IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2009年7月12日(日)

11R

2009年7月12日(日) | 2回福島8日 | 15:45発走

第45回七夕賞(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はシャドウゲイト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

シンガポールで国際G1を勝ってからは苦戦続きだったが、前走の金鯱賞(G2)では、サクラメガワンダーから0秒2差の2着に粘り込み、改めて能力の高さを証明。今回はトップハンデを背負っての出走となるものの、近走と比べれば相手関係は楽になっており、馬場状態を問わないことも強み。久々を2度使われて好調をキープしていることもあり、ここは久々の勝利を挙げる大きなチャンスとなりそうだ。

○対抗はミヤビランベリ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.7

前走の目黒記念(G2)は一気の距離延長だったが、直線で抜け出すと、後続を一気に突き放し、5馬身差の圧勝を収めた。昨年の当レースを勝っているため、舞台替わりに問題はなく、こちらも渋った馬場は歓迎のタイプ。ハンデは昨年よりも4キロ重くなってくるが、今の勢いなら57キロでも勝ち負けの期待は十分とみる。

▲単穴はトウショウシロッコ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.9

まだ重賞勝ちこそ無いものの、前々走のアメリカJCC(G2)では、エアシェイディからクビ差の3着に入るなど、重賞でも好走実績の豊富な実力馬。今回は休養明けでのレースとなるが、坂路では上々の動きを見せているため、それほど不安視する必要はないだろう。こちらも相手からは外せない一頭だ。

△抑えはホッコーパドゥシャ。△穴はアルコセニョーラ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

地力アップ,ミヤビランベリ


夏の福島競馬を締めくくる伝統のハンデ重賞。「サマー2000シリーズ」の第1戦で、昨年はこのレースを制したミヤビランベリが、第3代のシリーズチャンピオンに輝いた。

過去10年、連対馬は4-1、7-8、3-4、3-4、6-1、8-9、1-8、3-1、6-2、7-11人気で決まった。

馬連配当は1000-2000円台6回、4000-5000円台2回、万馬券2回。3けた配当で決着したことはないが、10回中7回は1-3番人気から必ず1頭は連に絡んでいる。

連対馬のクラス別は重賞組12頭、オープン特別組3頭、条件組5頭。20頭中19頭は芝からの臨戦で、距離は1600M3頭、1800M9頭、2000M3頭(ダート1頭を含む)、2400-3400M5頭。マイルから長距離まで幅広い距離から連対馬が出ている。

路線別はエプソムC組が5連対でトップ。これを安田記念組が3連対で追っている。

年齢別は4-8歳上馬が3、6、6、5、0連対。連対率はそれぞれ17、14、18、17、0%。8歳上馬を除く世代から幅広く連対している。

トップハンデ馬の成績は(4、7)、4、(9、13)、7、2、1、7、1、(1、4)、(6、7)着。ハンデ頭は10年で4連対だが、ここ6年で記録したもの。斤量が重いからというだけで軽視するのは危険だ。


◎…昨年の覇者ミヤビランベリを本命に推す。前走の目黒記念が強い勝ちっぷり。重巧者とはいえ、泥んこ馬場の中で2着を5馬身ちぎった。昨年の53キロから57キロに増量となるが、重賞2勝はこのメンバーでは格上の存在。パワーアップした今なら史上初の連覇達成も夢ではない。

○…ホッコーパドゥシャは前走エプソムCで9着と敗れたが、2走前の福島民報杯で2着を4馬身ちぎって快勝。好位の内で脚をため、直線でもしっかりと伸びてレコードタイムをマークした。たたき2戦目。良馬場ならあの末脚が再度さく裂する。

▲…前走・阿武隈Sでレオマイスターは3コーナー手前からまくり、長くいい脚を使って差し切った。連闘で出走するが、4勝中3勝を福島で挙げているコースの鬼。前走から3キロ減のハンデを生かせば、重賞初制覇のチャンスはある。

△1…シャドウゲイトは金鯱賞で58キロを背負って1馬身半差の2着。国際G1を勝っている力量馬が、復活の兆しを見せた。トップハンデ57.5キロは背負い慣れた斤量。2000Mに2勝の実績があり、休養明け3戦目だけに軽視できない。

△2…アルコセニョーラは福島記念を勝ち、福島牝馬S2着。開幕週の前走は、先行有利の流れで差し切れなかったが、後方から0秒4差まで迫った。追い込み一手で展開に注文は付くが、53キロの軽量は魅力だ。

△3…デストラメンテは前走、不良馬場のむらさき賞を差し切り勝ち。良馬場のスピード着決では見劣るが、開催最終週は時計のかかる荒れた馬場。準オープンを勝ち上がったばかりでも大駆けが期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミストラルクルーズ        
1 2 トウショウシロッコ      
2 3 ドリームフライト        
2 4 レオマイスター  
3 5 エリモハリアー        
3 6 カンファーベスト        
4 7 イケトップガン      
4 8 アルコセニョーラ  
5 9 シルバーブレイズ      
5 10 ナイアガラ        
6 11 デストラメンテ      
6 12 グラスボンバー        
7 13 ホッコーパドゥシャ    
7 14 ミヤビランベリ
8 15 シャドウゲイト
8 16 ワンモアチャッター        

買い目

大多15=14 15=2 15-8 15-13 14=2
綾恵14=15 14=8 14-4 14-9 15=8
山田15=14 15=4 15=7 14=4 14=7 4=7
たま14=4 14=13 14=8 14=11 14=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。