IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2009年3月29日(日)

11R

2009年3月29日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第39回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 |

予想

◎本命はスリープレスナイト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.07.5

芝・ダートを問わないタイプで、1200Mの戦績が(9・1・0・0)という生粋のスプリンター。昨春にオープン特別を連勝すると、芝替わりのCBC賞(G3)から北九州記念(G3)、更にはスプリンターズS(G1)までも制し、一気にスプリント戦線の頂点に立ってしまった。その後は一頓挫あって海外遠征は断念したものの、乗り込みは十分になされており、坂路では51秒8の好時計をマーク。約半年ぶりで万全の状態とまでは言えないが、ここはG1馬の地力を信頼したい。

○対抗はビービーガルダン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.08.0

前走の阪急杯(G3)は2番手に控えて運ぶと、逃げるローレルゲレイロをキッチリと競り落として快勝。京阪杯(G3)の敗戦で人気を落としていたが、スプリンターズS(G1)3着馬の底力を改めて証明する一戦だった。久々を叩かれたことによって更に気配が上向き、最終追い切りでも上々の動きを披露。それほど速い時計を持っているわけではないが、展開次第では一発があってもいいだろう。

▲単穴はキンシャサノキセキ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.07.1

重賞勝ちは函館スプリントS(G3)のみだが、昨年の高松宮記念(G1)、スプリンターズS(G1)で2着しており、短距離路線ではトップクラスの力を持った一頭。前走のオーシャンS(G3)は10着に敗れたが、これは久々で太め残りだったことに加え、道悪が影響してのもの。それでも勝ち馬からは0秒3差なのだから、それほど悲観することもないだろう。ひと叩きされた今回は、ガラリ一変が期待できそうだ。

△抑えはローレルゲレイロ。△穴はファリダット。


今週のワンポイントアドバイス

悲願のG1制覇,ローレルゲレイロ


春のスプリント王決定戦。今年もフルゲートの18頭の激戦となった。

3月に行われた過去9回、1-3番人気は計10連対とほめられた成績ではないが、人気薄馬の連対も6、8、13番人気の3頭と少ない。

馬連配当は人気馬同士の決着で3けた配当が2回。一方で、8、13番人気が2着に食い込んで、1万6330円と4万250円の万馬券が出ている。

00年の勝ち馬・キングヘイローを除く連対馬17頭の前走は芝で、距離は1200M11頭、1400M3頭、1600M3頭、1800M1頭。芝1200-1400Mの短距離から出走した馬が好成績を残している。

路線別は阪急杯組が11連対と好調で、目下9年連続で連対中。なお、その時の成績は2、2、1、9、2、1、4、1、3、3、5着。11頭中8頭は前走で馬券対象の3着に好走し、掲示板を外して巻き返したのは03年のビリーヴ1頭だけだった。

年齢別は4-8歳上馬が42、43、41、21、14頭出走して、3、10、4、1、0連対。また、それぞれの連対率は7、23、10、5、0%。5歳馬の活躍が目覚しく、8歳以上の高齢馬は苦戦している。

所属別は関東馬が57頭出走して5連対(連対率9%)、関西馬は100頭で13連対(同13%)。02年までは大活躍していた関東馬だが、その後5年は関西馬が1、2着を独占し、連に絡んだのは昨年のキンシャサノキセキ(2着)1頭だけ。近年は関西馬が圧倒的な強さを見せている。


◎…連覇を狙った前走の阪急杯でローレルゲレイロは逃げて2着。直線半ばで勝ち馬にかわされたが、最後までしぶとく食い下がり、ひところのスランプから完全に脱したようだ。強力な同型馬不在。1200Mへの距離短縮で、悲願のG1制覇を果たす。

○…相手は前走で阪急杯を制して勢いに乗るビービーガルダン。昨年秋より力をつけており、極端に時計の速い決着にならなければ逆転のチャンスは十分ある。

▲…ソルジャーズソングは、前走のオーシャンSの勝ち馬・アーバニティと0秒1差の4着。最内と外から追い込んだコース取りの差を考えれば、勝ちに等しい内容だった。馬群をさばき切れば上位争いになる。

△1…ファリダットの母ビリーヴは03年の優勝馬。前走の阪急杯は折り合いを欠いて末脚を生かし切れなかったが、昨秋の京阪杯では32秒6の上がりで2着を確保した。素質は高く、母子制覇の快挙も期待できる。

△2…キンシャサノキセキはスプリンターズS2着から臨んだ前走オーシャンSは10着。久々、道悪と悪条件が重なり1番人気を裏切ったが、1200M戦は(2・2・2・1)と得意。昨年2着の実績からも侮れない。

△3…ここ2戦でアーバニティは韓国馬事会杯、オーシャンSと連勝。6ハロン戦ではまだ底を見せていない。初のG1挑戦だけに時計勝負となったときの不安はあるが、上がり馬の勢いで頂点に上り詰めても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コスモベル        
1 2 ソルジャーズソング      
2 3 アポロドルチェ        
2 4 スリープレスナイト  
3 5 トウショウカレッジ        
3 6 ウエスタンダンサー        
4 7 アーバンストリート        
4 8 ファリダット    
5 9 キンシャサノキセキ  
5 10 ファイングレイン      
6 11 アイルラヴァゲイン        
6 12 ヘイローフジ        
7 13 ローレルゲレイロ
7 14 ドラゴンファング        
7 15 アーバニティ    
8 16 ビービーガルダン
8 17 スプリングソング        
8 18 ジョイフルハート        

買い目

大多4=16 4=9 4-8 4-13 16=9
綾恵9=4 9=13 9-10 9-16 4=13
山田4=16 4=13 4=15 16=13 16=15 13=15
たま13=16 13=2 13=8 13=9 13=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。