2008年11月15日(土)

11R

2008年11月15日(土) | 5回東京3日 | 15:30発走

第44回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

予想

◎本命はフィフスペトル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

新馬戦は2番手追走から差し切り勝ちを収めると、前走の函館2歳S(G3)では、後方から一気に追い込んで連勝を達成。ともに後続には2馬身以上の差を付けており、まだまだ底を見せていない一頭だ。折り合いが付くため今回の1ハロン延長にも不安がなく、ここも勝ち負けとなる可能性は高いだろう。

○対抗はスパラート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:不・1.24.9

新馬戦は逃げて4馬身差の圧勝だったが、前走の芙蓉S(OP)はスタートで後手を踏み、最後方からの競馬。それでも大外から素晴らしい脚で僅差の4着にまで差を詰めてくるのだから、能力的にはここでも上位の扱いが必要だろう。道中スムーズに運ぶことさえできれば、逆転の可能性も十分とみる。

▲単穴はエイシンタイガー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.21.9

デビューからの6戦で1勝のみと勝ち切れないが、全て4着以内を確保しており、堅実に走ってくるタイプ。今回は格上挑戦となるものの、3走前の新潟2歳S(G3)で4着の実績があるため、ここで力が足りないということはないだろう。相手からは外せない一頭だ。

△抑えはダブルレインボー。△穴はパドブレ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇東京11R・京王杯2歳S


暮れの朝日杯FSをにらんで15頭が駒を進めてきた。

過去10年の連対馬は6-4、11-3、2-1、2-1、2-3、1-5、9-3、4-1、3-6、1-12番人気の組み合わせで決まった(02年は中山競馬芝1200メートル)。1番人気は5連対と頼りなく、代わりに6番人気以下から5頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3けた配当……3回
1000円台…2回
3000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…1回
万馬券…………2回

99年と昨年に2けた人気が連に食い込んで万馬券が出ているが、8回は中波乱止まりとなっている。

連対馬の前走は重賞組6頭、オープン特別組6頭、500万下組4頭、新馬・未勝利組4頭。その時の成績は1-3着馬が9、4、3頭と、5、7、11着馬が各1、2、1頭。3頭が前哨戦で掲示板を外して連に絡んでいるが、いずれも重賞からの参戦馬だった。

路線別はデイリー杯2歳S組が3連対、いちょうS組2連対となっているが、強調できる材料とはいえない。
性別は牡馬が98頭で19連対(19%)、牝馬は19頭で1連対(5%)。牝馬はここまで苦戦している。



スパラートは前走発馬直後につまずいて、1頭大きく離れた最後方。絶望と思われる位置から直線追い上げて3/4馬身差の4着まで迫った。スタートさえ決めれば重賞奪取のチャンスだ。

馬単は15←→7、15←→6、15←→12、15←→8、15←→5。3連単は15←→7から6、12、8、5と、15←→6から7、12、8、5への3着流し。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トップカミング      
2 2 ゲットフルマークス        
2 3 パドブレ  
3 4 ロラパルーザ        
3 5 ナンヨーアイドル      
4 6 フィフスペトル
4 7 エイシンタイガー  
5 8 アイアンデューク    
5 9 エイブルインレース      
6 10 ダブルレインボー      
6 11 ケイアイダイオウ        
7 12 スズノハミルトン      
7 13 トップオブピーコイ        
8 14 バイラオーラ      
8 15 スパラート    

買い目

大多6=15 6=7 6-3 6-10 15=7
綾恵6=3 6=1 6-9 6-14 3=1
山田7=8 7=6 7=3 8=6 8=3 6=3
たま15=7 15=6 15=5 15=8 15=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。