差交わされたが、3着以下を引き離した。展開次第では押し切れるスピードを秘めている。

△2…ワンカラットは阪神ジュベナイルFでは掛かって凡走したが、前走のフィリーズレビューを快勝。3カ月の休養明けをものともせず堂々と桜の舞台へ駒を進めてきた。本番と同じレースを経験できたことは大きな強みで、たたいた上積みも見込める。

△3…ジェルミナルは未勝利→500万下を牡馬相手に連勝。続く阪神ジュベナイルFでは外を回される厳しい展開で6着に敗退したが、世代トップ級のスピードを備えていること証明した。3勝はすべて好位からの差し切り。混戦になれば一気に浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダノンベルベール
1 2 ツーデイズノーチス    
2 3 ショウナンカッサイ        
2 4 ヴィーヴァヴォドカ        
3 5 アイアムカミノマゴ    
3 6 ワンカラット    
4 7 サクラミモザ    
4 8 デグラーティア        
5 9 ブエナビスタ
5 10 コウエイハート        
6 11 レディルージュ        
6 12 イナズマアマリリス        
7 13 カツヨトワイニング        
7 14 ルージュバンブー        
7 15 ジェルミナル      
8 16 ルシュクル        
8 17 アンプレショニスト        
8 18 レッドディザイア  

買い目

大多9=1 9=18 9-2 9-5 1=18
綾恵9=6 9=1 9-5 9-18 6=1
山田9=18 9=7 9=1 18=7 18=1 7=1
たま2=9 2=1 2=6 2=7 2=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。