2007年1月28日(日)

11R

2007年1月28日(日) | 2回京都2日 | 15:45発走

第42回京都牝馬ステークス(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

予想

◎本命はディアデラノビア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.9

重賞でもほとんど崩れることがなく、牡馬の一線級を相手にしても十分に闘える能力を持った実力馬。前走の香港C(国際G1)ではイレ込み気味で7着に終わったが、帰国後は順調に調整されており、1600Mの距離も守備範囲。牝馬限定戦、しかも54キロで出走できる今回は中心視して当然か。

○対抗はサンレイジャスパー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.8

前走の鳴尾記念(G3)は長く外を回らされるなど展開も向かず、10着に終わったが、3走前の府中牝馬S(G3)では、今回の本命馬、ディアデラノビアに先着して2着に入るなど地力は高いものを持っている。今回は得意の京都コースで行われることもあって、ここは好走を期待したい。

▲単穴はアグネスラズベリ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.1

前走の淀短距離S(OP)は除外続きの影響で行きっぷりが悪かったが、終いは上りトップタイムで追い上げて6着を確保。3走前のスワンS(G2)で3着しているように、ここでも実績は負けておらず、牝馬限定戦となる今回は巻き返しのチャンスとなりそうだ。

△抑えはソリッドプラチナム。△穴はレクレドール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・京都牝馬S


過去10年、1-3番人気は1、5、2連対。上位人気は不振で、代わりに4番人気と5番人気がそれぞれ4連対し、これをカバーしている(06年は2着同着)。
ステップは阪神牝馬S組が7連対と好調だったが、昨年、12月から4月に日程が繰り上がり、強調できる路線はなくなった。距離別では、連対21頭中19頭がマイル以上の距離から連対。該当しない2頭は芝1400メートルから連に食い込んでいた。
4-7歳上馬がそれぞれ56、44、36、5頭出走して8、8、5、0連対。4-6歳馬はほぼ互角の成績を残している。
3走前の府中牝馬Sでサンレイジャスパーはディアデラノビアを破っている。前走は展開が向かず、2走前は距離が長かった。得意の京都で巻き返す。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スマイルフォライフ      
1 2 ピアチェヴォーレ        
2 3 ワディラム        
2 4 ディアデラノビア
3 5 コイウタ      
3 6 キープクワイエット        
4 7 ライラプス        
4 8 マルターズヒート        
5 9 サンレイジャスパー    
5 10 アクロスザヘイブン      
6 11 アグネスラズベリ    
6 12 ダイワパッション        
7 13 ウイングレット    
7 14 ソリッドプラチナム
8 15 マイネサマンサ    
8 16 レクレドール      

買い目

大多4=9 4=11 4-14 4-16 9=11
綾恵13=4 13=10 13-14 13-15 4=10
山田4=13 4=14 4=1 13=14 13=1 14=1
たま9=4 9=14 9=5 9=11 9=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。