IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年1月27日(日)

11R

2008年1月27日(日) | 1回中山8日 | 15:35発走

第49回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はドリームパスポート。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

3歳時には三冠戦で2・3・2着と活躍し、ジャパンC(G1)では、ディープインパクトの2着に入った実力馬。長期休養明けとなった前々走こそ14着に敗れたものの、前走の有馬記念(G1)では、落馬寸前の不利を跳ね返し、6着まで追い上げて見せた。メイショウサムソンとの対戦成績で勝ち越しているように、ここでは格が一枚上の存在。3戦目の今回は、更に調子が上向いており、中心の座は不動とみる。

○対抗はトウカイトリック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.14.3

昨年のダイヤモンドS(G3)で重賞勝ちを収め、天皇賞・春(G1)でもタイム差無しの3着に入った長距離戦線の上位常連馬。前走の万葉S(OP)はトップハンデ58キロを背負いながらも叩き合いを制し、オープン特別戦では格が違うところを見せつけた。今回は2200Mということで距離が足りないことは確かだが、能力的にはここでも十分に通用するはずだし、別定戦で斤量が軽くなることは歓迎。豊富なスタミナを生かせるような流れとなれば、簡単に崩れるようなことはないだろう。

▲単穴はエアシェイディ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.11.0

前走の中山金杯(G3)は先行勢に有利な展開の中、ただ一頭、後方から追い込んで2着を確保。重賞の14戦で(0・6・2・6)と勝ち切れないが、大きく崩れることは珍しく、安定した力を発揮するタイプ。過去には当レースでも2着に入るなど中山コースは得意にしているため、ここも引き続き好勝負が期待できそうだ。

△抑えはブラックアルタイル。△穴はアドマイヤメイン。


今週のワンポイントアドバイス

素質馬が復調,アドマイヤメイン


過去10年、連対馬は1-5、1-3、3-1、2-3、8-4、1-3、2-3、1-3、5-2、2-5番人気の組み合わせで決まった(02年は東京競馬)。上位1-3番人気は合わせると15連対。連対率75%は上々の成績で、伏兵馬の台頭する余地は少ない。

馬連配当は3けた-2000円9回と3040円。平均出走頭数が11.8頭と手ごろなこともあって、ここまでは平穏に収まっている。

連対馬の前走はオープン組が15頭、1600万下以下組5頭。オープン組は1-10着からの臨戦だったが、条件組がすべて1着。オープン組は前走成績に関係なく巻き返し可能だが、条件組は前走1着が連対条件となる。

路線別は5連対の中山金杯組がトップ。2連対で有馬記念、ステイヤーズS組などが続いている。

出走間隔は、ここ2年菊花賞から直行した2頭が休養明けで連対しているが、18頭は中1-8週馬。馬体調整の難しい厳寒期だけに、順調に使われてきた馬を重視したい。

年齢別は4-8歳上馬が27、24、32、25、10頭出走して、8、6、4、2、0連対。また、連対率はそれぞれ30、25、13、8、0%。4歳馬が最多の8連対を果たし、以下、歳を重ねるごとに成績が低下している。

◎…前走のアドマイヤメインは6カ月ぶりで、1000M通過が58秒1のハイペース。道中2頭でびっしりと競り合う流れで4着と崩れなかった。3歳時にダービー2着で、菊花賞3着の実力。素質馬が復調すれば突き抜ける。

○…ドリームパスポートは骨折明けのジャパンCで14着に敗退したが、前走の有馬記念では4コーナーで大きな不利がありながら6着。G1勝ちはないが2着3回の地力を見せつけた。たたき3戦目。まともに走れば逆転も十分ある。

▲…メイショウレガーロは前走の中山金杯で逃げて3着。いつも控えてレースを進める馬が積極策で新たな一面を見せた。明け4歳馬は現在4年連続で連対中のデータ。弥生賞4着、皐月賞5着の実績がある中山なら狙う価値はある。

△1…エアシェイディは重賞に14回挑戦して2着6回。前走の中山金杯も先行有利な流れで、0秒3差まで追い上げた。4歳時でこのレース2着の実績から距離もコースもベスト。展開ひとつで待望の重賞を獲得できる。

△2…トウカイトリックは昨年、ダイヤモンドSを制し、天皇賞・春でタイム差なしの3着。前走の万葉Sでもトップハンデ58キロを背負って差し切った。距離短縮は気になるが、豊富なスタミナと確かな末脚を秘めている。

△3…前走の中山金杯でシルクネクサスは、内から伸びて0秒3差の4着。切れる脚はないが、相手なりに走る勝負根性を備えている。昨年の3着馬で、秋のオールカマーで2着したコース巧者。大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トウカイトリック  
1 2 ゴーウィズウィンド        
2 3 メテオバースト        
2 4 ドリーミーオペラ        
3 5 エアシェイディ
3 6 メイショウレガーロ    
4 7 アドマイヤメイン  
4 8 シルクフェイマス        
5 9 シルクネクサス    
5 10 ドリームパスポート  
6 11 トウショウナイト        
6 12 ブリットレーン        
7 13 サンバレンティン        
7 14 ダブルティンパニー      
8 15 チェストウイング        
8 16 ブラックアルタイル    

買い目

大多10=1 10=5 10-7 10-16 1=5
綾恵10=5 10=7 10-1 10-9 5=7
山田14=5 14=6 14=16 5=6 5=16 6=16
たま7=10 7=6 7=1 7=5 7=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。