IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2007年4月8日(日)

11R

2007年4月8日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第67回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン 牝 (指定) 定量 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はウオッカ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.1

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制し昨年の最優秀2歳牝馬へ選出された当馬がいよいよ桜獲りへ出陣する。他馬より2キロ斤量が重かった前々走のエルフィンS、続く前走のチューリップ賞と始動戦から2連勝。特に2着とわずかクビ差ながら手綱を緩める余裕まであった前走のパフォーマンスは圧巻の一言。3歳牝馬同士なら一枚も二枚も抜けた存在なのは明白だ。ここは牝馬クラシック1冠目となるものの、すでに勝負付けが済んだ馬ばかりな上、地力の高さに胡坐をかくことなく直前にシッカリと追われ、動きも気合乗り抜群。さらに、マイル戦で4戦4勝(うち阪神コース2勝)と条件面、状態面ともに全く死角がないとなれば、1冠目は楽々飲み干すとみて問題はないだろう。

○対抗はダイワスカーレット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.7

重賞こそ未勝利ながら、前々走のシンザン記念で牡馬クラシック有力候補のアドマイヤオーラ相手に0秒2差、続く前走のチューリップ賞においても2着と、実力だけなら本命馬ウオッカと同様に3歳牝馬同士なら抜けた存在。死角が全くない本命馬を相手にする今回、勝ちきるのは厳しいと言わざるを得ないが、ハイペースの中でも先団から33秒台の末脚を使えるスピード性能の高さと自在性は本命馬に対してかなり脅威。デキに関しても直前調教での力強い動きから文句はなく、展開を味方につけられれば、逆転へ一筋の光がみえてくるだろう。

▲単穴はアストンマーチャン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.1

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のクビ差2着以来となった前走のフィリーズレビューでは順当に快勝。相手が手薄だったせいでパワーアップの跡が見えなかったのは残念だが、本番へ向け意識的に抑えて結果を残せたのは、改めて当馬の力量は示した形となった。当馬が持つ破格のスピード性能を生かせる舞台がマイル以下なのは確かだが、距離はすでに克服済みといえ、このメンバー相手なら本命・対抗に次ぐ屈指の実力の持ち主。調教をやればやるほど動く中間の豪快な動きから、叩いた上積みも大きそうで、流れ次第では戴冠の可能性も。

△抑えはイクスキューズ。△穴はレインダンス。


今週のワンポイントアドバイス

逆転V,ダイワスカーレット


昨年はトライアルの勝ち馬がくるくると変わる混戦で本番を迎えたが、今年はウオッカ、ダイワスカーレット、アストンマーチャンの3強対決ムード。中でも注目は2歳女王で目下3連勝のウオッカだ。結果次第ではダービーで牡馬に挑戦するプランも持ち上がっている。
過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。
1番人気は3勝、2着2回ではほめられる成績でなく、2、3番人気も4、1連対と元気がない。上位人気馬は不振で、代わりに6番人気以下から7頭が連対している。02年に馬連で3万4440円が飛び出したが、残る9回中7回は3000円台以内。荒れるといわれる牝馬重賞でも意外と波乱度は低い。
連対馬20頭中18頭は前走重賞からの出走で、残る2頭がオープン特別と500万下。路線別はチューリップ賞組が9連対で、フィリーズレビュー(旧4歳牝馬特別を含む)組5連対、フラワーC組3連対の順。なお、最多連対を果たしているチューリップ賞1着馬の本番での成績は、5、11、9、9、1、5、6、5、6、2着。優勝したのは01年のテイエムオーシャン1頭だけ。今年のチューリップ賞馬ウオッカにとっては気がかりなデータだ。
連対馬20頭は3-8戦上のキャリアで、それぞれ5、6、3、2、2、2連対。キャリア3戦と4戦で半数以上の11頭を占めている。
勝利数は地方から転きゅうしたアローキャリー(02年)を除くと、1勝馬が2頭、2勝馬8頭、3勝馬6頭、4勝馬3頭。連対率1割の1勝馬にはハードルが高く、2勝以上を挙げていることが理想となっている。

◎…ダイワスカーレットは約2カぶりの前走チューリップ賞で2着。3コーナーで早め先頭に立ち、直線でウオッカを待って一緒に追い出したが最後の最後に競り負けた。着差クビは体調の良しあしや展開ひとつで楽に逆転できる差。牡馬一線級を相手にもまれてきた経験は大きな強み。「桜の女王」奪取のチャンスは十分にある。

○…ウオッカは3戦連続で芝1600Mを1分33秒台で快勝。上がりもすべてレース最速で、「桜の女王」に王手をかけている。スピード、パワーで圧勝されても仕方のないが、今回は出走17頭の目標になる厳しい競馬となる。さらに、四位騎手のプレッシャーはただものではないはず。馬券的な妙味を考慮すれば2番評価が妥当とした。

▲…ショウナンタレントは6戦して、3勝、2着2回。5連対はすべて逃げた時のもので、ハナを奪うと実にしぶとい。菜の花賞でイクスキューズを破り、前走のフラワーCで重賞制覇を果たし実績もある。有力3頭が外枠にそろって入り、けん制し合う展開になればアッといわせるシーンはある。

△1…アストンマーチャンは休養明けの前走でフィリーズレビューを楽勝した。スピードが身上で短距離向きだが、阪神JFでもウオッカとクビ差2着の接線を繰り広げている。距離延長は好材料といえないが、互角のスピードを秘めている。

△2…船橋競馬のエミーズスマイルは中央で3、1、1着。負けた赤松賞はスローの4コーナー最後方から追い込んでタイム差なしの3着。前走アネモネSも終始外々を回って差し切るという強い競馬だった。実績で一歩譲るが、時計のかかる馬場になれば一気に上位争いに浮上する。

△3…前走クイーンCでイクスキューズは、好位3番手から直線楽々と抜け出した。レースを重ねるごとに気性面が成長し、同時にパワーを増している。暮れの阪神JFでウオッカにつけられた0秒7差の逆転は無理でも2着争いには警戒したい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ショウナンタレント      
1 2 アポロティアラ        
2 3 カタマチボタン        
2 4 クーヴェルチュール        
3 5 レインダンス      
3 6 ローブデコルテ        
4 7 イクスキューズ  
4 8 ピンクカメオ      
5 9 アマノチェリーラン        
5 10 ハギノルチェーレ        
6 11 ニシノチャーミー        
6 12 カノヤザクラ      
7 13 フローラルカーヴ        
7 14 ウオッカ
7 15 アストンマーチャン
8 16 ベリーベリナイス        
8 17 エミーズスマイル      
8 18 ダイワスカーレット

買い目

大多14=18 14=15 14-5 14-7 18=15
綾恵14=15 14=18 14-7 14-12 15=18
山田14=15 14=18 14=8 15=18 15=8 18=8
たま18=14 18=1 18=7 18=15 18=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。