IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年2月11日(土)

9R

2006年2月11日(土) | 1回東京5日 | 14:30発走

セントポーリア賞

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | 500万下 (混合)(特指) 馬齢 | 本賞金:1000、400、250、150、100万円 |

予想

◎本命はネヴァブション。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.4

前走の京成杯(G3)では直線後方から追い込むも、時既に遅しで0秒4差の3着まで。道中、内にモタれ気味でスムーズな競馬ができなかったのが敗因。自己条件に戻る今回、キャリアや持ち時計の実績はメンバー中ダントツのトップであり、ここ2戦は脚を余して敗れている印象なので、直線の長い府中コースも好材料。勝ち切れないタイプである懸念はあるが、ここも確実に上位争いだろう。

○対抗はマイネルキッツ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走の府中・未勝利戦では、熾烈な首位争いをする2頭を、大外から並ぶ間もなく交わして快勝。馬体重プラス14キロも成長分だった様子で、ホープ誕生を印象付ける競馬となった。その際に2着に負かしたマチカネゲンジが直後のレースで勝ち上がり、500万クラスでも好走していることからも、この勝利の価値はさらに高まっている。帰厩後の追いきり本数が少ないのは気になるが、能力さえ出し切ればアッサリの場面まで。

▲単穴はトーホウアラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.05.8

△抑えはハンナフレグランス。△穴はブラックランナー。


今週のワンポイントアドバイス

◇東京9R・セントポーリア賞


トーホウアランは直線で楽々と抜け出して、デビュー戦を飾った。スローペースの2番手で折り合い、しまいもしっかりと伸びた。500万下なら昇級の壁はなく、連勝のチャンスだ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マイネルキッツ  
2 2 ハンナフレグランス      
3 3 ブラックランナー    
4 4 ユキノアサカゼ      
5 5 ネヴァブション
6 6 アラメダキング        
7 7 エイシンテンリュー  
7 8 コスモラバンジン        
8 9 タマモステイタス      
8 10 トーホウアラン

買い目

大多5=1 5=10 5-2 5-3 1=10
綾恵7=5 7=4 7-1 7-10 5=4
山田5=7 5=10 5=9 7=10 7=9 10=9
たま10=1 10=7 10=3 10=5
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。