2005年4月9日(土)

11R

2005年4月9日(土) | 3回中山5日 | 15:40発走

第23回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

予想

◎本命はセイウンニムカウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.8

始動戦だった前走のアーリントンC(G3)で、6番人気ながらクラシック有力候補のビッグプラネットを相手に0秒3差2着に好走。前々走の朝日杯フューチュリティS(G1)で0秒4差5着し、3走前の京王杯2歳S(G2)3着の実績から考えれば伏兵評価が不思議なくらい。前走くらいは走って当然の逸材なだけに、一度叩かれた上積みが見込めるここは、初重賞制覇を果たしてもなんらおかしくない。

○対抗はマイネルハーティー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.8

前々走のシンザン記念(G3)でペールギュント相手にハナ差2着している実力馬。前走の若葉Sは8着と惨敗を喫しているものの、距離延長と久々が影響しての結果だけに度外視してよかろう。朝日杯フューチュリティSで本命馬に先着している実績から考えて、一度使われて得意のマイルに戻ってきた今回は巻き返しの期待十分といえよう。

▲単穴はディープサマー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.9

前走のクリスタルC(G3)で早々にハナへ立ち、2着以下をちぎる快勝劇。ただ、前走のレースぶりや、函館2歳S(G3)2着などの実績を見る限りスプリントまでが限界の印象で、マイル戦のここは単穴評価までか。しかし、出走メンバーで唯一重賞勝ちしている実績上位馬だけに、朝日杯フューチュリティSで本命馬に次ぐ6着と健闘している点や今の勢いから考えて、軽視はできない存在だ。

△抑えはインプレッション。△穴はイヤダイヤダ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・ニュージーランドトロフィー


過去5年、連対馬は1-5、3-1、11-1、7-8、1-16番人気で決まった。1番人気は4連対と好調だが、2、3番人気は不振。馬連は1280円、840円、7360円、1万1120円、1万7580円と波乱傾向を見せている。ステップはアーリントンC組3連対、クリスタルC組2連対。連対馬は10頭すべてが2勝以上を挙げ、キャリアは3-6戦となっている。
マチカネオーラで勝負する。1600メートルは3戦して1勝、2着2回とパーフェクト連対。前走は2カ月半ぶり、距離も少し長かった。たたき2戦目、得意のマイルで一変する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マルターズビクター        
1 2 セイウンニムカウ  
2 3 セレスエンブレム        
2 4 アグネスジェダイ        
3 5 ピカレスクコート      
3 6 ミスターケビン    
4 7 マチカネオーラ    
4 8 マイネルハーティー  
5 9 インプレッション
5 10 セイウンプレジャー      
6 11 イヤダイヤダ      
6 12 モエレフェニックス        
7 13 チアフルワールド        
7 14 フサイチアンテウス      
8 15 ディープサマー    
8 16 スプリットメイド        

買い目

大多2=8 2=15 2-9 2-11 8=15
綾恵9=5 9=7 9-6 9-10 5=7
山田8=2 8=9 8=14 2=9 2=14 9=14
たま7=8 7=2 7=6 7=9 7=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。