2009年11月1日(日)

11R

2009年11月1日(日) | 4回東京8日 | 15:40発走

第140回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

予想

◎本命はウオッカ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.2

秋の始動戦・毎日王冠(G2)は逃げる競馬で2着まで。マイペースで運べていただけに不満も残るが、これは終い33秒0で突き抜けた勝ち馬を褒めるべきだろう。毎日王冠2着からの参戦は、レコード勝ちを決めた昨年と同じローテーション。キッチリと脚をタメることさえできれば、G1を6度制した末脚が黙ってはいまい。今週の追い切りでも抜群の動きを見せているため、牝馬初の連覇へ向け、視界は良好とみてよさそうだ。

○対抗はドリームジャーニー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.9

今年の宝塚記念(G1)を制した春のグランプリホース。前走のオールカマー(G2)はスローで逃げたマツリダゴッホに及ばなかったが、59キロを背負って2着まで追い込んでくるあたり、さすがはG1・2勝馬といったところか。良績が右回りコースに集中している点は気に掛かるものの、本格化した今ならそれほど苦にすることはないはず。斤量が1キロ軽くなることは歓迎なため、逆転の可能性まで考えておきたい。

▲単穴はカンパニー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.2

こちらは前走の毎日王冠(G2)でウオッカを差し切って重賞7勝目。いまだG1無冠の身だが、昨年の当レースでタイム差無しの4着に入るなど、現役トップクラスの存在であることは間違いないだろう。6勝の実績を持つ1800Mがベストとはいえ、前走の勝ちっぷりを見る限り、8歳にしてますます凄味を増してきた印象。こちらも展開ひとつでタイトルに手が届く。

△抑えはシンゲン。△穴はサクラメガワンダー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1奪取の好機,シンゲン


過去10年、1番人気は7連対とその重責に応えているが、2、3番人気は3、1連対と不調。代わりに7番人気以下から5頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は3けた〜2000円台5回、4000円台2回、8000円台1回、万馬券2回。高配当は3回で、一見すると波乱度は低いように見えるが、過去5回の3連単は、3着に9、13、2、6、3番人気が入線して、20万7930円、122万6130円、6万460円、18万3380円、3250円。昨年こそ4けた配当だったが、伏兵馬の台頭する余地は十分にある。

前走成績は1〜5着馬の9、6、0、2、1頭と6、7着馬の各1頭。連対馬20頭中15頭は前走でも連に絡んでいた好調馬で、掲示板を外して巻き返したのはわずか2頭だけ。

路線別は6連対の京都大賞典組がトップで、3連対で宝塚記念組と毎日王冠組が並び、これを2連対のオールカマー組が追う展開になっている。なお、最多連対の京都大賞典組は7、6、1、1、1、2着からの臨戦だった。

東京の芝2000Mはスタートすると直ぐにカーブを迎えるトリッキーなコース。「外枠より内枠有利」といわれているが、馬番別の連対頭数を見ると、内の1〜9番からは90頭が出走して11連対、外の10〜18番は77頭で9連対。出走頭数を考慮すれば外枠が互角以上に健闘している。なお、枠別では内の1〜4枠が3、1、1、3連対で、外の5〜8枠が4、0、6、2連対となっている。


◎…シンゲンは年明けの白富士S、新潟大賞典、エプソムCと3連勝した。中でも新潟大賞典の勝利は、走破時計、勝ちっぷりとも文句のない圧勝劇だった。前走のオールカマーは3着に敗れたが、重賞2勝はいずれも左回りで、東京コースは8戦6勝の舞台。しかも、今回はたたき2戦目の走りごろ。念願のG1奪取へすべての条件が整った。

○…春のグランプリ馬ドリームジャーニーは秋初戦のオールカマーで2着。マツリダゴッホが後続をちぎるスローの流れと、59キロの斤量で能力を出し切れなかった。東京で連対の実績はないが、本格化前のデータともいえる。G1レース2勝馬の底力を警戒したい。

▲…オウケンブルースリは京都大賞典で59キロを背負って1着。先行2頭が引っ張ったとはいえ、大外から豪快に差し切った。まだ4歳馬で上がり目は十分。未勝利勝ち以来の2000Mでも好勝負になる。

△1…ウオッカはG1レース6勝中4勝を1600Mで挙げている。2400Mのダービー、2000Mの天皇賞(秋)も勝っているが、本質的にはマイラーで、ラスト200Mで伸びを欠いた前走の毎日王冠がそれを証明している。能力で押し切ることも考えられるが、昨年ほどの信頼度を感じず、連下の評価とした。

△2…前走のオールカマー勝ちでマツリダゴッホはスランプを完全に脱出した。左回りに勝利はないが、走ったのはわずか4回。その中にジャパンC4着(0秒2差)があれば、回りは関係ないはず。グランプリホースの地力は軽視できない。

△3…スクリーンヒーローは昨秋、アルゼンチン共和国杯、ジャパンCと連勝して一気に古馬の頂点に立った。今回は宝塚記念5着からのぶっつけになるが、東京コースとの相性は良く、鉄砲にも実績がある。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コスモバルク        
1 2 スクリーンヒーロー      
2 3 カンパニー  
2 4 アドマイヤフジ        
3 5 ヤマニンキングリー        
3 6 アサクサキングス        
4 7 ウオッカ
4 8 キャプテントゥーレ        
5 9 サクラオリオン        
5 10 シンゲン
6 11 スマイルジャック        
6 12 ドリームジャーニー    
7 13 マツリダゴッホ      
7 14 サクラメガワンダー      
7 15 オウケンブルースリ    
8 16 ホッコーパドゥシャ      
8 17 エイシンデピュティ        
8 18 エアシェイディ      

買い目

大多7=12 7=3 7-10 7-14 12=3
綾恵7=15 7=10 7-3 7-18 15=10
山田3=10 3=7 3=16 10=7 10=16 7=16
たま10=12 10=15 10=2 10=7 10=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。