競馬 - 東京優駿 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2009年5月31日(日)

10R

2009年5月31日(日) | 3回東京4日 | 15:40発走

第76回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:曇 | 馬場:不良 | サラ系3歳 | オープン 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

予想

◎本命はアンライバルド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー戦でブエナビスタ、リーチザクラウン相手に快勝。次走の京都2歳S(OP)こそ折り合いを欠いて3着に敗れたものの、若駒S(OP)からスプリングS(G2)を連勝すると、混戦と言われた皐月賞(G1)でも圧倒的なパフォーマンスを見せ付け、G1制覇を達成した。長く脚を使えるタイプなので初の東京コースにも不安はなく、2ハロンの距離延長を苦にすることもないだろう。追い切りでも抜群の動きを見せているため、2冠奪取に向けて視界は良好とみてよさそうだ。

○対抗はアプレザンレーヴ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.26.2

未勝利戦から500万クラスを連勝すると、出遅れがあった毎日杯(G3)でも3着に好走。1番人気に支持された青葉賞(G2)では直線で並びかけられると手前を替え、一気に後続を突き放してしまった。G1の今回はさすがに相手も強くなってくるが、ここに入っても力が見劣るようなことはなく、東京2400Mでの実績は大きな魅力。まだまだ底を見せていないこともあり、逆転候補の筆頭に挙げておきたい一頭だ。

▲単穴はトライアンフマーチ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走の皐月賞(G1)は出負けして最後方からの競馬となったが、直線でアンライバルドをも上回る切れ味を見せて2着を確保。勝ち鞍が未勝利戦のみと実績面では見劣りするものの、使われるたびにレース内容が良化しており、長く持続する末脚は魅力十分。直線の長い東京へのコース替わりもプラスとなるため、決して軽視はできない存在だろう。

△抑えはセイウンワンダー。△穴はリーチザクラウン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

単騎逃げで反撃,リーチザクラウン


過去10年、1番人気は7勝、2着2回、7着1回。連対率9割は堂々の成績で、馬連配当は10回中8回が2500円以下で堅く収まっている。しかし、一昨年は1番人気が連から消えて、3、14番人気の組み合わせで5万4470円と荒れ、昨年は2着に12番人気が食い込んで1万3270円。いずれも2けた人気が絡んで波乱となった。

路線別は皐月賞組9連対、NHKマイルC組4連対、青葉賞組と京都新聞杯組が各3連対、桜花賞組1連対の順。

1勝馬の連対は一度もなく、2勝馬も2連対と不振。連対馬の9割を占める3勝以上馬に注目したい。ちなみに、3勝馬10頭、4勝馬5頭、5勝馬3頭が連対している。

関東馬は56頭が出走して3連対(5%)。関西馬は123頭で17連対(14%)。連対数、率ともに関西馬が関東馬を大きくリードしている。

キャリアは4-10戦以上がそれぞれ3、4、7、2、1、1、2連対。連対馬の8割を占める4-7戦が理想となっている。


◎…前走の皐月賞でリーチザクラウンは2番人気を裏切って13着。大外18番枠がたたり、逃げて後続を突き放す勝ちパターンに持ち込めなかった。初めて連を外したが、2走前のきさらぎ賞では2着を3馬身半ちぎって楽勝した。今週は傷みの少ないCコース(内から6Mに仮柵を設置)。ハナを取り切れば、スピードで押し切るシーンは十分にある。

○…アプレザンレーヴは2400Mの青葉賞を完勝して、5戦3勝。出遅れて3着に敗れた毎日杯と新馬戦(4着)を除くと、3、3、1馬身4分の1差で2着以下を圧倒している。一線級との手合わせは初めてとなるが、本番と同じ舞台での勝利は大きな強みで、勢いは一番だ。

▲…NHKマイルCでジョーカプチーノはレッドスパーダを2馬身突き放して圧勝。中京ではファルコンS勝ちもあり、重賞2勝の実績を挙げている。前走で2着に破ったレッドスパーダはスプリングSでアンライバルドと半馬身差の2着。その比較から、態勢逆転Vがあっても驚けない。

△1…アンライバルドは年明けから負け知らずの3連勝。前走の皐月賞ではレコードと0秒2差の好時計で快勝した。父ネオユニヴァースの良血馬で頂点に立つ資格は十分だが、過去10年で8枠(16-18番)から連対したのは2頭だけ。大外枠は不利とみて今回は△とした。

△2…ロジユニヴァースは皐月賞で1.7倍の1番人気を裏切って14着。新馬から弥生賞まで4戦全勝のレースぶりから、前走が実力とは思えない。輸送で減った馬体10キロが戻っていれば、反撃が期待できる。

△3…2歳チャンピオンのセイウンワンダー。今年初戦の弥生賞は伸びを欠いて8着と敗れたが、前走の皐月賞で3着と復調の兆しを見せた。道悪に実績があり、他馬が苦にするようだと一気に首位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ロジユニヴァース    
1 2 アプレザンレーヴ
2 3 フィフスペトル        
2 4 トップカミング        
3 5 マッハヴェロシティ        
3 6 ケイアイライジン        
4 7 ナカヤマフェスタ        
4 8 ブレイクランアウト        
5 9 ジョーカプチーノ    
5 10 アントニオバローズ        
6 11 セイウンワンダー  
6 12 リーチザクラウン  
7 13 シェーンヴァルト        
7 14 ゴールデンチケット        
7 15 アーリーロブスト        
8 16 トライアンフマーチ    
8 17 アイアンルック        
8 18 アンライバルド

買い目

大多18=2 18=16 18-11 18-12 2=16
綾恵16=18 16=11 16-2 16-9 18=11
山田18=1 18=12 18=2 1=12 1=2 12=2
たま12=2 12=9 12=1 12=11 12=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。