2006年4月2日(日)

11R

2006年4月2日(日) | 2回阪神4日 | 15:45発走

第50回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 |

予想

◎本命はローゼンクロイツ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.3

菊花賞3着以来となった前走の中京記念(G3)で0秒1差2着。実績からすると負けられない相手関係ではあったが、当馬向きといえない小回りコースで僅差なら、地力の高さは示した形だ。そして、今回は毎日杯(G3)制覇を含め(1・1・1・0)の実績を残す好相性な阪神コース。確かに直前調教の動きはあまりよくないが、たたいた上積み、鞍上強化を考えると互角以上の争いは必至といえよう。

○対抗はアドマイヤジャパン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.8

皐月賞3着、菊花賞2着と、昨年の牡馬クラシックで本命馬以上の成績を残した4歳トップクラスの一角。約4カ月ぶりの出走となるためここは対抗評価までとしたが、中間の乗り込み量は豊富で、動きも元気一杯と気合乗りは十分。久々の競馬、鞍上替わりに戸惑わず、スンナリ流れへ乗れれば実力からして順当に勝ち負けだ。

▲単穴はマッキーマックス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.5

勝ち味の遅さゆえ準オープンクラスからなかなか脱せずにいた当馬が、前走のダイヤモンドS(G3)で一足飛びの重賞初制覇。内容も道中不利を受けてのレコード勝利とかなり濃く、長年期待され続けてきた素質が、ここにきてようやく開花した印象である。ただ、ここはあれだけ強かった長距離から一気の距離短縮。大きな割り引きは確かに必要となるが、本格化した今ならば距離の壁を克服しうる勢いはある。

△抑えはアサカディフィート。△穴はカンパニー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・大阪杯


過去10年、1-3番人気馬は9、1、4連対。1番人気が連を外したのは1回だけ。馬連はその年に9-4番人気の決着で3万8890円と荒れたが、7回は3けた配当で堅く収まっている。
前走は重賞組16頭、オープン特別組2頭、1600万下組2頭。重賞組以外は前走1着が連対条件になっている。路線別は有馬記念組が4連対でトップ。次いで京都記念、中京記念などが2連対で続いている。
年齢別は4-8歳上馬が8、7、1、3、1連対。高齢の7、8歳馬が健闘している。
前走のカンパニーは道悪に脚をとられ、追い込みが利かなかった。京阪杯を33秒台で差し切ったように、良馬場なら末脚がさく裂する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カンファーベスト      
2 2 アサカディフィート  
3 3 マッキーマックス  
4 4 ローゼンクロイツ
5 5 カンパニー  
5 6 シルクフェイマス      
6 7 アグネスシラヌイ        
6 8 ローマンエンパイア        
7 9 マーブルチーフ        
7 10 シルクネクサス      
8 11 アドマイヤジャパン  
8 12 スズカマンボ        

買い目

大多4=11 4=3 4-2 4-5 11=3
綾恵5=4 5=2 5-1 5-10 4=2
山田4=2 4=11 4=3 2=11 2=3 11=3
たま5=4 5=3 5=6 5=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。