2006年12月3日(日)

11R

2006年12月3日(日) | 3回阪神2日 | 15:40発走

第58回農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (混合) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

予想

◎本命はアストンマーチャン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

1200Mから1400Mの距離延長が不安視された前走のファンタジーS(G3)だったが、抑えたままレコードを0秒9も更新する圧倒的なパフォーマンスで、後続に5馬身差を付ける圧勝劇を演じて見せた。今回は再度の距離延長でマイル戦となるが、課題だった折り合いでも進展を見せており、この距離でも不安はなさそうだ。名手・武豊騎手をして「驚くくらい強かった」と言わしめたその性能は、2歳女王の最有力候補であることに疑いの余地は無い。

○対抗はハロースピード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

休養明けで挑んだ前走のファンタジーS(G3)は、発馬で1馬身出遅れた上、直線に向いたところでは前が詰まるなどの厳しい展開。それでも立て直して混戦の3着争いを制するあたり、高い能力があってこそだろう。長く良い脚を使うタイプなだけに1ハロンの延長は苦にしないだろうし、ひと叩きした上積みも見込める。本命馬は強力だが、展開次第では逆転の可能性も捨てきれないだろう。

▲単穴はイクスキューズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー2戦目のクローバー賞をレコード勝ちし、前々走の札幌2歳S(G3)では牡馬の素質馬・ナムラマースに0秒1差の3着とし、能力の高さを示した。前走のファンタジーS(G3)は今回の本命馬、アストンマーチャンにこそあっさりかわされたが、粘り強く2着を確保している。1500M、1800Mでの勝利実績があるようにマイル戦への適応は問題無く、ここも上位争いに加わってくる可能性は高そうだ。

△抑えはルミナスハーバー。△穴はピンクカメオ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

スピード互角,ルミナスハーバー


今年は阪神競馬場に新設された外回りコースで行なわれる。旧コースはスタートすると直ぐに2コーナーを迎えるため、外枠が不利といわれてきた。しかし、新コースは発走地点が向こう正面に移り、スタートしてから3コーナーまで444Mの直線を走る。そのため枠順の内外による影響は少なくなる。また、3-4コーナーのカーブも緩やかになり、最後の直線も右回りコースでは日本最長の474Mとなった。従来からゴール前にある高低差1.8Mの坂はそのままだが、器用さでこなせたトリッキーなコースからスピードとスタミナを要求されるタフなコースに生まれ変わった。

さて、阪神ジュベナイルF。過去10年の連対馬は2-3、7-6、3-11、1-3、1-6、7-9、1-11、6-10、8-3、8-9番人気の組み合わせで決まった。1-3番人気は計8連対と不振で、6番人気以下から12頭が連対している。馬連は1000円台2回、3000-8000円台4回、万馬券4回。まだ未完成の2歳馬たちによる重賞戦だけに波乱傾向が強い。

連対馬の前走は重賞組11頭、オープン特別組3頭、500万下組3頭、新馬勝ち組3頭。オープン組が連対馬の7割を占めているが、500万下からも6頭が連対。クラスを気にする必要はない。
前走成績は連対馬20頭中、11頭が1着で、3着4頭、5着以下5頭。馬券対象外となった5頭はすべて重賞からの参戦馬だった。ステップは6連対のファンタジーSが他路線を圧倒。札幌2歳S組が2連対で続いている。

キャリアは、1-5戦馬の3、4、6、4、2連対と7戦馬の1連対。キャリア5戦以内が理想となっている。
また、初勝利を見ると、15頭がデビュー戦を勝ち、2戦4頭、3戦1頭。2戦以内で初勝利を上げていることが連対条件になる。

勝利数別は1勝馬が5連対、2勝馬12連対、3勝馬3連対。1勝を挙げていれば連対はOKだが、優勝したのは一昨年のショウナンパントルただ1頭。馬単、3連単を狙うなら2勝以上馬を軸に指名したい。

関東馬VS関西馬は34頭と126頭で争い、6対14。連対率が17.6%と11.1%。連対数で関西馬がリードしているが、率で関東馬が逆転している。

◎…ルミナスハーバーは新馬戦でクビ差2着。デビュー戦で勝利を逃したが、次走の未勝利(芝1600M)で後続を7馬身離してレコード勝ちし、前走の500万下も2馬身半差で楽勝した。重賞は初挑戦になるが、ここでも十分に通用するスピードを秘めている。

○…前走ファンタジーSでアストンマーチャンは、直線だけで2着以下を5馬身ちぎってレコードVで圧勝した。けた違いのスピードを備えているだけにマイルでの折り合いがポイントになるが、4連勝でG1制覇のチャンス十分だ。

▲…イクスキューズは福島でデビュー戦を楽勝し、続くクローバー賞(オープン)をレコード勝ちした。ファンタジーSでアストンマーチャンの5馬身差2着に敗れたが、前走の一戦だけでは見切れない。

△1…ハロースピードもファンタジーSでアストンマーチャンの3着に敗れた。スタートで後手に回り、直線でも前が詰まる不利を受けたが3着に食い下がった。6馬身半差は決定的だが、前走で1番人気に推された素質馬。スムーズな流れで反撃があっても不思議はない。

△2…ピンクカメオは3カ月ぶりだったが、前走でくるみ賞(500万下)を快勝した。切れる脚はないが長くいい脚を使って見せた。距離延長は好材料で、G1レース2勝の兄ブラックホークの血も後押しする。

△3…ウオッカはデビュー戦を逃げて2着以下に3馬身半差をつけて楽勝した。前走は一転して後方で脚をためる待機策。スローペースの最後方から追い込む競馬で2着を確保した。キャリアの浅い2歳馬が味な競馬。このメンバーでも素質は見劣りしない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 テンザンコノハナ        
1 2 ウオッカ    
2 3 ルミナスハーバー
2 4 ホットファッション        
3 5 ピンクカメオ    
3 6 キャッスルトン        
4 7 マイネルーチェ        
4 8 ハロースピード
5 9 アストンマーチャン
5 10 コスモベル        
6 11 メジロアダーラ        
6 12 クラウンプリンセス        
7 13 バクシンヒロイン        
7 14 ディーズメンフィス        
7 15 ジーニアス        
8 16 イクスキューズ
8 17 ローブデコルテ        
8 18 ハギノルチェーレ        

買い目

大多9=8 9=16 9-3 9-5 8=16
綾恵9=3 9=2 9-8 9-16 3=2
山田3=9 3=16 3=8 9=16 9=8 16=8
たま3=9 3=16 3=2 3=5 3=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。