IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2009年10月18日(日)

11R

2009年10月18日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第14回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

予想

◎本命はブエナビスタ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.7

デビュー2戦目で勝ち上がると、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、チューリップ賞(G3)、桜花賞(G1)、オークス(G1)と破竹の5連勝。前走の札幌記念(G2)は2着に敗れたものの、古馬の実力馬をクビ差まで追い詰めたのだから、負けて強しの内容だったといえるだろう。ここまで牝馬には一度も負けたことがなく、名実ともに3歳牝馬の頂点に立つ存在。それほど器用なタイプではないが、史上3頭目の牝馬三冠馬となるためにも、ここは落とせない一戦だ。

○対抗はレッドディザイア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

今年に入ってからのデビューだが、新馬戦からエルフィンS(OP)を連勝してG1戦線へ。桜花賞が半馬身差、オークスはハナ差とわずかに及ばなかったものの、ブエナビスタ逆転の第一候補であることは間違いない。秋初戦のローズS(G2)はブロードストリートの2着に敗れたが、レコード決着のクビ差2着なら悲観することはなく、今回の追い切りでは坂路で50秒2の猛時計を披露。最後の一冠奪取に向けて、態勢は整ったとみてよさそうだ。

▲単穴はブロードストリート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.9

こちらもデビューは年末と遅かったが、厳しいローテーションで挑んだオークス(G1)でも4着に入るなど、素質の高さを感じさせる一頭。重賞勝ちは前走のローズS(G2)のみだが、レッドディザイアを下してのものだけに、その価値は高いだろう。立ち回りが上手で、どんな展開にも対応出来るタイプ。久々をレコードで激走した反動は気になるところだが、再度波乱を起こすような場面があっても決して驚けない。

△抑えはジェルミナル。△穴はモルガナイト。


今週のワンポイントアドバイス

決め手G1級,ミクロコスモス


3歳牝馬のG1最終戦。春2冠で上位1〜3着を占めたブエナビスタ、レッドディザイア、ジェルミナルがそろって参戦する。勝てば史上3頭目の牝馬3冠馬になるブエナビスタに注目が集まるが、最後の1冠を狙うライバルたちも仕上がり万全。フルゲート18頭で激しい戦いが予想される。

過去10年、1〜3番人気はそれぞれ4、6、1連対。2番人気は6連対とまずまずの成績だが、1、3番人気が不振で、代わりに7〜12番人気から7頭が連対している。

馬連配当は99、00年と2けた人気が続けて勝ち、2年連続で万馬券決着となった。その後7回は比較的平穏に収まっていたが、昨年、再び2けた人気が優勝して2万3080円と荒れ、3着にも16番人気が入って3連単は重賞史上最高配当となる1098万2020円(歴代第3位の高額払戻金)の大波乱となった。

ステップはローズS組が10回中9回で連に絡んで、連対頭数でも14頭と他路線組を圧倒している。

1〜5勝馬が0、4、8、6、2連対。連対率は0、5、12、32、67%。連対実績のない1勝馬は狙いづらく、2勝馬も連対率5%では主力視できない。連軸には3勝以上馬を指名したい。

連対馬の前走距離は1800M7頭、2000M11頭、2400M2頭。1800〜2000Mをステップにした馬が9割を占めている。ちなみに2400Mから連対した2頭はともにオークスからの直行馬で、そこでの成績は3、1着。また、出走間隔は、5月出走馬2頭、7〜8月出走馬2頭、9〜10月出走馬16頭。夏から秋にかけて一度以上出走していることが理想といえる。


◎…本命にミクロコスモスを抜擢する。2冠馬ブエナビスタは3カ月ぶりの前走・札幌記念で古馬一線級を相手にクビ差の2着。同世代の牝馬では抜けた存在だが、京都の内回り2000Mは直線が短く、紛れの起こりやすいコース。取りこぼす可能性もあると見る。ミクロコスモスは放牧をはさんで立て直された夏の北海道戦で、大外から鋭く追い込んで久々に勝利を挙げた。前走・ローズSは出遅れ、道中外を回るロスで4着と敗れたが、春一連の戦績から決め手は間違いなくG1級。ラスト1冠で素質馬の末脚がさく裂する。

○…レッドディザイアはデビューから5戦して、2勝、2着3回と連対率100%を堅持している。2冠レースで連続2着の実績馬。京都内回りの直線は短いが、仕掛けひとつで1冠奪取がかなう。

▲…2冠馬ブエナビスタはここまで同世代の牝馬に一度も先着を許していない。内回りコースがカギとなるが、力を出し切れば史上3頭目の牝馬3冠達成は間違いない。

△1…ジェルミナルは桜花賞、オークスといずれも3着。地味なレースぶりで目立たないが、世代ナンバー3の力量馬だ。前走は4カ月ぶりの影響で直線息切れしたが、2戦目の変わり身を警戒したい。

△2…前哨戦のローズSでブロードストリートは、レッドディザイアの追撃をクビ差退けてレコード勝ち。馬込みを苦にせず立ち回れるのは大きな武器。激走の反動が出なければ、今回も好勝負になる。

△3…春のエルフィンSでワイドサファイアはレッドディザイアとハナ差の2着。G2のフローラSでもディアジーナ(クイーンC・1着)の2着と健闘した。馬群に包まれて脚を余した前走・ローズSは度外視だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ホクトグレイン      
1 2 パールシャドウ        
2 3 ブエナビスタ
2 4 ミクロコスモス    
3 5 レッドディザイア
3 6 ヴィーヴァヴォドカ        
4 7 ダイアナバローズ        
4 8 ラインドリーム        
5 9 イイデエース        
5 10 クーデグレイス        
6 11 ワンカラット        
6 12 ブロードストリート
7 13 アイアムカミノマゴ        
7 14 ジェルミナル    
7 15 ハシッテホシーノ        
8 16 モルガナイト      
8 17 ワイドサファイア      
8 18 デリキットピース      

買い目

大多3=5 3=12 3-14 3-16 5=12
綾恵5=3 5=4 5-12 5-18 3=4
山田3=5 3=1 3=12 5=1 5=12 1=12
たま4=5 4=3 4=12 4=14 4=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。