2005年3月6日(日)

11R

2005年3月6日(日) | 2回中山4日 | 15:35発走

第42回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

予想

◎本命はマイネルレコルト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

暮れの朝日杯FS(G1)をレコードで制覇。逃げたストーミーカフェがハイペースで引っ張る厳しい流れであったが、早めの追い出しで抜け出すと、2着に粘ったストーミーに2馬身差を付ける完勝ぶり。マイルまでしか経験がないので距離に不安が残るが、過去の当競走優勝馬にも距離未経験のケースが多く、対応できないと考えるのは早計だ。スローでもハイペースでも勝利を挙げており、折り合いに不安がないのも大きな長所といえる。帰厩後の2月半ばに美浦坂路で4ハロン49秒台を叩き出して驚かせたが、おそらくは放牧先のビッグレッドファームで乗り込んでいた成果であろう。今週も坂路で4ハロン50秒8、終い12秒2の好時計を馬なりで叩き出しており、出走態勢は万全。早い内から重賞戦で揉まれてきたキャリアからも、2勝目に手間取った様な馬とは地力が違うはずだ。恐ろしい末脚を誇るディープインパクトは脅威だが、今回は自ら勝ちに動ける当馬を上位に据えてみたい。

○対抗はディープインパクト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.8

4馬身差の楽勝だった新馬戦でも、上がり33秒台の類い希な瞬発力を発揮して驚かせたが、真にベールを脱いだのは前走の若駒S。大逃げ打ったテイエムヒットベが失速するほどのハイペースだったが、前で粘ろうとしたケイアイヘネシーをアッサリ交わすと、グングンと伸びてゴール時には5馬身もの差が付いていた。前走で下したケイアイヘネシー、3着インプレッションの次走以降が善戦止まりなので、メンバーに恵まれたものという邪推も出来そうだが、新馬戦で退けたコンゴウリキシオーがきさらぎ賞(G3)を制したことで、少なくとも重賞レベルの水準にあることは間違いなさそうだ。追い切りの方も、栗東DWで1週前には珠玉の6ハロン79秒台、今週は武豊騎手を背に6ハロン82秒、終い11秒台を馬なりで出るほどの充実ぶり。今回は積極的にペースを上げそうな馬が不在とあって、当馬の持ち味が最大限に生きる瞬発力勝負の流れが濃厚。早い段階で本命馬を射程圏内に捉えていれば、勝つのは当馬の方かもしれない。

▲単穴はアドマイヤジャパン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.03.8

降雨の不良馬場で行われた京成杯(G3)において重賞初制覇。いつもの様に出遅れ気味の発馬だったが、徐々に押し上げる形で上手く抜け出しており、前々走ラジオたんぱ杯2歳S(G3)で3着の実績はダテではなかった。半兄・ビワワールドは脚部不安で大成し損ねたものの、当馬はクラシック路線へと無事に進出。未だ発馬に改善が見られず、馬体的にも成長途上の段階のため、本当に良くなるのは先になりそうだが、上位2頭以外とならヒケは取らない。ラジオたんぱ杯2歳S時に上がり勝負で敗れていることからも、瞬発力を問われると分が悪い印象だが、体力勝負に問題ないのは前走で証明済み。当日の馬場次第では本命・対抗2頭に割って入れる可能性も残っている。

△抑えはマチカネオーラ。△穴はニシノドコマデモ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

皐月賞へ王手,マイネルレコルト


上位1-3着馬が皐月賞へ優先出走できるトライアル。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。
連対馬は1-2、2-3、3-4、2-3、2-1、1-4、1-2、4-2、2-4、2-3番人気の組み合わせで1、2着した。連対馬はすべて4番人気以内。上位人気馬が人気に応えているが、特に2番人気は5勝、2着3回と大活躍している。馬連は3けた配当5回(01年は枠連)、1000円台3回、2000円台1回と3100円と平穏に収まっている。ただ3着を見ると、8、1、5、1、4、2、4、7、7、6番人気が入線。人気薄馬の食い込みが目立ち、3連複、3連単では波乱を視野に入れた馬券検討が必要だ。
連対馬の前走は重賞12頭、オープン特別4頭、500万下4頭。そこでの成績は02年に4着から巻き返したバランスオブゲームを除くと、19頭すべてが1、2着馬。前哨戦で連を外した馬は減点対象になる。路線別は朝日杯FS(G1)4連対、ラジオたんぱ杯2歳S(G3)・きさらぎ賞(G3)が3連対で並んでいるが、今年は朝日杯FS組のみの出走となった。
勝利数別は1-3勝以上馬が29、70、22頭出走して、1、13、6連対。1勝馬は明らかに力不足で、2勝以上馬を狙いたい。キャリアは2-7戦以上馬が2、10、3、1、1、3連対。所属別は関西馬14連対、関東馬5連対、地方馬1連対となっている。
◎2歳王者マイネルレコルトが関西馬を迎え撃つ。5戦4勝の実績はやはり光るものがある。出遅れた京王杯2歳S5着以外は危なげない勝利で、前走の朝日杯フューチュリティSも自分から勝ちに行ってのレコードV。間隔は開いたが調教で好時計を連発して久々の心配は全くない。皐月賞と同じ舞台で勝利を収めてG1へ王手をかける。
○ディープインパクトは新馬、若駒Sと圧倒的な強さで連勝した。初戦は4馬身差、前走もとても届くとは思われない位置から5馬身差をつけた。いずれも上がり33秒台と次元の違う末脚で圧勝した。本命馬と甲乙付けがたい資質を秘めている。
▲2強に割って入ればブレーヴハート。ここまで2勝、2着1回。3戦はいずれもダートだが、2勝はともに大楽勝だった。母は仏オークス馬カーリングで、半兄に快速馬ローエングリンがいる良血馬。初芝でも大駆けがあっても驚けない。
△アドマイヤジャパンも怖い1頭。デビュー戦で2着を2馬身突き放して圧勝。続くラジオたんぱ杯2歳Sは出遅れて3着に敗れたが、前走は道悪の京成杯(G3)で直線一気の差し切りを決めた。中山の2000Mを経験済み、良馬場でも末脚は互角だ。
△ニシノドコマデモは共同通信杯(G3)は出遅れてまったく競馬にならなかった。未勝利、いちょうSと連勝。東京スポーツ杯2歳S(G3)で前が詰まる不利がありながら、1馬身+クビ差3着まで迫った。たたいた効果と距離延長でどこまで上位勢を苦しめるか。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤジャパン
2 2 ブレーヴハート    
3 3 レットバトラー      
4 4 ダイワキングコン        
5 5 ニューヨークカフェ      
6 6 マチカネオーラ      
7 7 マイネルレコルト
7 8 ニシノドコマデモ    
8 9 エイシンサリヴァン        
8 10 ディープインパクト

買い目

大多7=10 7=1 7-6 7-8 10=1
綾恵10=7 10=2 10-1 10-5 7=2
山田7=1 7=10 7=3 1=10 1=3 10=3
たま7=10 7=2 7=1 7=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。