2005年9月25日(日)

11R

2005年9月25日(日) | 4回中山6日 | 15:35発走

第51回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はヴィータローザ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・2.24.5

セントライト記念(G2)やラジオたんぱ賞(G3)を制すなど、重賞戦線で息の長い活躍を続ける古豪。今年の始動戦となった金鯱賞(G2)では、G1馬タップダンスシチーにはやや及ばなかったものの、G1で2着の実績があるシルクフェイマスらを退けて2着と好走。前走の新潟記念(G3)においても0秒4差の3着と堅実の走りを見せ、相変わらずの力を披露した。今回は菊花賞(G1)2着馬ホオキパウェーブなどの強敵がそろったが、当舞台でのG2勝ちの実績を素直に評価して本命に推してみたい。

○対抗はホオキパウェーブ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.10.1

菊花賞(G1)2着、レコード決着したセントライト記念でもコスモバルクのクビ差の2着に迫った素質馬。ジャパンC(G1)出走後脚部不安を発症し長らく休養を余儀なくされ、復帰戦となった前走の札幌記念(G2)では、大幅な馬体増などが大きく影響して9着と惨敗。それでも内容自体には当馬の良さが見られただけに、次につながるレースであった。今回は念入りに乗り込まれ、調教でも素軽い動きを披露。一線級が不在で実力伯仲のメンバー構成なら、当馬の地力からして有力な1頭であることは間違いないだろう。

▲単穴はコイントス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

長らく不振が続いた当馬であったが、前走の札幌記念(G2)で僅差の3着と好走し、復調気配を感じさせた。元々、有馬記念(G1)3着をはじめ、数多くの重賞レースで連対、着を確保してきた実績は決して侮れまい。今回のオールカマーの(G2)は前残りの傾向が色濃く、過去5年でも逃げ馬が3頭も連に絡んでいるだけに、当馬の先行力は魅力的だ。7歳の高齢となって上積みには疑問が残るが、前走同様に気持ちよく単騎で逃げれば、面白い存在になりそう。

△抑えはエルノヴァ。△穴はグラスボンバー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・オールカマー


過去10年(02年は新潟開催)、1-3番人気は5、5、4連対で、4、5番人気も4、1連対。上位人気馬の活躍で伏兵馬の出番は少ない。馬連は3けた配当4回を含む1500円以内が8回と2470円、7510円。波乱の要素は少ない。
ステップは新潟記念組が7連対でトップ。札幌記念組や宝塚記念組などが2連対で続いている。年齢別は3-7歳上馬が6、20、31、30、11頭出走して1、5、8、5、1連対。5歳馬が世代をリードしている。
たたき2戦目のチャクラが反撃する。前走は休養明け、トップハンデで、流れもスローと厳しい条件が重なった。中山はステイヤーズSを勝った舞台で、距離延長も好材料だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 グラスボンバー  
2 2 サンライズシャーク        
3 3 カゼニフカレテ        
4 4 カナハラドラゴン        
5 5 エルノヴァ  
6 6 チャクラ      
7 7 コイントス
7 8 ヴィータローザ
8 9 ヤマノブリザード      
8 10 ホオキパウェーブ  

買い目

大多8=10 8=7 8-1 8-5 10=7
綾恵7=5 7=8 7-9 7-10 5=8
山田1=8 1=5 1=7 8=5 8=7 5=7
たま6=8 6=1 6=7 6=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。