IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年3月25日(土)

11R

2006年3月25日(土) | 2回阪神1日 | 15:45発走

第53回毎日杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4200、1700、1100、630、420万円 |

予想

◎本命はアドマイヤメイン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.9

前走の500万平場戦では、楽々ハナを奪うと4コーナーにおいてセーフティーリードを確保。直線でもメンバー中上がり最速の末脚でさらに後続との差を広げ、終わってみれば2着馬に9馬身差をつける大楽勝劇となった。今回は、骨のあるメンバーがそろった重賞戦だけに厳しい戦いとなりそうだが、前々走のきさらぎ賞(G3)において、後の弥生賞(G2)勝ち馬メイショウサムソンと差のない競馬ができたのだから、さほど障壁が高いとは思えない。さらに、当舞台である阪神コースでは(1・1・1・0)と抜群の安定感を誇っているため、ぜひ中心視してみた1頭だ。

○対抗はマイネルアラバンサ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.08.4

前走のすみれSでは、クラシック有力候補と目されるナイアガラ相手に最後まで食い下がり、クビ差の2着と好走した。しかも昇級初戦、初の渋った馬場と悪条件が重なった厳しい条件であったことを考えると、一層当馬の地力の高さを印象づけた1戦といえよう。今回は、初の重賞挑戦となるもののデビュー以来、未だ底を見せていない魅力と、前走から感じ取れる高いポテンシャルで相殺可能か。本命馬アドマイヤメインが主戦武豊騎手の不在の影響で存分に力が発揮できない場面があれば、逆転まであっても驚けまい。

▲単穴はエイシンテンリュー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.02.1

父サンデーサイレンス、母はエリザベス女王杯3着(G1)馬のエイシンサンサンと血統的な奥深さを感じさせる素質馬。前走の水仙賞(500万特別戦)では、直線早々先頭に躍り出ると、2着馬以下をグングン引き離して5馬身差つけて快勝し、オープンクラスでも十分戦える能力の高さを感じさせた。とはいえ、今回は重賞好走歴のある本命馬アドマイヤメインをはじめ一層相手関係が強化された印象が強いのに加え、本命視するほどの強調材料も見当たらないため、ここでは単穴評価に留めておきたい。

△抑えはマイネルポライト。△穴はインテレット。


今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・毎日杯


過去10年、連対馬は3-7、1-6、2-3、3-5、1-6、1-3、1-13、9-5、2-1、2-5番人気の組み合わせだった。上位1-3人気はアテにしづらいが、優勝馬の10頭中9頭を出している。馬連は1万670円、8450円と荒れた年もあるが、7回は3000円以内で決着した。
ステップは2連対で弥生賞、きさらぎ賞、すみれS組などが並んでいる。なお、連対20頭中15頭は前哨戦でも連に絡んでいた。
前走のトップオブツヨシは道悪とスローに末脚を殺され4着に敗れた。昨年、レコード決着の中京2歳Sでメイショウサムソン(スプリングS1着)の2着に頑張り、前々走の勝ちタイムも水準以上だった。皐月賞出走に連闘で勝負をかける。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シティボス        
2 2 エイシンテンリュー  
2 3 マイネルポライト    
3 4 フサイチギガダイヤ        
3 5 タガノエスペランサ      
4 6 トップオブツヨシ      
4 7 グッドフロマージュ        
5 8 プレザントウインド        
5 9 テューダーローズ      
6 10 インテレット      
6 11 アマノトレンディー      
7 12 アドマイヤメイン
7 13 クラフトミラージュ        
8 14 ヴィクトリーラン    
8 15 マイネルアラバンサ

買い目

大多12=15 12=2 12-3 12-10 15=2
綾恵2=12 2=14 2-5 2-15 12=14
山田9=15 9=3 9=12 15=3 15=12 3=12
たま6=2 6=12 6=11 6=14 6=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。