IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年12月14日(日)

11R

2008年12月14日(日) | 5回中山4日 | 15:20発走

第1回カペラステークス(GIII)

ダート・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

予想

◎本命はダイワエンパイア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.10.1

ダート転向後(4・2・0・0)とパーフェクト連対。オープンに昇級後は勝利こそないものの、BSN賞(2着)ではクビ、室町S(2着)ではハナの僅差に入っている。BSN賞で好勝負を演じたバンブーエールが、後にJBCスプリント(交流G1)を制したことを物差しとすれば、重賞Vは時間の問題だろう。今週の追い切りの動きにも、デキ落ちの兆候は皆無。優勝候補の最右翼だ。

○対抗はカルナバリート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.10.1

室町S(OP)では、ダイワエンパイアを下してオープン勝ち。ハンデの恩恵があったとはいえ、次走・武蔵野S(G3)で4着の結果を見ても、目下、充実期であることは間違いない。スピードを生かせるスプリント戦は得意なので、距離短縮はプラス材料。関東輸送、急坂も経験済みとあって、初コースの中山でも評価を下げる必要はないだろう。

▲単穴はチョウカイシャトル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.10.3

中山では(2・2・2・1)とコース適性はメンバー随一。出遅れながらも鮮やかに差し切った内房S(準OP)の内容から、伏兵でも決して侮れない存在といえる。近2走は良いところなしだが、舞台替わりの一発を期待しても無理筋ではないはずだ。

△抑えはスリーアベニュー。△穴はワールドハンター。


今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・カペラS


2走前にワールドハンターはここで人気のダイワエンパイアと1馬身3/4差の4着。前走の武蔵野Sは相手が強く、1600メートルもやや長かったが4馬身3/4差と大崩れしていない。距離短縮を味方に反撃する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 リミットレスビッド      
1 2 ビクトリーテツニー      
2 3 コパノフウジン        
2 4 トロピカルライト      
3 5 ナンヨーヒルトップ    
3 6 フジノウェーブ      
4 7 スリーアベニュー      
4 8 ワーキングボーイ        
5 9 タイセイアトム        
5 10 カルナバリート  
6 11 ダイワエンパイア
6 12 アグネスジェダイ        
7 13 ウエスタンビーナス  
7 14 ワールドハンター    
8 15 タータンフィールズ        
8 16 チョウカイシャトル      

買い目

大多11=10 11=16 11-7 11-14 10=16
綾恵10=11 10=1 10-6 10-13 11=1
山田11=4 11=5 11=13 4=5 4=13 5=13
たま14=11 14=10 14=2 14=5 14=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。