2008年6月29日(日)

10R

2008年6月29日(日) | 3回阪神4日 | 15:40発走

第49回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:小雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

予想

◎本命はメイショウサムソン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.12.5

天皇賞・春(G1)では、アドマイヤジュピタと激しいつばぜり合いの演じて2着に入り、復調をアピール。昨秋のジャパンC(G1)から3連敗を喫したものの、休み明けを叩かれてコンディションは明らかに良化している。この中間の追い切りでは、栗東DWコースで6ハロン76秒台という圧巻の動きを披露。昨年の天皇賞・春(1着)や当レース(アドマイヤムーンの2着)で好走した際も同様の時計をマークしていたことから、いよいよ全開モードと見てよさそうだ。06年ダービーほかG1レースで4勝を挙げた実績はダントツ。格の違いを見せつけたいところだ。

○対抗はアルナスライン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.15.0

骨折明けわずか2戦目の菊花賞(G1)で勝ち馬のアサクサキングスにアタマ差の2着まで迫った素質馬。前走の目黒記念(G2)では、ホクトスルタンにうまく逃げ切れたが、2キロのハンデ差を考えれば、クビ差2着は負けて強しの内容だった。まだ完全に底を見せていない点は、歴戦の実績馬が相手でも不気味。故障が治って順調に使えるようになった今なら、初重賞勝利がG1でも決して驚けない。

▲単穴はエイシンデピュティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

大阪杯(G2)でメイショウサムソン、アサクサキングスなどのG1馬に先着して2着。続く金鯱賞(G2)では、ハナを切る積極策でしぶとく押し切り、重賞3勝目をマークした。まだG1での良績はないものの、破ってきた相手を考えれば、決して侮れない存在。再度、楽に先行できるメンバー構成、阪神との好相性(2・3・1・1)を考慮すれば、やや懸念のある距離延長も克服できるはず。相手には押さえておきたい。

△抑えはアドマイヤオーラ。△穴はサクラメガワンダー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

たたき2戦目で一変,アドマイヤオーラ


ファン投票によって出走馬が選出される上半期のドリームレース。第1位のウオッカや天皇賞(春)を制したアドマイヤジュピターが出走しないのはさみしいが、多士済々な14頭が顔をそろえた。

過去10年、1番人気は7連対と人気に応えているが、2、3番人気が3、2連対と不振。代わりに6番人気と8-11番人気からそれぞれ3、4頭が連対している。

馬連配当は3けた-1000円台7回、4000円台1回、万馬券2回。全体としては平穏に収まっているが、1番人気が消えた03年と05年に万馬券が出ている。

ステップはG1組14頭とG2組6頭。路線別は天皇賞(春)組が10連対、金鯱賞組5連対、安田記念組3連対、目黒記念組とクイーンエリザベス2S組各1頭。好走パターンは上位3路線に絞られる。

前走成績は1着馬10頭、2着馬5頭、3着馬3頭と5、12着馬各1頭。連対馬の90%は前走でも馬券対象となっていた。

年齢別は3-8歳上馬がそれぞれ0、14、4、0、2、0連対。連対率は4歳馬32%、7歳馬14%、5歳馬9%の順。連対数、率で4歳馬が他世代を大きくリードしている。

関東馬は29頭が出走して1連対、関西馬が105頭で19連対。関西馬が関東馬を圧倒している。


◎…アドマイヤオーラは金鯱賞で1番人気を裏切って6着。ドバイ遠征帰りで調整が難しかった。もともと皐月賞4着、ダービー3着の実績馬。前走の敗戦で人気を落としているが、たたき2戦目で一変すれば、G1制覇のチャンスは十分ある。

○…前走の天皇賞・春でメイショウサムソンは、直線で差し返して頭差の2着。G1レース4勝馬が久しぶりに勝負強さを見せた。実績で大きくリードしているが、気になるのは前走のし烈なたたき合い。激走の疲れが出なければいいが……。

▲…アドマイヤフジは、ここ2走で6、5着に敗退。長距離戦だと途中から一気にペースが上がり、勝負どころでどうしても置かれてしまう。決め手勝負だと分が悪いが、ジワジワと伸びる中距離戦なら出番はある。

△1…前走の天皇賞・春でアサクサキングスは、1番人気に推されたが0秒4差の3着。自分から動いての結果で、負けて強しの印象を残した。長距離がベストだが、2200Mでも好勝負になりそうだ。

△2…ロックドゥカンブは昨年の菊花賞で3着。南半球産の遅生まれでキャリア不足を心配したが、不安をよそにワイド圏を確保した。続く、暮れの有馬記念でも初の古馬相手に4着と健闘。1キロの斤量差を生かせば、首位争いになる。

△3…アルナスラインはメトロポリタンSを6馬身差で圧勝。菊花賞2着以来、6カ月ぶりのレースで底力をアピールした。前走の目黒記念は、勝ち馬と2キロ差のハンデで差し切れなかったが、デキは今がピーク。このメンバーでもヒケは取らない勢いがある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 インティライミ        
2 2 メイショウサムソン
3 3 フォルテベリーニ        
3 4 アルナスライン
4 5 サクラメガワンダー      
4 6 アドマイヤオーラ    
5 7 アドマイヤフジ      
5 8 ロックドゥカンブ  
6 9 エイシンデピュティ  
6 10 ドリームパスポート        
7 11 アサクサキングス    
7 12 カンパニー        
8 13 アサカディフィート        
8 14 エアシェイディ        

買い目

大多2=4 2=9 2-5 2-6 4=9
綾恵9=2 9=8 9-4 9-11 2=8
山田8=4 8=9 8=2 4=9 4=2 9=2
たま6=2 6=7 6=4 6=8 6=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。