IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年10月15日(土)

9R

2005年10月15日(土) | 4回東京3日 | 14:30発走

第7回東京オータムジャンプ(J・GIII)

障害・芝 3300m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系障害3歳以上 | オープン (混合) ハンデ | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 |

予想

◎本命はバローネフォンテン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・3.39.9

3月のペガサスジャンプSで、後に中山グランドジャンプ(J・G1)を制したカラジを撃破している力量馬。前走はローレルデフィーに完敗を喫したものの、2着馬からはクビ+クビの4着と僅差であり、休養明けで急仕上げだった割には及第点といえる内容だった。今回は一度使われた上積みも期待できる上に、重賞初挑戦ながら3着に好走した東京ハイジャンプ(J・G2)と同舞台であれば、主役級の評価が必要だろう。

○対抗はテイエムコンバット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

休み明けで臨んだ前走の阪神ジャンプS(J・G3)では、ゴール目前でアズマビヨンドに交わされてしまい半馬身差の2着に惜敗。3着以下は完封していただけに、あと一叩きで、と思わせる駆けっぷりだった。今回は初めて背負う61キロが気になるものの、持ち時計上位が示すように開幕間もない高速馬場への適性は高そうとあって、引き続き有力扱いすべき1頭だろう。

▲単穴はローレルデフィー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走のオープン平場戦では、本命馬のバローネフォンテンらを相手に6馬身差の圧勝。渋った馬場もこなせるタイプとはいえ、馬体重プラス14キロでの勝利は現在の充実ぶりをうかがわせる結果だった。ここへ来て飛越もかなりの上達を見せており、先行可能な脚質も現在の馬場向き。ハンデも前走から増減なしの58キロなら、紅一点ながらも楽しみのほうが大きそうだ。

△抑えはナムラコロンブス。△穴はテレジェニック。


今週のワンポイントアドバイス

◇東京9R・東京オータムジャンプ


前走ローレルデフィーは向こう正面から早めにスパートして、そのまま押し切った。中山コースがベストだが、飛越の上達した今なら東京でも好勝負は確実。ハンデ58キロも他馬との比較から有利だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マイネルユニバース    
2 2 ナムラコロンブス      
3 3 ブレーヴドライバー      
4 4 ランドミラクル      
5 5 オースミダイヤ      
6 6 テイエムコンバット  
6 7 ローレルデフィー  
7 8 バローネフォンテン
7 9 セントラルオーカン        
8 10 テレジェニック  
8 11 マチカネビシャモン        

買い目

大多8=6 8=7 8-2 8-10 6=7
綾恵7=5 7=8 7-1 7-10 5=8
山田8=1 8=6 8=4 1=6 1=4 6=4
たま7=8 7=10 7=3 7=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。