2007年5月6日(日)

11R

2007年5月6日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第12回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

予想

◎本命はローレルゲレイロ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.9

どんな強敵を相手にしても、デビューからずっと馬券対象内を確保し続けてきた当馬が、前走の皐月賞は6着まで。ただ、完全な前残りの展開の中、中団から進出し勝ち馬と0秒3差。加えて、多少距離が長かったことも考慮すれば、十分負けて強しといった感。今回は昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)2着を筆頭に(0・3・1・0)の成績残してきた当馬にとってベストといっていいマイル戦。中間の動きを見るに仕上がり具合もここへ向け万全で、巻き返しの期待は大きい。

○対抗はアサクサキングス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.38.5

4走前の百日草特別で皐月賞2着馬サンツェッペリン、前々走のきさらぎ賞においては実力馬ナムラマースを下している実力馬。前走の皐月賞は本命馬ローレルゲレイロに次ぐ7着となってしまったが、距離延長が最後の粘りに影響した印象。4走前、前々走の結果が示すように当馬はやはりマイル前後の距離でこそ。2戦2勝と得意な東京コースへの舞台替わりがプラスへ働きそうな今回、前走を度外視しての大きな見直しが必要だ。

▲単穴はトーホウレーサー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.9

初の芝戦となった前々走の毎日杯で0秒4差5着に好走すると、続く前走のニュージーランドTで重賞制覇。デビューからずっとダートを使われ未勝利→500万連勝と結果も残しているが、近2走のかなり粘り強い走りを見るに芝のほうが自身のポテンシャルをさらに引き出せる舞台のようだ。ここは相手が一気に手強くなるとはいえ、今年に入りダートを含めて(3・0・2・1)。今の勢いはこのクラスでも軽視できない。

△抑えはオースミダイドウ。△穴はマイネルシーガル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1奪取の好機,シャドウストライプ


春G1シリーズがいよいよ東京競馬場に舞台を移して5週連続で激戦を繰り広げる。第一弾は3歳馬18頭によって行なわれるNHKマイルC。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。
1-2、1-6、6-2、2-5、1-13、4-5、9-5、1-4、2-10、3-9番人気の組み合わせで決まった。1-3番人気は4、4、1連対で、上位人気は信頼度が低く、代わりに6番人気以下から6頭が連対している。

馬連配当は
3けた……………1回
1000円台……4回
4000円台……2回
6000円台……2回
万 馬 券………1回

万馬券は1回だけだが、ここ5年間では4000円以上が4回と荒れる傾向を見せている。
連対馬の前走は重賞組が18連対、オープン組と500万下からそれぞれ1連対している。路線別は唯一のトライアルであるニュージーランドT組が半数の10頭を占めトップ。毎日杯組が3頭、桜花賞とスプリングSが各2頭で続いている。
出走間隔は連対20頭19頭が中2週-1カ月半。例外は約5カ月ぶりで2着に食い込んだ98年のシンコウエドワード。休養馬は減点対象になる。
牡馬VS牝馬は164頭と15頭で争い、17対3。連対率は10.4%、20.0%。出走頭数は少ないが牝馬は軽視できない。関東馬は8連対で、関西馬12連対。関西馬が一歩リードしている。

◎…シャドウストライプはデビューからダートで3連勝した。初の芝となったニュージーランドTは久々と出遅れで6着。2番人気に応えられなかったが、外を回るロスがありながらレース最速の上がりで0秒3差まで迫った。追い込み脚質から直線の長い東京は大歓迎。G1奪取のチャンスと見た。

○…ワールドハンターの2勝はいずれもダート戦。実績では見劣るものの、ここ2戦の芝重賞で、5、3着に健闘した。特に前走ニュージーランドTは道中で手綱を引っ張るロスで後退しながら、直線で馬群を割る勝負根性を見せた。スムーズな競馬なら差はない。

▲…イクスキューズは桜花賞5着から中1週のローテーションでフローラS3着。今回も中1週の強行軍となるが、今年の3歳牝馬はハイレベルで、牡馬相手でもマイルならヒケを取らない。重賞を制覇した舞台で大仕事をやってのける地力を十分に秘めている。

△1…ローレルゲレイロは前走の皐月賞で6着。中団からいい脚で追い込んだが、結果的に先行有利の流れに泣いた。重賞2着4回の実績で、マイルは4戦して2着3回、3着1。勝ち星はないがこの距離で底を見せていない。瞬発力勝負では苦しいが、長くいい脚を使える東京コースなら差はない。

△2…アサクサキングスは皐月賞で好位に付けながら直線で伸びず0秒5差の7着。血統から中距離向きだが直線でスタミナ切れを感じさせる内容だった。東京は2戦2勝と得意。距離短縮で一変する可能性は十分ある。

△3…オースミダイドウはデイリー杯2歳Sを勝って、新馬から3連勝。朝日杯FSで0秒2差の3着。G1戦では1番人気を裏切ったが、その後骨折していたことが判明した。5カ月ぶりになるが実績では一歩も二歩も抜けている。鉄砲駆けしそうな気性だけに、能力だけ走ればあっさりのシーンがあっても驚けない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アサクサキングス  
1 2 マイネルレーニア        
2 3 オースミダイドウ  
2 4 マイネルフォーグ      
3 5 マイネルシーガル      
3 6 イクスキューズ    
4 7 キングスデライト        
4 8 ゴールドアグリ        
5 9 ワールドハンター      
5 10 ローレルゲレイロ
6 11 トーホウレーサー    
6 12 シベリアンバード        
7 13 ダイレクトキャッチ    
7 14 ピンクカメオ        
7 15 ハイソサエティー        
8 16 シャドウストライプ      
8 17 ダノンムロー        
8 18 ムラマサノヨートー        

買い目

大多10=1 10=11 10-3 10-5 1=11
綾恵3=10 3=13 3-6 3-11 10=13
山田10=1 10=4 10=13 1=4 1=13 4=13
たま16=9 16=6 16=1 16=3 16=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。