IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年11月16日(日)

11R

2008年11月16日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第33回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はカワカミプリンセス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.11.4

長期休養明けの金鯱賞(G2)でエイシンデピュティから小差の3着に入ると、また少し間隔の空いた前走・府中牝馬S(G3)でも半馬身差の2着を確保。降着になったとはいえ、一昨年の当レースでは1位入線の実績があるのだから、牝馬同士なら断然の力を持つことは間違いないだろう。太め残りを叩かれて馬体も大幅に良化しているため、ここは中心視して当然の存在だ。

○対抗はベッラレイア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.15.2

こちらも前走の府中牝馬S(G3)は休養明けだったが、カワカミプリンセスから0秒2差の3着に入り、復活をアピール。上がりは勝ち馬に次ぐ33秒3をマークしており、ようやく良い頃の状態に戻ってきた印象だ。もともとはクラシック戦線で、ダイワスカーレット、ウオッカとも差のない競馬をしていた素質馬。強烈な決め手が最大の武器で、前が崩れるような展開となれば、一気の差し切りも十分に可能とみる。

▲単穴はポルトフィーノ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

秋華賞は賞金不足で除外となったものの、同日に行われた清水S(準OP)は、後方からキッチリと伸びて快勝。控える競馬は始めてだったが、折り合い面に進境を見せる好内容だった。今回は一気の距離延長、相手強化と楽ではないだろうが、ようやく出走の叶ったG1の舞台で、一発を期待できるだけの力は秘めている。

△抑えはムードインディゴ。△穴はエフティマイア。


今週のワンポイントアドバイス

2強不在で,ベッラレイアV


今年の牝馬ナンバーワン決定戦。“女傑”といわれているウオッカとダイワスカーレットの参戦がないのは残念だが、なかなかの好メーバーがそろった。

過去10年、連対馬は2-5、2-7、3-1、4-2、1-2、2-1、2-5、2-5、7-2、1-3番人気の組み合わせで決まった。

1番人気は4連対、3番人が2連対と不振だが、それを2番人気が8連対でカバーしている。

馬連配当は3けた-2000円台6回、3000円-5000円台4回。極端な人気薄の台頭はなく、ここまで万馬券は出ていない。しかし、過去4回の3連単配当は5万3750円、1万7500円、9万2970円、6290円。昨年こそ4けた配当で堅く収まったが、一昨年まではすべて万馬券で決着。波乱を視野に入れた馬券検討が必要だ。

ステップは秋華賞組7連対、府中牝馬S組6連対、天皇賞(秋)組3連対の順。なお、最多連対の秋華賞組は5、2、1、2、1、3、1着から本番で連対を果たしている。

また、重賞実績を見てみると、連対馬20頭中16頭が桜花賞、オークス、秋華賞の1、2着馬。3歳G1戦線で活躍した馬が連対の8割を占めている。今年はエフティマイア、カワカミプリンセス、ベッラレイア、ムードインディゴ、レインダンス、レジネッタの6頭がこの条件を満たしている。なお、該当しない4頭は古馬の重賞で2勝以上を挙げていた。人気を集めそうなポルトフィーノと外国馬トレラビットは上記2条件をクリアーできず、データからは苦戦しそうだ。


◎…ベッラレイアは府中牝馬Sで上がり33秒3の末脚で3着。上位2頭には及ばなかったが、4カ月ぶりを感じさせない鋭い決め手を発揮した。昨年のオークスでは1番人気に支持されながらハナ差の2着。同期のダイワスカーレット、ウオッカと好勝負をしていた。2強不在なら女王の座を射止めるチャンス。

○…相手はムードインディゴ。秋の2戦は追い込んでいずれも2着だが、ローズSが道悪で、前走の秋華賞は良馬場。馬場状態に左右されないのは大きな強み。距離延長、直線の長い外回りも望むところだ。

▲…カワカミプリンセスは一昨年、このレースで1着から12着に降着となったが、それまでは圧倒的な強さで牝馬の頂点に立っていた。前走の府中牝馬Sでは勝ち切れなかったが、半馬身差の2着に入り、復調をアピールした。すんなりと勝ち上がっても驚けない。

△1…エフティマイアは桜花賞、オークスとも2着。あとひと押しが利かずにタイトルを奪取できずにいるが、3歳世代でトップ級の破壊力を秘めている。古馬相手でも展開ひとつで勝ち負けできるポジションにいる。

△2…前走の秋華賞でレジネッタは先行馬を見ながらの理想的な競馬。この馬の勝ちパターンに持ち込んで追い出したが、いつもの伸びが見られずに8着に敗れた。今年の桜花賞馬で、オークスでも3着。3歳世代トップの末脚を秘めている。

△3…アルコセニョーラは2走前に長くいい脚を使って新潟記念を快勝した。前走の府中牝馬Sでは決め手を生かし切れず8着に敗れたが、着差は0秒5。着順ほど大きく離されてはいない。道中で脚をタメられれば大駆けがある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レインダンス      
1 2 レッドアゲート        
2 3 ビエンナーレ        
2 4 フェアブリーズ        
3 5 ポルトフィーノ  
3 6 トレラピッド        
4 7 マイネレーツェル        
4 8 エフティマイア    
5 9 アルコセニョーラ      
5 10 ピサノジュバン        
6 11 ムードインディゴ
6 12 アスクデピュティ        
7 13 ベッラレイア  
7 14 コスモプラチナ        
7 15 カワカミプリンセス
8 16 リトルアマポーラ      
8 17 トウカイルナ        
8 18 レジネッタ      

買い目

大多15=13 15=5 15-8 15-11 13=5
綾恵15=5 15=13 15-1 15-11 5=13
山田15=11 15=16 15=5 11=16 11=5 16=5
たま13=11 13=15 13=8 13=9 13=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。