IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2006年8月19日(土)

8R

2006年8月19日(土) | 3回新潟3日 | 14:00発走

驀進特別

芝・直線 1000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | 1000万下 (混合) 定量 | 本賞金:1480、590、370、220、148万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はオルガス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・0.54.8

1000M初挑戦となった前走の閃光特別(500万)では、2着に2馬身差をつけて快勝し、直線レースへの適性をみせた。今回は昇級戦となるが、引き続き新潟の直線1000Mで行われるのに加え、ハンデは据え置きの52キロ。メンバーも手薄とあって、ここはあっさり決めても不思議はない。

○対抗はウインレックス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・0.56.1

昇級戦となった前走の火打山特別では、いきなり3着に入り、このクラスでも十分に戦えることを証明した。今回、直線1000Mには2度目の挑戦となるが、前回の飛竜特別(500万)では0秒1差の3着に入っており、適性は問題なし。今は馬体の調子もよく、引き続き好走が期待できそうだ。

▲単穴はミスホーユー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・0.54.8

△抑えはブライティアミラ。


今週のワンポイントアドバイス

◇新潟8R・驀進特別


01年に新設された直線1000メートルの競馬。過去5年は14、16、15、12、11頭立て。連対馬は1-10、2-(1、4)、1-2、3-1、2-1番人気の組み合わせで決まった(02年は2着同着)。馬連は6930円、(360円、870円)、790円、730円、390円。初年度に2けた人気が2着に食い込んで荒れたが、4回は人気馬同士のワンツーで固く収まっている。
関東馬VS関西馬は56頭と9頭で争い、8対3。関西馬は連対数で見劣るが、率で関東馬をリードしている。
年齢別は3-7歳上馬が8、15、27、16、2頭出走して、3、3、3、2、0連対。7歳上馬をを除くと差はないが、3歳馬が率で優位に立っている。牡馬は24頭で3連対し、牝馬が44頭で8連対。出走数、率で牝馬が牡馬を大きく上回っている。
ブライティアミラの2走前の芝やや重1200メートル(500万下)1分9秒4は、当日のTUF杯(1600万下)とわずか0秒1差。直線競馬は初めてだが、2着を3馬身ちぎったスピードは1000万下でも十分に通じる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブラジリアンサンバ        
2 2 ケイビイスパイダー        
3 3 テイエムロマンス    
4 4 ウインレックス
5 5 ミスホーユー  
6 6 エニフ        
7 7 トミケンウイナー        
8 8 ブライティアミラ
8 9 オルガス

買い目

大多9=4 9=5 9-8 4=5
綾恵4=9 4=8 4-3 9=8
山田9=4 9=5 9=8 4=5 4=8 5=8
たま8=5 8=3 8=4 8=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。