2009年1月5日(月)

11R

2009年1月5日(月) | 1回京都2日 | 15:45発走

第47回スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はマルカシェンク。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.8

前走のマイルCS(G1)はメンバー最速タイの脚を使い、勝ち馬から0秒4差の6着に好走。休養明けの前々走こそ崩れたものの、2戦目でキッチリと変わり身を見せてきた。G3の今回は相手関係が楽になることに加え、舞台は引き続き京都の1600M。決め手勝負の展開となれば、一気に突き抜けてくる可能性は十分にあるだろう。

○対抗はアドマイヤオーラ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.6

昨年の当レースでエイシンデピュティからクビ差の2着に入ると、次走の京都記念(G2)では、キッチリと差し切って快勝。今回は骨折明けでハンデ58キロと楽ではないが、入念に乗り込まれており、仕上がりは良好。ダービー(G1)3着など地力の高さは明らかなだけに、決して軽くは扱えない。

▲単穴はファリダット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.35.5

前々走の京阪杯(G3)で2着に入ると、前走の阪神C(G2)でも僅差の2着を確保。現状では距離の短い方が合うようだが、道中折り合って運ぶことさえできれば、上位争いに絡んできても不思議はないだろう。間隔を詰めて使われている点は気になるものの、押さえておきたい一頭だ。

△抑えはショウナンアルバ。△穴はバトルバニヤン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

初重賞制覇,アドマイヤスバル


1600メートルで行われた過去9回、連対馬は3-1、1-8、1-3、3-4、9-1、1-7、6-12、7-8、3-1番人気の組み合わせで決着した。1番人気は6連対、3番人気が4連対と上位人気が半数以上の11頭を占める一方で、6番人気以下からも7頭が連に絡んでいる。
馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…1回
2000円台…1回
4000円台…2回
7000円台…1回
万 馬 券……1回
3けたから万馬券まで配当が幅広く、傾向はつかみづらい。
連対馬の前走は重賞組14頭、オープン特別組1頭、1600万下組2頭、1000万下組1頭。重賞組はそこで1-14着だったが、オープン特別組以下の4頭は全馬1着。前哨戦で勝っていることが連対条件になる。
路線別は鳴尾記念組5連対、マイルCS組3連対の順。しかし、前々走を見ると7頭がマイルCSに出走、これを直行組の3頭に加えると計10連対で、鳴尾記念組の5連対を大きく上回る。マイルの頂点レースでもまれた馬からは目が離せない。
出走間隔は連闘3頭、中1-3週9頭、1-2カ月6頭。連闘での出走に問題はないが、休養馬の連対は見られない。
年齢別は4-8歳上馬が7、5、4、1、1連対。成長期にある明け4歳馬の活躍が目立っている。なお、優勝馬は4歳馬4頭、5歳3頭、6歳2頭。勝ち馬が6歳以下に限られることを含めると、7歳以上の高齢馬は狙いづらい。
トップハンデ馬は13頭が出走して、2勝、3着1回。ハンデ頭は苦戦中で、目下02年の1着を最後に6年間は馬券対象となっていない。
牡馬は120頭が出走して16連対(14%)。牝馬は23頭で2連対(9%)と苦戦している。


◎……アドマイヤスバルは初芝のマイルCSで一線級のマイラー相手に2馬身半差。ダッシュがつかず後方からとなったが、マルカシェンクとは頭差の7着と適性の高さを証明した。ダートなら好位で立ち回れるスピード馬。慣れの見込める今回は初重賞制覇のチャンスだ。

○……アドマイヤオーラは昨年このレース2着で、重賞3勝の実力馬。6カ月ぶりとなるが、同じ休養明けで臨んだ一昨年の鳴尾記念がハナ+クビ差の3着だった。鉄砲駆けに不安はなく、トップハンデでも2番手の評価とした。

▲……マルンシェンクはマイルCSで4コーナー17番手から鋭く追い込んで6着。上位1、2着馬と互角の上がりで、叩き2戦目の変わり身を見せた。昨夏の関屋記念を32秒3の決め手で差し切り勝ち。瞬発力勝負になりやすい京都外回りコースはぴったり。

△1……阪神Cのファリダットはマルカフェニックスを捕らえきれず2着と敗れたが、タイム差はわずかに0秒1。ベストは1200-1400メートルだろうが、マイルでも1勝を挙げている。末脚勝負に持ち込めれば上位争いに浮上する。

△2……ショウナンアルバは休養明けを2度使われて今回は万全の仕上がり。2戦はいずれも強敵相手のマイルG3、G1で、タイム差は0秒3と0秒6だった。前走から1キロ減の55キロなら軽視できない。

△3……タマモサポートは前走のキャピタルSで後続を2馬身半突き放す圧勝。折り合いに苦労するタイプでアテにできないが、久々の関屋記念でマルカシェンクと2馬身半差。脚をためるレースができれば上位争いに食い込める。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤオーラ  
1 2 マルカシェンク
2 3 ヤマニンエマイユ      
2 4 コンゴウリキシオー        
3 5 ファリダット
3 6 シンボリグラン      
4 7 ショウナンアルバ    
4 8 タマモサポート    
5 9 シゲルフセルト        
5 10 アドマイヤスバル    
6 11 ブライトトゥモロー        
6 12 ナスノストローク        
7 13 バトルバニヤン      
7 14 ホッコーソレソレー        
8 15 エーシンフォワード        
8 16 ヴィクトリー        

買い目

大多2=1 2=5 2-7 2-13 1=5
綾恵1=5 1=2 1-6 1-10 5=2
山田3=2 3=5 3=8 2=5 2=8 5=8
たま10=1 10=2 10=5 10=7 10=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。