2008年5月10日(土)

11R

2008年5月10日(土) | 3回京都5日 | 15:45発走

第56回京都新聞杯(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

予想

◎本命はブラストダッシュ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー2戦目はダートで大敗を喫したが、芝に戻った前々走を快勝すると、昇級戦の前走・アザレア賞(500万下)も勝って2連勝。ゴール前では後ろから来られた分だけ伸びており、着差以上の強さを感じさせる内容だった。今回は一気に重賞への挑戦となるが、降雪でダート変更となった2戦目を除いては2、1、1着とまだまだ底を見せておらず、この中間も馬体は好調をキープ。ここは抜けた有力馬もいないため、一気の3連勝でダービーに駒を進めたい。

○対抗はメイショウクオリア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走のムーニーバレーRC賞(500万下)は、好位の内でスムーズに運び、直線で追い出されると一気に抜け出して快勝。前々走のダート戦では、終い伸びきれず4着に終わったが、芝コースに戻って本来の走りを見せ付けた格好だ。重賞ではラジオNIKKEI杯(G3)でクビ・ハナ差3着の実績があるし、きさらぎ賞(G3)も10着ながら0秒6差と着順ほどには負けていない。1ハロンの距離短縮も問題ないため、引き続き好走が期待できそうだ。

▲単穴はヒルノラディアン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

今年の3月にデビューしたばかりだが、スローペースの新馬戦、ハイペースのあざみ賞(500万下)と続けて差し切り、レースセンスの高さを証明。どんなペースでも折り合いが付くタイプだし、前走後も入念に乗り込まれて馬体は好調をキープ。追われてからフラつくあたり、まだまだ若さが見受けられるものの、決して軽くは扱えない一頭だろう。

△抑えはフィッツロイ。△穴はホワイトピルグリム。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・京都新聞杯


2200メートルで行われた過去6年、1-3番人気は計5連対と不振で、6番人気以下から6頭が連対している。

馬連配当は6回中4回が4000円以上で、万馬券も2回。波乱傾向を見せている。
メイショウクオリアは前走好位の内で構え、直線力強く抜け出した。500万下を勝ったばかりだが、ラジオNIKKEI杯2歳Sで小差の3着。能力を出し切れば重賞初制覇も夢ではない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ゴールデンルーヴェ      
1 2 ミダースタッチ      
2 3 ホワイトピルグリム      
2 4 マイネルローゼン      
3 5 ロードアリエス      
3 6 チキリボーイ        
4 7 リッカロイヤル      
4 8 ブラストダッシュ
5 9 クリノコブオー        
5 10 ポーラーライツ        
6 11 メイショウクオリア  
6 12 ヒルノラディアン  
7 13 フィッツロイ  
7 14 ヨドノヒーロー      
8 15 グローリーシーズ        
8 16 シャイニングデイ        

買い目

大多8=11 8=12 8-3 8-13 11=12
綾恵12=11 12=7 12-8 12-13 11=7
山田8=12 8=4 8=5 12=4 12=5 4=5
たま11=14 11=8 11=1 11=2 11=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。