2005年12月18日(日)

11R

2005年12月18日(日) | 3回中京6日 | 15:35発走

第41回CBC賞(GII)

芝・左 1200m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 |

予想

強風のため中止

◎本命はマルカキセキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.06.9

重賞未勝利ながら3走前のセントウルS(G3)で0秒2差3着、前々走のスプリンターズS(G1)でも0秒3差4着の実績を残す力量馬。前走のアンドロメダSは57.5キロの酷量を背負いながら、一枚上の決め手を披露する楽勝のレースぶり。3戦3着外の舞台成績は多少気にはなるが、引き続きの好気配に加え57キロの別定戦となる今回、舞台以外の条件は好転しているだけに、重賞初勝利の公算は高いと判断したい。

○対抗はシーイズトウショウ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.06.7

休み明けの近2走は12、9着と着順こそ悪いものの、前々走はG1戦で、前走はオープンクラスといえど牝馬には厳しいハンデ57.5キロ。どちらも敗戦理由がハッキリしており、度外視していい結果といっていいだろう。今回は、一昨年の当レース覇者に加え、4走前のテレビ愛知杯でコースレコード勝利している相性抜群の舞台。さらに好走手頃なたたき3走目で別定55キロなら、大きな見直しが必要といえよう。

▲単穴はビッグプラネット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

アーリントンC(G3)をデビューから2連勝で制覇している素質馬。その後はパッとした成績を残せずにいるが、1ハロンの距離短縮となった前々走のスワンS(G2)で0秒2差2着。前走のマイルCS(G1)で0秒4差の競馬をしているとはいえ、前々走のレースぶりから考えると現状は持ち前のスピードを生かせる芝1400M戦付近があっているようだ。今回が初とはいえ、一気の距離短縮となる待望のスプリント。上向いてきている状態を考えると一変があって不思議はない。

△抑えはゴールデンキャスト。△穴はゴールデンロドリゴ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇中京11R・CBC賞


シーイズトウショウは5月にTV愛知オープンをレコードで勝ち、続く函館スプリントSと連勝した。平たん小回り巧者のたたき3戦目。Vチャンスだ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ゴールデンキャスト    
1 2 シンボリグラン    
2 3 シルクトゥルーパー      
2 4 カネツテンビー      
3 5 ビッグプラネット  
3 6 シーイズトウショウ    
4 7 シルキーラグーン        
4 8 マルカキセキ
5 9 ゴールデンロドリゴ      
5 10 ナゾ        
6 11 ウインラディウス      
6 12 ギャラントアロー        
7 13 キーンランドスワン      
7 14 フジサイレンス        
8 15 フェリシア      
8 16 ローエングリン      

買い目

大多8=6 8=5 8-1 8-9 6=5
綾恵8=4 8=5 8-1 8-3 4=5
山田2=8 2=5 2=15 8=5 8=15 5=15
たま6=8 6=16 6=2 6=11 6=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。