2006年9月10日(日)

11R

2006年9月10日(日) | 4回中山2日 | 15:35発走

第51回京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

予想

◎本命はマイネルスケルツィ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.5

4走前のきさらぎ賞(G3)でメイショウサムソン、ドリームパスポートと差のない競馬をし、続くニュージーランドT(G2)においては後のG1ウイナー・ロジックを楽々下している3歳トップクラスの一角。前走のNHKマイルC(G1)は10着となってしまったが、発馬直後のつまずきが敗因のすべて。今回は3戦3勝のパーフェクトな成績残す中山コースなのに加え、ハンデも軽量な54キロ。スタートさえスンナリ決まれば好走条件が整っているだけに、古馬初対戦、4か月ぶりであろうとも、3歳屈指の地力を遺憾なくみせてくれそうだ。

○対抗はインセンティブガイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.4

3走前こそ大きく期待を裏切ったとはいえ、前々走の京王杯スプリングC(G2)2着、前走の安田記念6着など、今年に入ってからの安定した成績を見る限り、完全に充実期へ入った感。そもそも関屋記念(G3)で3着していた実力馬。休み明けの上、ハンデ57キロはかなり見込まれたが、気性的にポン駆けは利くタイプだし、ハンデも今の勢いなら克服は可能なはずで、勝ち負けまで期待していいだろう。

▲単穴はマイネルモルゲン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.8

一昨年、昨年と当レースを連覇中の実力馬。そして、今回も関越Sで一度叩いて出走という昨年と全く同じローテーション(昨年4着、今年3着)。直前調教の物足りなさ、昨年より0.5キロ増のハンデなど不安材料はあるが、重賞3勝の地力、コース適性の高さで相殺は可能とみて単穴評価とする。

△抑えはカンファーベスト。△穴はローエングリン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

中山得意,ローエングリン


過去10年、連対馬は3-5、2-7、1-3、7-8、1-3、1-2、1-4、6-8、2-5、3-4番人気の組み合わせで決まった。(02年は新潟開催)。上位3番人気がそろって連から消えた99、03年に馬連で2万3440円、1万6490円と荒れたが、8回は3けた配当3回を含む4000円以内で決着している。

最有力路線は1着1回、2着5回、3着5回の関屋記念組。その時の成績は(5)着、(3、5、2、2、14)着、(8、2、1、3、11)着。前走着順に関係なく好走している。

年齢別は3-7歳上馬が11、25、41、23、17頭出走して1、6、8、4、1連対。連対20頭中18頭を4-6歳馬が占めている。
関東馬は82頭出走して7勝、2着8回で、関西馬が35頭で3勝、2着2回。連対率は、18.3%対14.3%。連対数、率とも関東馬が関西馬をリードしている。

性別は牡馬が93頭で18連対し、牝馬が24頭で2連対。牡馬は苦戦している。トップハンデ馬は延べ17頭出走して3勝、2着2回。連対率29.4%の好成績ならノーマークにはできない。

◎…前走ローエングリンは内から鋭く伸びて4着。59キロを背負って上がり32秒9をマークした。中山は1年半ぶりになるが、中山記念を含めて3勝をあげている得意の舞台。前走1キロ減のハンデなら引き続き首位争いになる。

○…相手は3連覇を狙うマイネルモルゲン。8カ月ぶりの関越Sで3着。ダートをたたいての出走となるが、これは昨年と同じローテーションで心配はない。中山の芝で5勝を上げて、うち3勝がマイル戦。たたき2戦目の上積みも魅力だ。

▲…ペールギュントは重賞2勝の実力馬。今季はのど鳴りの手術明けのエプソムCで14着と凡退したが、続く米子Sで3着と早々に復調をアピールした。前の止まらない流れで前走の関屋記念では6着に敗れたが、レース最速の上がりをマークした。展開ひとつで突き抜けても不思議はない。

△1…インセンティブガイは鉄砲で1000万下を勝ち、G3戦で3着の実績がある。ここは3カ月ぶりとなるが、春に京王杯スプリングC2着、不利のあった安田記念で6着。能力はこのメンバーに入ってもヒケを取らない。

△2…カンファーベストは関屋記念を中団待機で、鮮やかに差し切った。芝で初距離だったが、ダート1600Mで2着3回からマイラーの資質があったということか。前走から1キロ増の斤量を背負うが、前回と同じ脚を使えればV争いに加われるだろう。

△3…ワディラムは強敵相手の前走、関屋記念で0秒4差の5着と健闘した。もともと1600Mはベストの条件で、15戦して5勝、2着1回、3着2回。中山コースは初めてだが、混戦になれば出番はある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ローエングリン  
1 2 スクールボーイ      
2 3 フォーカルポイント      
2 4 マイネサマンサ        
3 5 サイドワインダー        
3 6 カンファーベスト
4 7 ワディラム    
4 8 ステキシンスケクン        
5 9 マイネルハーティー        
5 10 マイネルモルゲン    
6 11 インセンティブガイ  
6 12 ストーミーカフェ        
7 13 ペールギュント      
7 14 マイネルスケルツィ  
8 15 キネティクス        
8 16 ダイワバンディット        

買い目

大多14=11 14=10 14-1 14-6 11=10
綾恵6=11 6=1 6-2 6-14 11=1
山田14=3 14=6 14=7 3=6 3=7 6=7
たま1=10 1=13 1=6 1=7 1=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。