IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2008年2月24日(日)

11R

2008年2月24日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第25回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

予想

◎本命はヴァーミリアン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.8

昨年は始動レースの川崎記念(交流G1)を圧勝すると、世界の強豪が揃ったドバイWC(国際G1)で4着。その後は復帰戦のJBCクラシック、ジャパンCダート、東京大賞典とG1を3連勝し、昨年の最優秀ダート馬に選出された。基本的に2000M前後で使われることの多い当馬も、直線の長い東京コースならば距離短縮に対応できる可能性は十分。先月の川崎記念を回避するなど一頓挫あったことは確かだが、名実共に日本のダート王として参戦する以上、ここで無様なレースをするわけにはいかない。キッチリと力を見せ付け、万全の体勢でドバイへ向かいたいところ。

○対抗はフィールドルージュ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・1.35.6

前走の川崎記念(交流G1)はヴァーミリアン、サンライズバッカスの回避があったとはいえ、2着馬フリオーソに2馬身以上の差を付けて快勝。前々走・名古屋グランプリ(交流G2)での重賞初制覇に続き、連勝でG1のタイトルまで手に入れた。今回のライバルとなるヴァーミリアンとは過去のジャパンCダートで2度対戦しており、一昨年が先着、昨年が惜敗と1勝1敗。ただしドバイ遠征を控えるヴァーミリアンとは違い、当馬はこのフェブラリーSこそが目標レース。重賞を連勝して勢いに乗る今なら、逆転の可能性も十分にあるだろう。

▲単穴はワイルドワンダー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・1.35.6

距離延長で挑んだジャパンCダート(G1)は行きたがって終いの伸びを欠いたが、それでも5着に粘り込むあたり、能力の高さは疑いようもない。得意距離に戻った前走の根岸S(G3)では折り合い面での問題もなく、逃げ馬をキッチリと差し切って巻き返しを見せた。今回はジャパンCダートで先着を許した相手が多数参戦しているが、東京コースは(4・1・0・1)と抜群に相性が良いし、距離適性の高さも証明済み。ひと叩きされた強みもあるため、この舞台なら一気のG1制覇があっても決して驚けない。

△抑えはロングプライド。△穴はメイショウトウコン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

マイル得意ドラゴンファイヤー


過去10年の連対馬は6-8、2-7、4-2、5-2、1-4、1-3、1-3、1-5、1-2、3-2番人気の組み合わせで決着した(03年は中山競馬)。上位1、2番人気は98年を除くと、どちらかがかならず連に絡む活躍を見せている。

馬連配当は98年に6、8番人気の決着で、1万1730円と荒れたが、7回は2000円以下で堅く収まっている。

連対馬の前走はG1組11頭、G3組9頭。距離は1400Mが2頭、1800-2100Mが18頭。中距離から出走した馬が好成績を挙げている。

路線別は平安S組が6連対でトップ。次いで5連対の東京大賞典組、3連対ジャパンCダート組、2連対の根岸Sと川崎記念組が続いている。

前走成績は、1-3着の8、6、2頭と4、5、7着の2、1、1頭。連対馬の8割が前走で馬券対象となっていた。

年齢別は4-8歳上馬が34、38、48、26、13頭出走して、それぞれ8、8、2、2、0連対。4、5歳馬が好成績を挙げている。

関東馬VS関西馬VS地方馬は、41頭、104頭、14頭で争って、それぞれ1、17、2連対。関西馬が関東馬と地方馬を寄せ付けない強さを見せている。

◎…前走の平安Sでドラゴンファイヤーは0秒5差の9着。隣枠の馬が暴れている時にスタートが切られて出遅れ、流れに乗れなかったのが敗因だ。昨秋のジャパンCダートで2番人気を裏切ったが、東京のマイルは2勝2着1回と底を見せていない。まだ上がり目のある4歳馬が得意の距離で反攻に出る。

○…相手は昨年ジャパンCダートなどG1で4勝を挙げたヴァーミリアン。06年の12月の名古屋グランプリ勝ち以降、国内5連勝中でいずれも圧勝劇だった。マイル戦の勝利実績はないが、逆転があっても不思議はない。

▲…メイショウトウコンは平安Sで首差の2着。58キロを背負っていたが馬込みの中から抜け出して連に絡んだ。追い込み脚質で注文がつくが、はまるとG1級の決め手を発揮する。

△1…勢いは目下、交流重賞を連勝中のフィールドルージュが一番。中でも前走の川崎記念は、直線で後続を2馬身半突き放す強い内容だった。距離不足で今回評価を下げたが、ジャパンCダートで一昨年3着、昨年2着の実力は侮れない。

△2…ワイルドワンダーは前哨戦の根岸Sを差し切りV。ジャパンCダートは距離が長く5着に敗れたが、1400-1600Mは6勝の実績で、東京のダート4勝と得意にしている。決め手勝負になれば出番はある。

△3…ロングプライドは前走の平安Sで0秒1差の4着。実績では一歩譲るが、フェブラリーS男・ペリエ騎手(過去10年で2勝2着3回)とのコンビが魅力。連下には押さえたい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 フジノウェーブ        
1 2 ノボトゥルー        
2 3 アンパサンド        
2 4 フィールドルージュ
3 5 クワイエットデイ      
3 6 メイショウバトラー        
4 7 ドラゴンファイヤー    
4 8 ロングプライド    
5 9 メイショウトウコン  
5 10 ブルーコンコルド      
6 11 ヴィクトリー        
6 12 リミットレスビッド        
7 13 ビッググラス        
7 14 デアリングハート        
8 15 ヴァーミリアン  
8 16 ワイルドワンダー

買い目

大多15=4 15=16 15-8 15-9 4=16
綾恵15=16 15=4 15-7 15-10 16=4
山田5=16 5=9 5=4 16=9 16=4 9=4
たま7=15 7=9 7=4 7=8 7=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。