IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年9月19日(月)

9R

2005年9月19日(月) | 4回阪神4日 | 14:35発走

第7回阪神ジャンプステークス(J・GIII)

障害・芝 3170m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系障害3歳以上 | オープン (混合) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はフミノトキメキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

未勝利、オープン、そして前走の小倉サマージャンプ(J・G3)を3連勝と快進撃を続ける当馬。クラスが上がるごとに2着馬との着差を広げている強い内容には恐れ入るばかりだ。今回は初めて背負う62キロと、前走からややレース間隔が開いた点が懸念材料だが、この中間も順調に乗り込まれており、そこでマークした時計を見る限り状態は前走以上。既に2勝を挙げている阪神コースならば、今回のレースもアッサリとなる可能性が高い。

○対抗はアズマビヨンド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

障害転向後の全11戦の内、たった1度しか掲示板を外していない堅実馬。前走の新潟・オープン平場戦では1秒以上離された5着に敗れたが、休み明けだった上、斤量63キロを背負っての結果なら同情の余地はある。今回は一度使われた上積みに加え、斤量は前走から3キロ減と条件は好転。本命馬との勢いの差から対抗評価に留めたが、オープン特別を2連勝した実績は伊達ではないはずで、メンバー構成からも当然有力扱いだ。

▲単穴はエイシンキンダー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

昇級初戦の前走で、いきなり1馬身半差の2着。内を上手く回った勝ち馬には及ばなかったものの、自分から早めに動いた末の結果で、むしろ負けて尚強しの内容だった。障害キャリアわずか3戦にも関わらず、飛越はかなりの進歩を遂げており、平地レースで3勝を挙げた実績も加味すれば今後はさらなる上昇が期待できそう。初重賞戦でも楽しみな存在だ。

△抑えはテイエムコンバット。△穴はフレノキャプテン。


予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スカイバレンタイン        
2 2 マイネルユニバース  
3 3 ダイナミックゴール        
4 4 フレノキャプテン      
4 5 フミノトキメキ
5 6 メジロブルーム        
5 7 アズマビヨンド
6 8 エイシンキンダー  
6 9 オースミダイヤ        
7 10 テイエムキャット    
7 11 テイエムコンバット    
8 12 タガノガルチ      
8 13 ブラックヘリオス        

買い目

大多5=7 5=8 5-4 5-11 7=8
綾恵10=5 10=2 10-7 10-11 5=2
山田5=2 5=7 5=8 2=7 2=8 7=8
たま12=5 12=10 12=2 12=7 12=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。