IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2007年4月1日(日)

11R

2007年4月1日(日) | 2回阪神4日 | 15:45発走

第51回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 |

予想

◎本命はメイショウサムソン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.1

昨年の皐月賞(G1)、ダービー(G1)を制した2冠馬メイショウサムソンがいよいよ始動する。前走の有馬記念(G1)では、勝ち馬ディープインパクトにこそ力の差を見せ付けられる格好となったが、2着からは0秒3差の5着に入っているように、現役馬トップクラスの能力を持っていることに疑いの余地はない。今回は初めて背負う59キロが懸念材料となるが、得意の2000Mでこの相手なら負けるわけにはいかないだろう。

○対抗はコスモバルク。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.8

前走の有馬記念(G1)は太目残りの影響もあり、11着と不本意な結果に終わったが、昨年にはシンガポールで国際G1を制し、天皇賞(秋)やジャパンCといった国内G1でも連続して4着に入るなど、高い能力を持った実力馬。今回は59キロを背負うことになるが、同斤量のオールカマー(G2)で連対した実績から問題はなく、馬体が仕上がってさえいれば、ここは巻き返しがあって当然とみる。

▲単穴はシャドウゲイト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.2

格上挑戦となった前々走の中山金杯(G3)で後続に7馬身もの差を付ける圧勝劇を演じると、相手が強化された前走の中山記念(G2)でも0秒3差の4着を確保し、重賞でも十分に闘える力があることを証明した。今回はさらに相手が強化されるが、状態は好調をキープしているし、2000Mに距離が延長されることも歓迎。引き続き好走を期待したい。

△抑えはシルクネクサス。△穴はアサカディフィート。


今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・大阪杯


前走のシャドウゲイトは逃げずに、好位からの競馬で1馬身3/4差の4着。切れる脚はないが、長くいい脚を使って中山金杯圧勝がフロックでないことを裏付けた。自分でレースを作れるのは強み。先手を取って逃げればアッといわせるシーンがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シルクネクサス    
2 2 タガノデンジャラス      
3 3 メイショウサムソン
4 4 ホッコーソレソレー    
5 5 サンバレンティン        
6 6 メイショウオウテ        
6 7 トリリオンカット      
7 8 アサカディフィート    
7 9 コスモバルク
8 10 シャドウゲイト  
8 11 アラタマインディ        

買い目

大多3=9 3=10 3-1 3-8 9=10
綾恵3=10 3=9 3-1 3-7 10=9
山田8=9 8=4 8=3 9=4 9=3 4=3
たま10=3 10=2 10=4 10=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。