2009年4月19日(日)

11R

2009年4月19日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第69回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はロジユニヴァース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.7

デビュー戦を快勝すると、2戦目の札幌2歳S(G3)で重賞制覇。次走のラジオNIKKEI杯(G3)では一番人気のリーチザクラウンを破り、一躍クラシック戦線の最有力候補となった。その後ひと息入ったものの、今年の始動戦・弥生賞(G2)を楽々と逃げ切って好調をアピール。重賞3連勝を含む4戦無敗の戦績には文句の付けようがなく、前走が楽な競馬だったため疲労を心配する必要もない。どんな展開でも力を発揮できるセンスの良さが最大の持ち味で、無敗のままタイトルを手中に収める公算大とみる。

○対抗はアンライバルド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.2

リーチザクラウン、ブエナビスタといった強豪を負かしてデビュー戦を勝ち上がった素質馬。2走目の京都2歳S(OP)こそ折り合いを欠いて力を出し切れなかったものの、次走の若駒S(OP)では後続に3馬身半差を付け、改めて能力の高さを見せ付けた。その後はスプリングS(G2)を豪快に差し切り、打倒ロジユニヴァースに名乗り。気性面の問題が完全に解消されたわけではないだろうが、最も展開利を生かせそうな脚質だけに、一気の差し切りがあっても決して驚けないだろう。

▲単穴はリーチザクラウン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.4

デビュー2戦目で大差勝ちを収めると、次走の千両賞(500万下)も勝って2連勝。ラジオNIKKEI杯(G3)ではロジユニヴァースの2着に敗れたが、次走のきさらぎ賞(G3)をアッサリと逃げ切って重賞制覇を達成した。ここまで3勝2着2回と連対を外したことがなく、自分でレースを作っていけることが強み。こちらも折り合い面に課題は残すが、ペースを握って運べるようなら逆転の可能性も。

△抑えはフィフスペトル。△穴はベストメンバー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

大外枠歓迎,リーチザクラウン


過去10年、1-3番人気は5、2、1連対。1番人気は連対率5割でまずまずの成績だが、2、3番人気が大不振で、6番人気以下から11頭が連に絡んでいる。馬連配当は3けた決着が3回ある一方で、万馬券も4回飛び出している。堅いか荒れるかの両極端の傾向を見せている。

連対馬20頭はすべて芝からの出走で、距離は1600M1頭、1800M8頭、2000M11頭。マイルから臨戦した馬は苦戦している。

路線別はスプリングS組8連対、弥生賞組7連対、若葉S組3連対、毎日杯組とアーリントンC組が各1連対の順。なお、上位3路線はトライアルレース。トライアル戦をたたいて本番を迎えるのが、理想のローテーションとなっている。

連対馬20頭のキャリアは3-9戦で、それぞれ4、2、4、3、4、2、1連対。キャリア1、2戦馬や10戦以上の馬は連に絡んでいない。

勝利数別では1-4勝以上馬が20、95、48、16頭出走して、3、8、4、5連対。連対率は15、8、8、31%。「優勝劣敗」の競争原理の中では、勝率が高くなるほど連対率も上昇するのが自然だが、ここでは1勝馬も活躍している。

関東馬は61頭が出走して5連対(連対率8%)、関西馬が117頭で14連対(同12%)。連対数、率で関西馬が関東馬を圧倒している。なお、地方所属馬では北海道競馬のコスモバルク(04年)が2着に入線しているが、今年は地方馬の参戦はない。


◎…リーチザクラウンはここまで5戦して、3勝2着2回。新馬とラジオNIKKEI杯2歳Sで、アンライバルドとロジユニヴァースに敗れたが、新馬では差す形に持ち込んで0秒2差。ラジオNIKKEI杯2歳Sでは4馬身離されたが、鞍上の武豊騎手が右腕の骨折明けで本調子でなかった。前走・きさらぎ賞で2着以下を3馬身半ちぎったように、力を出し切れば能力は互角以上。2連続開催の最終日で荒れた馬場を考えれば、大外18番枠も大歓迎だ。

○…フィフスペトルは前走スプリングSで0秒2差の3着。道中馬込みに包まれていたが、直線では勝ったアンライバルドと同じ34秒5の上がりで外から伸びた。スムーズな競馬で巻き返しを狙う。

▲…ロジユニヴァースは新馬から4連勝で、現在、重賞3連勝中。実績はナンバーワンで、完成度でも一歩抜けている。無敗のクラシックホース誕生も十分あるが、荒れたラチ沿いを走らざるを得ない最内1番枠は大きなマイナス。馬券的な妙味からも3番手評価とした。

△1…アンライバルドはスプリングSで前半かかったように、いかに折り合うかが大きなポイント。ライバルを内に見ながらレースを運べる有利さを生かし切れば、重賞連覇も可能だ。

△2…セイウンワンダーは前走の弥生賞で0秒9差の8着。掲示板を外した敗因は馬体12キロ増に尽きる。昨年の2歳チャンピオン。一度使った上積みが見込め、馬体がしぼれれば反撃があっても当然だ。

△3…モエレエキスパートは前走の弥生賞で3着。中央転厩2戦目だったが、好位でしぶとく粘った。騎乗する三浦騎手が勝てば武豊騎手のG1最年少記録を約3カ月更新。騎手の勢いが追い風になれば、あっといわれるシーンがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ロジユニヴァース
1 2 リクエストソング      
2 3 サトノロマネ        
2 4 トライアンフマーチ        
3 5 ミッキーペトラ        
3 6 ベストメンバー      
4 7 ナカヤマフェスタ        
4 8 メイショウドンタク        
5 9 イグゼキュティヴ        
5 10 ゴールデンチケット        
6 11 アーリーロブスト        
6 12 フィフスペトル  
7 13 モエレエキスパート      
7 14 アントニオバローズ        
7 15 セイウンワンダー  
8 16 アンライバルド
8 17 シェーンヴァルト        
8 18 リーチザクラウン  

買い目

大多1=16 1=18 1-6 1-12 16=18
綾恵16=1 16=18 16-2 16-15 1=18
山田1=16 1=12 1=15 16=12 16=15 12=15
たま18=12 18=1 18=13 18=15 18=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。