IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2009年5月10日(日)

11R

2009年5月10日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第14回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

予想

◎本命はブレイクランアウト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.2

前走の共同通信杯(G3)は内々で折り合って運ぶと、直線でアッサリと抜け出して快勝。東京スポーツ杯2歳S(G3)で2着、朝日杯フューチュリティS(G1)では3着と勝ち切れなかったが、今年の始動戦でキッチリと結果を出して見せた。その後はここを目標に皐月賞を見送り、自厩舎で入念に調整。追い切りでも軽快な動きを見せているように、久々を気に病む必要はなさそうだ。決め手勝負なら世代トップクラスの破壊力を持っているだけに、ここはしっかりと連勝を決め、ダービーとの変則2冠奪取を狙いたい。

○対抗はフィフスペトル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.1

前走の皐月賞(G1)は7着に敗れたが、直線で前が開かず脚を余してしまったため、同情の余地はあるだろう。デビューから連勝で函館2歳S(G3)を制し、その後も朝日杯フューチュリティS(G1)でアタマ差の2着に入るなど、能力の高さは折り紙付き。今回の広々とした東京コースならレースがしやすく、2ハロンの距離短縮もプラスとなりそうだ。本来の力さえ出し切ることができれば、大幅な巻き返しがあって当然とみる。

▲単穴はアイアンルック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.8

1200Mで7馬身差という衝撃のデビューを飾ると、次走のアーリントンC(G3)ではメンバー最速の上がりで0秒2差の4着を確保。前走の毎日杯(G3)では序盤行きたがってエンジンのかかりが遅くなったが、ゴール前でまとめて差し切って重賞制覇を達成した。G1の今回はさすがにメンバーも強化されてくるが、キャリア3戦とまだまだ底を見せていないため、引き続き楽しみの大きな一戦となりそうだ。

△抑えはサンカルロ。△穴はレッドスパーダ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角,ティアップゴールド


過去10年、1-3番人気は4、3、2連対ではほめらる成績とはいえず、代わりに9番人気以下から5頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は1000円台4回、4000円台2回、6000円台2回、万馬券2回。3けた配当は一度もなく、すべて4けた以上で決着している。また、3連単配当を見てみると、07年に973万が出たのをはじめ、現在、3年連続で10万超の万馬券が出ている大荒れとなっている。

連対馬の前走は全馬芝で、距離は1400M1頭、1600M10頭、1800M3頭、2000M6頭。1600M以上からの臨戦が連対への条件といえる。

ステップは7連対のニュージーランドT組がトップで、毎日杯組4連対、桜花賞組と皐月賞組3連対、スプリングS組2連対と続いている。

連対馬の出走間隔をみると、20頭全馬が3月か4月に一度はレースに出走。休養明けで連対した馬はなく、3着までを対象を広げてみても馬券対象となった馬は出ていない。2月8日以来の実戦となるブレイクランアウトには、歓迎できないデータだ。

関東馬は79頭が出走して7連対(連対率9%)、関西馬が100頭で13連対(13%)。連対数、率で関西馬が関東馬を大きくリードしている。なお、地方競馬から出走したネイティヴハート(01年)は4着だった。


◎…ティアップゴールドは前走ニュージーランドTでサンカルロの2着。2馬身の差で着差は完敗した形となったが、道中外々を回ったコースロスを計算に入れると、能力差を全く感じない。2走前の勝ちタイムも同日の古馬1000万下と0秒3差と優秀で、広々とした東京コースならG1制覇も十分あるとみた。

○…アイアンルックはデビュー戦で後続を7馬身突き放して圧勝。2戦目は出遅れて4着と敗れたが、続く毎日杯では大外から強襲し、わずか3戦のキャリアで重賞を制覇した。距離短縮は好材料で、直線の長い東京も魅力だ。

▲…トライアルのニュージーランドTでサンカルロは2着を2馬身突き放して快勝した。2走前のスプリングSでは折り合いを欠いたが、マイル戦に変わって能力の高さを改めてアピールした。2勝3着1回と得意の東京コースならG1奪取も夢ではない。

△1…レッドスパーダは前走のスプリングSでアンライバルドと半馬身差。14キロ減の馬体で皐月賞を回避したが、東京のマイルは2戦2勝。しぶとい先行力とレースセンスの良さは侮れない。

△2…ミッキーパンプキンは新馬、オープン特別を連勝した素質馬。その後勝ち切れずにいるが、朝日杯FSでの6着以外は、重賞3戦で4、3、4着と掲示板を外していない。2番枠から先行力を生かせば、上位争いに食い込める。

△3…前走で共同通信杯を制したブレイクランアウトは、予定通り皐月賞をパスして出走してきた。東京スポーツ杯2歳S2着、朝日杯FS3着。実力は間違いなく世代トップ級だが、「休養明けで連対した馬はゼロ」のデータ重視から、3カ月ぶりの今回は連下の評価とした。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ゲットフルマークス        
1 2 ミッキーパンプキン      
2 3 ジョーカプチーノ        
2 4 サンカルロ    
3 5 ツクバホクトオー        
3 6 アイアンルック  
4 7 ワンカラット    
4 8 スガノメダリスト        
5 9 マイネルエルフ        
5 10 グランプリエンゼル        
6 11 ダイワプリベール        
6 12 ラインブラッド        
7 13 レッドスパーダ  
7 14 タイガーストーン        
7 15 ティアップゴールド    
8 16 ブレイクランアウト
8 17 アドバンスヘイロー        
8 18 フィフスペトル  

買い目

大多16=18 16=6 16-4 16-13 18=6
綾恵6=16 6=13 6-7 6-18 16=13
山田7=18 7=15 7=16 18=15 18=16 15=16
たま15=6 15=4 15=2 15=13 15=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。