2007年10月7日(日)

11R

2007年10月7日(日) | 4回東京2日 | 15:35発走

第58回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

予想

◎本命はダイワメジャー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.5

昨年の当レース覇者にして、国内トップクラスの実力を持つ関東馬の総大将。前々走の安田記念(G1)は好位追走から逃げ切りを狙うコンゴウリキシオーをキッチリと差し切り、現役馬では最多となる芝G1での4勝目を挙げた。前走の宝塚記念(G1)は12着に惨敗したが、これは新設された出張馬房での騒音に悩まされ、マイナス16キロでの出走となったため。今回は体重も戻って状態は良好だし、なによりホームと言える東京コースでのレース。G1を2勝しているこの舞台なら、連覇の期待も十分だろう。

○対抗はコンゴウリキシオー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.47.3

前々走のマイラーズC(G2)をレコードタイムで逃げ切ると、前走の安田記念(G1)でもハナを奪って粘り込み、クビ差の2着に好走。並びかけてくる外国馬をものともせず、ダイワメジャーに並ばれてからも簡単には抜かせない勝負根性を見せた。今回の1800Mは3戦全勝の得意距離だし、開幕週の東京コースは逃げ馬に絶好の舞台。さらに前走の勝ち馬ダイワメジャーは59キロでの出走となるため、ここは逃げ切りの可能性まで考えたい。

▲単穴はブライトトゥモロー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.2

3走前の新潟大賞典(G3)で重賞初勝利を挙げると、前々走のエプソムC(G3)ではクビ差の2着。3カ月ぶりとなった前走の朝日チャレンジC(G3)でも2着を確保し、重賞でも安定して勝ち負けできるだけの力があることを証明した。今回はG2ということで相手も強くなるが、左回りコースではパーフェクトの連対実績を持っているし、良馬場でのレースとなれば決め手はここでもトップクラス。前が崩れる展開となれば、一気の浮上も可能とみる。

△抑えはエイシンデピュティ。△穴はアグネスアーク。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

本格化したブライトトゥモロー


過去10年、連対馬は1-5、1-3、1-4、4-5、5-6、2-3、5-4、1-3、9-6、3-2番人気の組み合わせで決着した(02年は中山競馬)。
1番人気は4連対しているが、うちバブルガムフェロー、サイレンススズカ、グラスワンダーの3頭が人気に応えて優勝したのは、97-99年と過去の話。ここ7年ではテレグノシス(04年)1頭だけ。1番人気の信頼度は意外と低い。ちなみに、連を外した6頭は、5、4、4、7、5、13着だった。

馬連は
3けた配当………4回
1000円台……2回
2000円台……1回
4000円台……1回
5000円台……1回
9000円台……1回

上位人気はアテにならないが、極端な人気薄の台頭もなく万馬券も出ていない。しかし、ここ2回の3連単は147万9620円、4万5840円。3着に13、9番人気が食い込んで波乱を演じている。
出走間隔を見ると、連対馬の20頭中15頭が3-5カ月の休養馬。秋競馬開幕の中山では夏を順調に使われた馬の好走が目立つが、G1級が始動するこのレースでは実績馬が活躍している。

連対馬20頭の前走はすべて重賞。その時の成績は16頭が5着以内で、うち13頭は馬券対象の3着に入線していた。なお、掲示板を外した4頭はG1の天皇賞・春、宝塚記念、安田記念組だった。ステップは宝塚記念組が最多の6連対で、安田記念組4連対となっている。

年齢別は3-7歳上馬が11、37、35、17、15頭出走して、1、8、7、3、1連対。4歳馬と5歳馬が他世代を圧倒している。ただ、最近5年に絞ると、4歳馬は1連対で、5歳馬が5連対。5歳馬に勢いがある。

脚質別は逃げ3頭、先行10頭、差し3頭、追い込み4頭。前々でレースを進める馬が有利で、逃げ、先行馬が連に絡まなかったのは00年の1回だけとなっている。

◎…ブライトトゥモローは春に新潟大賞典を制覇して以降、重賞を連続2着。完全に本格化した。前走は1馬身1/2差届かなかったが、左回りは3勝2着1回と連対率100%。末脚勝負になればヒケは取らない。

○…昨年、秋始動にこの毎日王冠を選んだダイワメジャーは、レコードと0秒1差の好タイムでダンスインザムードを降した。G1レース4勝の実績はここで抜けているが、今年は1キロ増の59キロを背負う。長い直線では微妙に響くかもしれない。

▲…アグネスアークは長期休養をはさみ、新馬から1600万下まで4連勝した。その後快進撃は止まっているが、休養明け2戦目の前走、札幌記念でクビ差の2着。実績では一歩譲るが、ここでも抗戦できる底力を秘めている。

△1…コンゴウリキシオーはマイラーズCをレコードで勝ち、続く安田記念で首差の2着。1800Mも3戦3勝で逃げ切りを狙うだろうが、同脚質のストーミーカフェに絡まれて失速する恐れも十分。その分評価を下げた。

△2…エイシンデピュティは夏を休養にあてたが、1600万下、オープン特別、エプソムCと目下3連勝中。一線級とは初対戦となるが、1800Mは、3、1、1着のベストの距離。末脚勝負になれば出番はある。

△3…前走の新潟記念でトウショウヴォイスは、直線一気に追い込んで2着。レース最速の上がり33秒9の末脚をマークした。今回はG3→G2に変わり、斤量も52キロ→57キロに増量される。勢いを買っても押さえまでか。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダイワメジャー
2 2 ピサノパテック        
3 3 ブライトトゥモロー
3 4 トウショウヴォイス  
4 5 ストーミーカフェ        
4 6 エイシンデピュティ  
5 7 チョウサン        
5 8 アグネスアーク    
6 9 トップガンジョー        
6 10 カンファーベスト        
7 11 エリモハリアー        
7 12 コンゴウリキシオー
8 13 ビッグプラネット        
8 14 ヴリル        

買い目

大多1=12 1=3 1-6 1-8 12=3
綾恵1=6 1=12 1-3 1-4 6=12
山田12=4 12=3 12=1 4=3 4=1 3=1
たま3=1 3=8 3=4 3=6 3=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。