IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年4月8日(土)

11R

2006年4月8日(土) | 2回阪神5日 | 15:45発走

第49回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

予想

◎本命はラインクラフト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.21.2

初のスプリント戦となった前走の高松宮記念(G1)は2着までも、たたき台の印象が強かった3カ月ぶりの競馬で、勝ち馬とはわずかクビ差。地力の高さを改めて証明したといっていいレースぶりである。そして、今回はG2でメンバーがグッと落ちるだけでなく、牝馬同士。しかも、たたいた上積みが見込め、3戦3勝と絶対的な実績を誇る芝1400M戦へ出走するとなれば、57キロでも首位争いは濃厚といえよう。

○対抗はエアメサイア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.21.3

昨秋のローズS(G2)、秋華賞(G1)で本命馬を下している古馬牝馬トップクラスの一角。休み明けだった前走の中山記念(G2)は3着も、逃げ馬が大きく引き離して勝つ展開に加え、初となる古馬の牡馬相手。さらに久々を考慮すると、2着と0秒3差は負けて強しとまでいっていい内容だった。そして、今回は牝馬相手。上位争いへ加わってくる可能性は高いといえるが、当馬のベストは中距離であり、ここは明らかに本命馬のテリトリー。勝ちきるとまではいいづらく、対抗までが妥当な評価だ。

▲単穴はデアリングハート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.21.2

前々走の秋華賞12着、前走のスワンS(G2)においても15着と二桁着順が続いているが、減り続けた馬体が伸びを欠いた主な原因。馬体さえマトモなら、桜花賞3着、NHKマイルC2着の実績が示すように、小柄ながら上位の地力を秘めた存在だ。そして、今回は馬体回復が見込める休み明けで、中間調教も全盛期を思わせる軽快な動き。確かに本命、対抗と比べ実績は劣るが、この距離で55キロなら流れ次第では一角崩しまであっていい。

△抑えはチアフルスマイル。△穴はアズマサンダース。


今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・阪神牝馬S


ラインクラフトとエアメサイアの2強をまとめて破ればチアフルスマイル。前走は中山の坂で最後止まったが、前々走の京都牝馬Sで33秒6の末脚を見せて2着。決め手勝負なら互角以上だ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 オーゴンサンデー        
2 2 チアフルスマイル  
3 3 デアリングハート    
4 4 ラインクラフト
5 5 ジェダイト      
5 6 ショウナンパントル        
6 7 プリュネル      
6 8 シーイズトウショウ    
7 9 アズマサンダース      
7 10 スナークスズラン        
8 11 ライラプス      
8 12 エアメサイア

買い目

大多4=12 4=3 4-2 4-9 12=3
綾恵4=2 4=12 4-3 4-5 2=12
山田4=8 4=12 4=7 8=12 8=7 12=7
たま2=4 2=12 2=8 2=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。