IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年12月28日(日)

10R

2008年12月28日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第53回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:18000、7200、4500、2700、1800万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダイワスカーレット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.33.8

レコードタイムでの牝馬ワンツーとなった前走の天皇賞(G1)。7カ月ぶりの影響もあってハナ差の2着に敗れたものの、ゴール前で強襲するウオッカを差し返そうとするなど、負けて強しと言える内容だった。その後ジャパンCには登録せず、ここを目標にじっくりと調整。昨年は初めての中山コースでマツリダゴッホに足をすくわれてしまったが、一段と逞しく成長した今なら逆転は十分に可能だろう。スピードの違いから外枠をそれほど苦にすることもなく、昨年の雪辱を果たす舞台は整ったとみてよさそうだ。

○対抗はマツリダゴッホ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.32.0

昨年の覇者にして、無類の中山巧者。前走のジャパンC(G1)では苦手としていた左回りコースで小差の4着に好走し、改めて地力の高さを見せ付けた。今回の中山コースでは(7・1・1・1)と抜群の実績を誇り、現在も重賞を4連勝中。今回は迎え撃つ立場となるため昨年ほど楽には運べないだろうが、ここを目標に組んできた理想的なローテーションは評価するべきだろう。

▲単穴はスクリーンヒーロー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.30.8

条件馬の身ながら前々走のアルゼンチン共和国杯(G2)で重賞初勝利を挙げると、続くジャパンC(G1)まで制してG1ホースの仲間入りを果たした。2000Mを超える距離は(3・2・1・0)と得意にしており、今年のG1を制しているのは当馬のみ。ダイワスカーレットのいる今回は前走より速いペースが予想されるが、今の勢いから決して軽くは扱えない。

△抑えはメイショウサムソン。△穴はカワカミプリンセス。


今週のワンポイントアドバイス

連覇濃厚,マツリダゴッホ


ファン投票1位のウオッカと3歳馬のエース・ディープスカイが回避したのは残念だが、08年の中央競馬を締めくくるにふさわしい豪華メンバーが顔をそろえた。

過去10年、連対馬は1-5番人気の6、3、3、3、1連対と、6、9番人気各1連対、13番人気2連対。昨年のマツリダゴッホを除けば、勝ち馬は4番人気以内から出ている。

馬連配当は13番人気が2着に食い込んだ01、02年と、上位3番人気がそろって連から消えた昨年で万馬券決着となった。しかし、残る7回は3けた-1000台6回と4430円。堅いか荒れるかの両極端の傾向を示している。

連対馬20頭はすべて重賞をステップに出走。G1組17頭、G2組2頭、G3組1頭。G1組が連対の85%を占めている。

路線別はジャパンC組が9連対でトップ。菊花賞組3連対、天皇賞(秋)組2連対の順。しかし、2走前を見ると7頭が天皇賞(秋)に出走しており、これを直行組の2頭に加えるとジャパンC組と同数の9連対。天皇賞(秋)組も不気味な存在だ。

アメリカンボス(01年)、タップダンスシチー(02年)、マツリダゴッホ(07年)の3頭を除く、連対馬17頭にG1の連対実績があり、うち16頭は芝2000M以上の距離で連対していた。

年齢別は3-7歳上馬が、36、35、40、21、13頭出走して、6、10、2、1、1連対。4歳馬が他世代をリードしている。

牡馬VS牝馬は132頭と13頭で争い、19対1。牝馬は出走が少ないこともあるが、ここまでは苦戦している。


◎…マツリダゴッホは今年、3月に日経賞を快勝。香港遠征では6着と敗れたが、帰国初戦の札幌記念で2着。続くオールカマーを59キロで制して、中山で5個目の重賞を獲得した。前走・ジャパンCは苦手の左回りで4着に敗れたが、0秒2の小差。昨年は9番人気の伏兵にすぎなかった馬がこの1年で豹変した。得意の右回りに戻ればグランプリ連覇は濃厚と見た。

○…相手にアルナスラインを抜擢する。前走・アルゼンチン共和国杯でスクリーンヒーローの0秒2差の3着と敗れたが、ハンデ戦で斤量は58キロ対53キロ。5キロ差が大きく影響していた。しかし、今回は同量の57キロで、鞍上も有馬記念3勝のペリエなら首位を脅かせる存在だ。

▲…スクリーンヒーローはジャパンCで世界の強豪を一蹴してG1を制覇した。驚きの新星誕生となったが、3歳時にラジオNIKKEI賞2着、セントライト記念3着の素質馬。長期休養で出世が遅れていたが、ようやく本格化したようだ。中山に勝ち星はないが、前走のようなしぶとい競馬ができればチャンスはある。

△1…ダイワスカーレットはここまで11戦して、7勝2着4回。いまだパーフェクト連対で、G1レース3勝の実績を誇る。前々で立ち回れる脚質も中山コース向き。ただ、気になるのは距離2500Mと55キロ。昨年は53キロの斤量で2着に健闘したが、牡馬一線級を相手に55キロは厳しいとみた。

△2…過去10年でその年の菊花賞1、2着馬が3連対。フローテーションは今年の菊花賞2着馬で、前走・ステイヤーズSでも果敢に逃げてクビ差2着に健闘した。思えば、05年のグランプリ馬・ハーツクライは「ルメール+橋口厩舎」のコンビだった。一度あることは二度……。大駆けが期待できる。

△3…アサクサキングスは天皇賞(秋)、ジャパンCとも8着。あと一歩伸び切れずにいるが、菊花賞を制するスタミナを秘めている。今回は人気薄の気楽な立場で、鞍上に主戦の四位騎手が戻った。無欲の一発を警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カワカミプリンセス    
2 2 ベンチャーナイン        
3 3 コスモバルク        
3 4 エアジパング        
4 5 フローテーション      
4 6 エアシェイディ        
5 7 アルナスライン    
5 8 スクリーンヒーロー  
6 9 メイショウサムソン    
6 10 マツリダゴッホ
7 11 ドリームジャーニー      
7 12 アサクサキングス      
8 13 ダイワスカーレット
8 14 アドマイヤモナーク        

買い目

大多13=10 13=8 13-1 13-9 10=8
綾恵13=8 13=7 13-1 13-10 8=7
山田13=9 13=11 13=10 9=11 9=10 11=10
たま10=7 10=8 10=5 10=12 10=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。