IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2007年4月22日(日)

11R

2007年4月22日(日) | 3回京都2日 | 15:45発走

第12回アンタレスステークス(GIII)

ダート・右 1800m | 天気:小雨 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

予想

◎本命はキクノアロー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.50.6

今年の初めまで準オープンで足踏みしていた当馬が、一気の格上挑戦となった交流重賞のダイオライト記念で後続を0秒8も千切る圧勝劇。4着までとなった前走の名古屋大賞典しても、前残りの展開、初体験のコース、馬場などを考慮すれば勝ち馬と0秒4差は上々だし、ここにきて完全に本格化したとみて問題はないだろう。近2走と比べレースレベルは高くなるが、オープン入りを果たした3走前の北山Sを筆頭に、京都ダートは4戦3勝2着1回と条件ベスト。58キロでも重賞2勝目を期待してみる。

○対抗はメイショウトウコン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.49.2

前走のフェブラリーS(G1)は、展開に恵まれながら後方から全く伸びきれず11着大敗。確固たる敗因は分からないが、左回り、距離短縮などが影響したのかも。ダートへ路線変更してから、わずか5戦で重賞制覇を果たした素質馬。前走で見限るのは早計であり、サンライズバッカスを下した平安S(G3)と全くの同条件であるここは、大きな見直しが必要だ。

▲単穴はクワイエットデイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.49.0

展開、軽ハンデに恵まれた感はあるにせよ、仁川S、マーチS(G3)と現在2連勝。前々走が逃げ、前走が差しと、オープンへ昇級してからなりを潜めていた器用さが、ここにきてようやく出てきたようだ。ただ、ここはメンバーが手強くなる上、別定57キロ。かなり厳しい競馬を強いられることになるのは明らかであるも、今の勢いは本物なだけに、流れへ乗れればチャンスあり。

△抑えはエイシンラージヒル。△穴はトーセンブライト。


今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・アンタレスS


別定戦で行われたここ4回の連対馬は、1-4、2-1、5-10、2-1番人気の組み合わせで決まった。一昨年は伏兵馬同士のワンツーで馬連1万4750円と荒れたが、残る3回はすべて3けた配当で堅く収まっている。
ワイルドワンダーはスローのコーラルSを中団から鋭く差し切った。ベストは1400メートルだろうが、1700-1800メートルでも2勝。重賞初Vのチャンスだ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 タガノサイクロン        
1 2 エイシンラージヒル  
2 3 クワイエットデイ    
2 4 キクノアロー  
3 5 ワンダーハヤブサ        
3 6 ワイルドワンダー      
4 7 マンオブパーサー      
4 8 オーガストバイオ        
5 9 ヒシハイグレード        
5 10 メイショウトウコン
6 11 ストロングブラッド      
6 12 スナークファルコン        
7 13 カイトヒルウインド        
7 14 ヤマタケゴールデン        
8 15 トーセンブライト
8 16 クーリンガー      

買い目

大多4=10 4=3 4-2 4-15 10=3
綾恵2=4 2=15 2-10 2-11 4=15
山田3=15 3=16 3=10 15=16 15=10 16=10
たま6=10 6=4 6=2 6=7 6=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。