IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年1月5日(土)

11R

2008年1月5日(土) | 1回京都1日 | 15:45発走

第46回スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はアドマイヤオーラ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.1

デビュー3戦目のシンザン記念(G3)で早々と重賞勝ちを収めると、次走の弥生賞(G2)も勝って2連勝。その後は皐月賞(G1)で4着、ダービーでも(G1)3着に入るなど、クラシック路線で上位争いを繰り広げてきた。骨折明けで約6カ月ぶりとなった前走の鳴尾記念(G3)は、大外からキッチリと追い込んでハナ・クビ差の3着。熱発もあって万全とは言えない状態だったが、改めて地力の高さを証明した。今回は久々をひと叩きされた上積みが期待できることに加え、舞台はシンザン記念でダイワスカーレットを競り落とした京都の1600M。更なる飛躍のためにも、ここは勝っておきたい一戦だろう。

○対抗はキンシャサノキセキ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.8

3歳時にはNHKマイルC(G1)で3着に入り、マイルCS(G1)では5着するなど、重賞クラスでも上位の能力を持った実力馬。掛かり癖があるため最近は距離の短いところを使われていたが、久々のマイル戦となった前走のキャピタルS(OP)では、暴走することなく、直線でもキッチリと伸びて後続を完封した。昨年の当レースでは、折り合いが付かず6着に敗れたが、前走のように落ち着いて運べれば、ここで大きく崩れることはないだろう。展開次第では逆転の可能性も十分にありそうだ。

▲単穴はエイシンドーバー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.8

長期休養明けの前々走・マイルCS(G1)こそ7着に敗れたが、強豪揃いだった前走の阪神C(G2)では、勝ち馬から0秒2差の4着を確保。当レースは一昨年がタイム差無しの4位入線、昨年は2着入賞と得意にしているし、久々を2度使われて馬体も好調をキープ。安定感が高く大崩れしないタイプのため、ここも上位争いに絡んでくる公算大とみる。

△抑えはサクラメガワンダー。△穴はエイシンデピュティ。


今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・京都金杯


過去8年、1-3番人気は5、0、3連対。2番人気の不振は気になるが、上位人気合わせて半数の8連対ならまずまずの成績か。一方、6番人気以下からも7頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連は一昨年1万8930円と荒れ、昨年も7020円の高配当となったが、6回は5000円以下で収まっている。

ステップは3連対の鳴尾記念組がトップだが、ここ3年は連に絡めず不振。また、トップハンデ馬は12頭が出走して2連対。ハンデ頭は中山金杯同様にアテにならない。

アドマイヤオーラの前走鳴尾記念は、6カ月ぶり、中間に発熱するアクシデントがありながら3着。古馬相手でも力のあることを証明した。京都は2戦2勝。三つ目のタイトルを奪取するチャンスだ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 オースミダイドウ        
1 2 ナスノストローク      
2 3 クランエンブレム      
2 4 ディアデラノビア      
3 5 サイレントディール        
3 6 エイシンドーバー      
4 7 タマモホットプレイ        
4 8 キンシャサノキセキ
5 9 エイシンデピュティ
5 10 カネトシツヨシオー        
6 11 フィールドベアー        
6 12 サクラメガワンダー
7 13 アルビレオ        
7 14 セフティーエンペラ        
8 15 リキッドノーツ        
8 16 アドマイヤオーラ

買い目

大多16=8 16=6 16-9 16-12 8=6
綾恵8=9 8=16 8-4 8-12 9=16
山田9=16 9=8 9=12 16=8 16=12 8=12
たま16=12 16=3 16=2 16=8 16=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。