2005年5月14日(土)

9R

2005年5月14日(土) | 3回京都7日 | 14:35発走

第7回京都ジャンプステークス(J・GIII)

障害・芝・内->外 3170m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系障害4歳以上 | オープン (混合) ハンデ | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 |

予想

◎本命はラージヒルジャンプ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・3.28.6

1番人気に推された前走のオープン平場戦では、4角から早め先頭で押し切って勝利。今回出走するエリモカントリーらにも先着を果たしており、昨年11月に障害入り2戦目で勝ち上がって以来、6戦5連対と絶好調だ。初の重賞挑戦となった阪神スプリングJ(J・G2)でもいきなり2着した程の素質馬で、京都は4勝を挙げている得意のコース。直線ダートから芝へと替わるが、3170M戦は2戦2連対とあつらえ向きの条件だ。斤量61キロでも勝利実績があるとなれば、人気でも逆らう手はなく、手堅い中心馬といえそう。

○対抗はローレルロイス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の中山グランドJ(J・G1)では、10番人気の低評価を覆して0秒3差の3着に激走。初コースのハンデも苦にすることなく、自分から強気に動いた末の敗戦なら、負けてなお強しを印象付けた。今回はハンデも62キロとなるが、500キロを超す大型馬なので斤量に泣かされることはあるまい。初見参となる京都コースには不安はあるものの、ここは相手関係が格段に楽になっており、前走の再現以上まで期待できる。

▲単穴はテイエムマッチョ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・3.30.4

休み明けだった前走のオープン平場戦は、本命馬に2秒近く離されての5着に敗退。スタートから2番手を追走するも、4コーナー付近で早くも脱落したあたり、約半年ぶりの実戦で息が保たなかった様だ。障害転向後、掲示板を外したのは1度だけという堅実味が売りで、阪神・京都の3170M戦では、勝利こそないものの(0・3・1・1)と持ち前の安定感に拍車がかかるのも好印象。03年の阪神ジャンプS(J・G3)で、ウインマーベラスに1馬身差の2着と好走した実績もあり、一度叩かれて上積みが見込める今回は侮れない存在に。

△抑えはテイエムコンバット。△穴はルールレッドスター。


予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エリモカントリー    
2 2 ラストコンテスト        
3 3 メジロアービン      
4 4 スリーカルチャー        
5 5 ギルデッドエージ      
6 6 テイエムコンバット  
6 7 ルールレッドスター      
7 8 ラージヒルジャンプ
7 9 カナエカイウン      
8 10 テイエムマッチョ    
8 11 ローレルロイス

買い目

大多8=11 8=10 8-6 8-7 11=10
綾恵11=10 11=1 11-8 11-9 10=1
山田8=11 8=3 8=6 11=3 11=6 3=6
たま1=11 1=5 1=6 1=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。