2009年1月18日(日)

11R

2009年1月18日(日) | 1回中山6日 | 15:35発走

第49回京成杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

予想

◎本命はナカヤマフェスタ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

東京スポーツ杯2歳S(G3)を制し、デビューから2連勝。9番人気の伏兵だったが、スローペースにうまく折り合い、ブレイクランアウト(のちに朝日杯FSで3着)との激しい叩き合いを制した能力は、間違いなく本物だ。前走後は当レース1本に絞って調整されており、今週の追い切りではポリトラックコースで5ハロン62秒、終い11秒台と抜群の動き。デキは前走をはるかに凌ぐだけに、無傷の3連勝の可能性は十分にある。

○対抗はトゥリオンファーレ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.6

素質馬の集まったラジオNIKKEI杯(G3)で3着に善戦。勝ち馬のロジユニヴァースには水を開けられたが、時計のかかる馬場を考慮すればマークした時計は優秀なものだった。血統背景も優れており、半兄は高松宮記念(G1)を制したオレハマッテルゼ。父がスペシャルウィークに変わったことで、距離に融通性が出た。前走と比較すれば、相手関係も楽になった印象。ナカヤマフェスタより斤量が1キロ軽いことも踏まえれば、当馬も争覇圏に入ってくる。

▲単穴はサトノエクスプレス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

阪神遠征した前走(500万下)で0秒2差の2着。ミクロコスモス(阪神JFで3着)には先着を許したものの、デビュー2戦目だったことを考えれば健闘といえる内容だった。好位で流れに乗れる器用さがあるので、小回りの中山コースに舞台が替わる点は好材料。気性も素直なことから、2000Mへの距離延長にも対応できるはず。西高東低の競馬が続く昨今だが、当レースでは近5年、東4勝:西1勝で関東馬にも大いに出番がある。重賞でも押さえておきたい一頭だ。

△抑えはケニアブラック。△穴はセイクリッドバレー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞初制覇の好機,アーリーロブスト


皐月賞と同じ舞台(中山2000M)で行われる。過去10年で優勝馬は出ていないが、2着に3頭を輩出。春の牡馬クラシックにつながる重要な一戦となっている(02年は東京開催で、1着は同着)。

1-3番人気は6、5、3連対と好調で、6番人気以下からは9、12番人の2頭が連に絡んだだけ。馬連配当は伏兵馬が2着に食い込んだ00年と昨年に5410円、8380円の高配当となったが、8回は2000円以下。キャリアの浅い若駒による重賞でも、ここまでは平穏に収まっている。


連対馬の前走は重賞組8頭、オープン特別組3頭、500万下組4頭、新馬・未勝利組5頭。前走着順は、重賞組なら5着以内、オープン特別組なら3着以内、それ以外は1着。例外は00年ののマイネルビンテージ(500万下2着)と昨年のベンチャーナイン(東京スポーツ杯2歳S6着)の2頭。前走で大敗した馬の連対は見られない。

路線別はラジオNIKKEI杯2歳S(旧ラジオたんぱ杯3歳S)組が4連対で、朝日杯FS組とホープフルS組が3連対で続く。しかし、先に述べたように500万下や新馬、未勝利からの連対馬も多く、格を気にする必要はなさそうだ。


◎…アーリーロブストはクビ差でデビュー勝ちを逃したが、未勝利を好位4番手から差し切り。続く、エリカ賞は逃げ切った。2戦はいずれも後続を3馬身ちぎっての圧勝。自在に立ち回れるレースぶりは、小回りの中山コースにぴったり。重賞初制覇で春のクラシックに弾みをつける。

○…ナカヤマフェスタは評判馬ぞろいの新馬戦を快勝し、東京スポーツ杯2歳Sと連勝した。2戦はいずれもクビだったが、若駒ばなれしたレースぶりで奥の深さを感じさせた。急坂の中山コースでも、折り合えばあっさり3連勝も可能だ。

▲…前走のサトノエクスプレスはゴール前でミクロコスモス(阪神JF3着)強襲に合い2着。2番手追走から一旦先頭に立ったが、前走は相手が強すぎた。初距離になるが中山の内回りなら互角に立ち回れる。

△1…セイクリッドバレーはここ2戦で2、3着。あとひと押しが利かずに勝ち切れずにいるが、前走のレース内容は悪くはなかった。ゲートの不安もなくなり、流れに乗れば上位争いに浮上する。

△2…前走のトゥリオンファーレは、未勝利勝ちから挑戦したラジオNIKKEI杯2歳Sで3着。差し切りはかなわなかったが、持ち時計を大幅に詰めて2着とは0秒2差だった。まだ仕上がり途上だが、良血馬だけに目が離せない。

△3…モンテトウルヌソルは2戦目で未勝利勝ち。芝2000Mの走破時計は目立たないが、2戦のラスト3ハロンが33秒1、33秒6と速い。実績では見劣るが、混戦になれば侮れない存在だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ファインビスティー        
2 2 ナカヤマフェスタ
3 3 ケニアブラック      
4 4 サクラルーラー        
4 5 サンライズキール        
5 6 アーリーロブスト  
5 7 トゥリオンファーレ
6 8 フサイチナガラガワ      
6 9 ハイローラー        
7 10 モンテトウルヌソル    
7 11 モエレビクトリー        
8 12 サトノエクスプレス    
8 13 セイクリッドバレー  

買い目

大多2=7 2=12 2-3 2-13 7=12
綾恵2=10 2=6 2-7 2-8 10=6
山田13=7 13=2 13=6 7=2 7=6 2=6
たま6=2 6=12 6=7 6=10 6=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。