競馬 - フジテレビ賞スプリングステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年3月20日(日)

11R

2005年3月20日(日) | 2回中山8日 | 15:35発走

第54回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はペールギュント。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.48.4

年明けのシンザン記念(G3)では、直線半ばでマイネルハーティーと一騎打ちの様相を呈したが、写真判定の結果はハナ差先着で勝利。後方から徐々に追い上げて、直線大外へ回しての横綱相撲で勝ちに行っており、斤量を1キロ余計に背負っていたことを考慮すれば、同斤量ならもっと楽に勝っていた可能性もありそうだ。ここまでの6戦で重賞2勝を含む3勝、2着1回で、残りもデビュー戦と朝日杯FS(G1)の3着2回であるから、実績は他馬の追随を許していない。後方一気で結果を残してきたので、未だ前有利の傾向がある中山の馬場に不安もあるが、近年の当競走上位馬を見れば、切れ味に富んだ差し馬も多く、一概に不利とは言えまい。距離も2000M辺りまでは大丈夫と思われるだけに、今回で皐月賞への不安材料はすべて払拭できるはずだ。

○対抗はヴァーミリアン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.48.7

暮れのラジオたんぱ杯2歳S(G3)では、ローゼンクロイツ以下を1馬身差に封じての重賞制覇。かなりスローな流れになってしまったが、離れて逃げるシルクネクサスの2番手という絶好のポジションを取れたこともあり、直線の上がり勝負でも余裕を持って対応できた様だ。1800??2000Mのみを走って4戦2勝、2着2回と底を見せておらず、早くからクラシックを見据えたローテーションを組んできた点も好感が持てる。2月末に栗東へと帰厩して坂路主体で乗り込まれていたが、今週の追い切りは4ハロン51秒5、終い14秒1を計時。終い1ハロンの時計が掛かっているが、昨年も終いは13秒後半などが多かったので、それほど気にする必要はなかろう。賞金的にも当面の間は問題ないので、ここは皐月賞への試走といったニュアンスが大きい気もするが、前に行ける利点を生かして本番へと繋がるレースを見たいところだ。

▲単穴はパリブレスト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

今回は上位2頭が抜けているので、3番手はかなりの混戦模様となっているが、ここでは前走クロッカスSで素質の片鱗を見せた当馬を指名したい。その前走は1000Mの通過が57秒7というハイペースの展開だったが、中団の4番手から直線外目をグングンと伸びて、内で粘るチアフルワールドをゴール時にハナ差だけ差し切った。デビュー戦もクビ差勝ちだったので派手さこそないものの、2・3着馬が先週のクリスタルC(G3)で優勝、4着と好走しており、世代屈指のスプリンターたちを一蹴した点は高く評価したい。今週は南芝コースで5ハロン62秒台と軽めに流されたが、1週前の段階で美浦坂路にて4ハロン50秒9、終い12秒6の好時計を叩き出しており、出来の良さを加味すれば重賞ウイナー2頭に迫れる可能性も。

△抑えはマキハタサーメット。△穴はワールドアベニュー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚鋭いスキップジャック


3着までに優先出走権が与えられる皐月賞トライアル。過去10年、1番人気は5勝、2着2回と上々の成績を挙げているが、2、3番人気は2、1連対と元気がない。代わりに6番人気以下から7頭が連に絡んでいる。
98年に馬連5万5220円馬券が飛び出して驚かされたが、この年以外は荒れても6000円台。1番人気馬を素直に信頼していい。ただ、連対した7頭の単勝はすべて100円台で、残る3頭が230円(3着)、330円(4着)、300円(5着)。単勝100円台が連対への条件になっている。
ステップはアーリントンC(G3)組が4連対で、朝日杯FS(G1)組ときさらぎ賞(G3)組が3連対で続いている。勝利数別は、1-3勝上馬が1、13、6連対。1勝馬では苦しく、2勝以上馬を狙いたい。キャリアは20頭中17頭が4-7戦。該当しない3頭は3戦馬(2頭)と9戦馬(1頭)。キャリア2戦馬や10戦以上の連対馬は見られない。
◎…スキップジャックが巻き返す。朝日杯FSは手応え十分で直線に向かったが、前が壁になるアクシデントで11着。脚を余す不完全燃焼の競馬に終わった。昨年の京王杯2歳S(G2)は直線内から鮮やかに抜け出し、G2タイトルをもぎ取った。4カ月ぶりでも仕上がりは万全。休養明け初戦から首位争いになる。
○…相手筆頭にヴァーミリアンを挙げる。暮れのラジオたんぱ杯2歳S(G3)は2番手追走から、直線余裕の差し切りVを見せた。4戦中3戦で上がり33秒台をマーク。末脚の切れには定評がある。ただ、中山は初コースで、11頭以上の多頭数戦も初体験。その分割り引いて対抗に留めた。
▲…ペールギュントはデイリー杯2歳S(G2)と前走のシンザン記念(G3)を制覇して、早くも重賞2勝をマークした。後方からの競馬で展開に注文は付くが、展開がはまれば上記2頭と互角に渡り合える。
△…3戦2勝のダンスインザモアも差はない。勝ち星はいずれも道悪だったが、2戦目の寒竹賞では中団から徐々に追い上げ、0秒2差の4着に健闘した。走破時計から良馬場のスピード決着に対応できそうだ。
△…逃げるとマキハタサーメットもしぶとい。前走きさらぎ賞は向こう正面でハナに立つとマイペースに落とし、直線でも二の脚を使ってハナ差2着。1400Mから1800Mへの距離一気の延長をものとせず、キッチリ連を確保した。単騎先頭が望めるここも要警戒だ。
△…パリブレストは2戦2勝。クビ、ハナ差の接戦を制して2連勝してきた。キャリア2戦はデータ的には狙いづらいが、相手なりに走れる勝負強さは高く評価できる。血統からは距離延長に不安はなく、穴を出せばこの馬だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ワールドアベニュー      
1 2 ウインクルセイド      
2 3 カンペキ        
2 4 ディーエスハリアー        
3 5 ダンスインザモア      
3 6 スキップジャック      
4 7 ペールギュント  
4 8 マキハタサーメット  
5 9 パリブレスト
5 10 コクサイトップラヴ        
6 11 ストラスアイラ      
6 12 カネサマンゲツ      
7 13 ヴァーミリアン  
7 14 アグネスジェダイ        
8 15 トップガンジョー      
8 16 プライドキム        

買い目

大多7=13 7=9 7-1 7-8 13=9
綾恵9=2 9=11 9-12 9-15 2=11
山田9=13 9=7 9=8 13=7 13=8 7=8
たま6=13 6=7 6=5 6=8 6=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。